FJ1200-4CC整備資料




2014.03.01 FJ キャブレター清掃・組み付け/その 1 - 安い市販Oリングを使う



FJは吹け上がり,低・中・高回転,回転の落ち,アイドリング,始動性とも問題ありません。

今まで、キャブレター点検・清掃の必要性を感じていませんでした。

しかし、燃料ポンプコントロールリレーを探しているときに、キャブレターに燃料のにじみを発見。

RMX や NSR と違い、FJ のキャブレターはいままで一度も分解していません。

『ちょっと、中を見てみるか…。』


古いキャブレターを開けると、ガスケットやOリングを交換しなければなりません。

これが相当な出費となります。

YAMAHAは純正部品でエアスクリューのOリングとニードルバルブのOリングを単品販売していません。

エアスクリューの小さなOリングを新しくしようとすると、エアスクリューセット/2342円を購入しなければならず、2342円×4=9368円。

ニードルバルブの平凡なOリングを新しくしようとすると、ニードルバルブセット/3791円を購入しなければならず、3791円×4=15164円。

また、燃料コネクタのOリングは なんと一個 420円! 全部で16個必要だから、合計6720円。

結局、キャブレターのOリングを純正部品で全部交換すると、31252円かかることになります。

あの、ゴムリング 24個で3万円を越えるのです。

これは、「オートバイの税金を1.5倍にすること」よりも、もっともっとメチャクチャな話です。

今回は安い市販Oリングの中から使えるものを探してみました。


1.入手したYAMAHA純正部品


今回入手した YAMAHA純正部品です。

Oリングを必要個数だけを購入していません。
現物を一個購入し、そのサイズを計測して市販Oリングを入手するからです。


番号  パーツリスト部品番号(現在の部品番号) 部品名称 単価/円 入手数/使用数 合計(円)
a 3XW-14984-00  ガスケツト,フロ-トチヤンハ″ 1092 4/4 4368
b
22F-14991-00
キヤツプ 441 2/4 882
※c 822-14147-00 (  36Y-14147-00 ) Oリング(プラスチック燃料コネクタ) 420 1/4 420
36Y-14147-00  Oリング(金属燃料コネクタ) 420 1/12 420
※d
4CC-14105-00
パイロツトスクリユセツト 2342 1/4 2342
e
4G0-14142-42-A0
ジエツト,パイロツト(#425) 987 4/4 3948
f 90460-58015 ( 90450-58002 ) ホ-スクランフ゜アセンフ″リ 263 1/4 263
g-1 3XW-1440F-00  ジヨイントエア-フイルタ- 3245 1/1 3245
g-2 3XW-14453-00  ジヨイントエアクリ-ナ 1 3245 1/1 3245
g-3 3XW-14463-00  ジヨイントエアクリ-ナ 2 3245 1/1 3245
g-4 3XW-1440G-00  ジヨイントエア-フイルタ- 2 3245 1/1 3245
h 90445-125F9  ( 90445-126E7 ) ホ-ス (L300) 662 1/1 662
※ミクニ 35990664/87.5  (  TM/HSR,TMR/TDMR 用 ) メインジェット・ミクニ丸大 ( ♯87.5 ) 525 4/4 2100
※キタコ 450-3061350 メインジェット・ミクニ丸小 ( ♯135 ) 619 1/4 619
※ミクニ N133037  ( TMR28-41/TDMR40 用 ) パイロットスクリューOリング 63 4/4 252
※ミクニ KV/10  ( TMR28-41/TDMR40 用 ) ニードルバルブOリング 63 1/4 63
※ミクニ VM18/233  ( TMR28-41/TDMR40 用 ) ニードルバルブフィルター 420 1/4 420
  計 29739

※ミクニ → ミクニキャブレター純正部品 ( 追加注文のため写真にありません )

※キタコ → ミクニ純正部品では「ミクニ丸小」が品切れのためキタコを購入 ( 追加注文のため写真にはありません )

※cについて
・燃料コネクタはプラスチック製と金属製の二種類があります。
・パーツリストでは、プラスチックコネクタのOリングが822-14147-00、金属コネクタのOリングが  36Y-14147-00 で異なります。
・コネクタはプラスチックと金属製でOリングがはまる部分の径が異なります。
・現物サイズを調べるために一個ずつ注文しましたが、届いたのは同じもの。現在では同じ 36Y-14147-00 が使われているのです。

※dについて
・エアスクリュー(パイロットスクリュー)セットは Oリングの現物サイズを調べるために入手。
・結局、ミクニの純正Oリングを追加注文して使いました。



2.Oリングは ミクニ純正部品として入手できる


この方法はいろいろなFJサイトで紹介されています。

FJのキャブレターは ミクニの BS36 。

『 ミクニのキャブレター部品だからミクニ正規代理店から入手できる。 』と言うのです。

ミクニ内での品番も紹介されています。→→→こちら  と  こちら   ※左サイトはなくなったため こちら でミクニの品番を捜してください。

・エアスクリューのOリングが  O-Ring: Pilot Mixture Screw / N133037
・エアスクリューのワッシャが Washer: Pilot Screw/VM12/33
・エアスクリューのスプリングが Spring: Pilot Screw/N133206

・燃料コネクタのOリングが O-Ring: Fuel Pipe / 616-23002
・ニードルバルブのOリングが O-Ring: Float Valve Assembly / KV/10
・ニードルバルブの先に付いているフィルターが Filter: Float Valve Assembly/MRT-VM18/233


では、これらをどこに注文すればよいのでしょう。

この入手先については、
  『 正規代理店なら購入できるはず 。 ○○なら入手できるかも、△△に問い合わせてみてください。』 というあやふやなもの。

実際に入手したことが二つのサイトで紹介されていました。

しかし、どこから入手したのかは公開されていません。

文面から察すると、ミクニキャブレター販売店と取引のあるバイクショップに頼んで内緒で入手してもらったようです。

誰もが正々堂々と入手できるところはないのでしょうか?


Webikeで探してみました。

「ミクニ」検索すると…、ありました。

・エアスクリュー(パイロットスクリュー) Oリング 63円/個→→→こちら
・エアスクリュー(パイロットスクリュー) ワッシャ 63円/個→→→こらち
・エアスクリュー(パイロットスクリュー) スプリング 158円/個→→→こちら
・燃料コネクタOリング 63円/個→→→こちら
・ニードルバルブOリング 63円/個→→→こちら
・ニードルバルブフィルター 420円/個→→→こちら
キャブレターの図1キャブレターの図2

ニードルバルブフィルターも入手できます。


『でも…、そのOリングが BS36 に適合するかどうか分からないじゃないですか? キャブレターの図はBS36と違いますよ!』

「 ミクニの品番 」 があるじゃないですか。

この品番に合致していれば BS36に適合するということです。


ミクニの純正Oリングは 63円均一だから、すべて交換しても、63円×24=1512円。

YAMAHA純正部品の ガスケット4枚/4368円を入れても、5880円。

4気筒のキャブレターで 6000円なら常識の範囲内です。


今回、試しに Webikeに注文してみました。


・左から、エアスクリューOリング、ニードルパルブOリング、ニードルバルブフィルター。

・「メーカー取り寄せ」となっていても日数はかかりません。
  バイクの純正部品と同じで 2~3日で届きます。
   ミクニキャブレターの純正部品だから当然ですね。

「 BS36の各種Oリングが、63円均一でWebikeから入手できる 」

このことを知ったのは、市販Oリングをいろいろと試したあとのこと。

”徒労“ といえばその通りですが、「 徒労を自分で経験すること 」 で得られるものもあります。

しかし、皆様にお勧めするのは 、もちろん ミクニ純正のOリングです。

以下の記事は
『 あんな小さなOリングが 一個 63円だって? 高すぎない? 市販のOリングでも適合するものがあるのじゃない?』 と思う方だけ読んでください。

もちろん、以下で紹介する市販Oリングを使って生じた不都合については自己責任でお願いします。



3.市販の汎用Oリングを試す


市販の汎用Oリングは安いのですが、一般のホームセンターではいろいろなサイズのOリングを揃えていません。

しかし、ネットショップは別です。

今回は monotaRO で探してみました。


まずは こちらを開いてください。

この中から、同じようなサイズのOリングを探せばよいのです。



a.エアスクリューのOリング


入手したYAMAHA純正部品を測定しました。

計測素人がノギスで計測したものです。その正確性は保証しません。

・エアスクリューのシャフト径が 3.0㎜Φ。
・ワッシャはこのシャフトに楽に入ります。
  ワッシャの内径は 3.1㎜Φ。

・Oリングの大きさは目視でワッシャと同じです。
・Oリングはエアスクリューのシャフトに楽に入りません。

・Oリングの計測値は
  外径:5.0㎜Φ、内径:3.0㎜Φ、線径(太さ):1.0㎜Φ。

・ワッシャの直径方向の巾は1.0㎜より小さく、外径は5.0㎜Φ。
  Oリングより内径を0.1㎜大きくしたので、
  直径方向の巾が1.0㎜より小さくなっているのでしょう。
  理屈では巾が0.95㎜になりますね。

・Oリングは外径:5.0㎜/内径:3.0㎜/線径:1.0㎜ のものを探せばよいのです。

バネは 線径 0.8㎜Φ,外径 4.9㎜Φ,巻数6。 これにあうバネはモノタロウで見つかりませんでした。ミクニ純正/158円 を使うしかありません。  


このサイズのOリングは簡単に見つかりました。

  ①NOK ・ 1A-SS 3.5 ・ 14円/個→→→こちら
  ②NOK ・ 4D-SS 3.5 ・ 40円/個 →→→こちら

  ①と②の違いは材質です。

  ①は通常のNBR (ニトリルゴム)、
  ②はFKM (フッ素ゴム)

 
 フッ素ゴムは、
  「合成ゴム材料の中で最も優れた耐熱性、耐油性、耐燃料油性を有している」
   (モノタロウ頁より)

  実物でも写真でも材質の違いは分かりません。
  しかし、サイズを写真で見ると、
  純正Oリングがの内径が小さく線径が太いようです。
  この三つのOリングをスクリューに通してみました。
  先端から、①,純正,②の順です。

  通した感覚は純正が①②より少し抵抗があります。
  純正Oリングは、スクリューのシャフト径 3.0㎜Φより少し小さいのでしょうか?

  エアスクリューの気密性を気にするのなら、
  63円/個の純正を使った方がよいでしょう。

  ①→14円×1.05×4個=59円
  ②→40円×1.05×4個=168円
  純正→63円×4個=252円

  ①二トリルゴム,②フッ素ゴムでは大抵の方が②を選ぶでしょう。
  そうすると、純正Oリングを使った場合との差は84円。
  あまり差はありません。
  気密性が気になるでしょうから、ミクニ純正Oリングが良いでしょう。 

私も、「気密性」を気にして、ミクニ純正Oリングを使いました。

古いOリングは センベイ状態で薄い凸形に変形し、エアスクリューの穴底に貼りついていました。
また、2番キャブレターのエアスクリューの穴には、センベイOリングさえ残っていませんでした。

こんな状態だから、エアスクリューOリングの気密性は今までほとんどなかったことになります。
それでもエンジンは元気でした。
だから、気密性についてそれほど神経質に考える必要はないでしょう。

「 一個 14円のOリングをこまめに交換する 」 でどうでしょうか?


★★結論★★  ①NOK ・ 1A-SS 3.5 ・ 14円/個 (こちら) をこまめに交換する。


なお、Oリング,ワッシャ,スプリングは、スクリュー先端から、「 Oリング→ワッシャ→スプリング 」の順。
当たり前のことですが、案外 『 そうだったよなぁ…。』 と心配になります。
歳のせいでしょうか?



b.エアスクリューのキャップ


ついでにモノタロウで、このキャップも探してみました。

このキャップは「ゴミがはいらないようにしている」だけのものではないようです。

どこかのサイトで 「このキャップを付けたら始動性が向上した 」 と書いてありました。

エアスクリューのOリングと同じく、エアを吸わないようにしているのでしょう。

このキャップが純正部品で一個 441円。

これはミクニからキャブレター部品として出ていないようです。

形の同じものは見つかりませんでしたが、代わりになるものは見つかりました。


  ③栃木屋 ・ プラグクッションゴム TM-96-7 ・ 15円/個→→→こちら
  ④栃木屋 ・ プラグクッションゴム TM-96-10 ・ 17円/個→→→こちら

  ③は穴径 5.4㎜Φ用のプラグで、B/首径 5㎜Φ
、④は穴径 6.6㎜Φ用のプラグで、B/首径 6㎜Φ

  実際のフィット感を知るために両方入手しました。
  装着した外観はピッタリです。

  写真の左側が純正プラグ、右側が③の首径5㎜Φプラグ。

  しかし、③プラグは指の腹で横から押すと、簡単に外れてしまいます。

  ただし、純正プラグもそんなに堅くはまっているわけではありません。
  指の腹で横から押すと外れます。

  純正プラグでも、古くなって硬化しリブが縮んだものば簡単に外れます。
  ③プラグの装着力は古くなった純正プラグのそれと同じくらいです。

  ③プラグを使っても振動で外れることはないでしょうが、
  心配ならゴム系接着剤かネジロックを塗れば十分に使えるでしょう。
  ④の首径 6㎜Φのプラグは穴に入りません。

  エアスクリューの穴ば 6.2㎜Φ、④プラグは穴径6.6㎜Φ用。

  きつめで入るかと思っていましたが、まったく入りません。

  首径が 6㎜Φだから、傘の部分を切り取れば何とかなるかな?

  ところが、中空になっているのでうまく切り取ることができません。

  もし、うまく切り取って穴にはまるようになっても、
  強度が不足して気密性が期待できません。

  だから、こちらはNG。


結局、③栃木屋 ・ プラグクッションゴム TM-96-7 ・ 15円/個 を、『振動で外れるのではないかな?』と心配しながら使うか、一個441円の純正プラグを安心して使うか。

その差は、441円×4個-15円×1.05×4個=1701円

これはチョット迷いますが、YAMAHA純正プラグで安心を買いましょう。

私は 新品純正プラグ×2個 と 硬くなった古い純正プラグ×2個 を使いました。


★★結論★★ 『 高っいなぁ~!』 と 独り言をいいながら 新品の純正プラグ にする。



c.燃料コネクタのOリング


この部品については、ちょっと戸惑います。

パーツリストのイラストが間違っているからです。

「 燃料コネクタ 」 というのは私が勝手につけた名前です。

パーツリストでは、「 ニップル 」 ・ 「 スタータコネクティングパイプ 」 という名前が付いています。


要するにキャブレターとキャブレターを連結するパイプです。

・1番と 2番、3番と4番の間に二個、2番と3番の間に一個あります。

・キャブレターは後ろ ( エアクリーナー側 ) から見ています。

・今度はキャブレターを前(エンジン側)から見ています。

・写真の右端から1番,2番,3番,4番となります。

・1番と2番、3番と4番の間のコネクタは写真の二個です。

・2番と3番の間のコネクタは写真の一個です。

・燃料は2番と3番の間のコネクタより 2番と3番に入り、
  3番→4番、2番→1番 と送られます。
  


・a-1 と a-2 は金属製、b はプラスチック製です。
・a-1 と a-2 にはOリングが 四個ずつ、bには二個ずつはまっています。
  このOリングが YAMAHA純正で 一個 420円もするのです。

・パーツリストのイラストでは、
  1番と2番の間に a-1 と b、3番と4番の間にも a-1 と b。
  2番と3番の間にコネクタはありません。
・サービスマニュアル P5-2 最下段の写真もそうなっています。

・また、a-2 はパーツリストのイラストに載っていません。
  サービスマニュアル P5-5 最下段の写真にも写っていません。

・しかし、サービスマニュアル P4-3/2枚目の写真、P5-7/4枚目の写真では
  a-1 が 2番と3番の間にはまっています。

当初のFJは、1番・2番と3番・4番に燃料を別々に流入させていたのかもしれません。

それなら、燃料チューブは二本になります。
だから、パーツリストのイラストで  キャブレターへの燃料チューブが二本あるのでしょう。


さてさて、Oリングのサイズです。

現在では a-1,a-2,b とも同じOリングを使っています。

まず、コネクタの寸法を計測してみました。


最初に 2番と3番の間にあるコネクタ ( a-1 ) です。

写真のキャブレターは 2番です。

・穴径は他のコネクタ ( a-2 , b ) の穴と同じ 9.4㎜Φ。→コネクタにOリングをはめたときに 外径が9.5㎜Φ以上でなければならない。

・古いOリングをはめた外径は 9.5㎜Φ。→ 穴に入れると 「 ゆるい ・ すこしゆるい」→ 「ものたらない」。

・新しいOリングをはめた外径は 9.9㎜Φ。→穴に入れるときに 「グイッ」という感じ→Oリングは二段構えだから「なかなかよい」

Oリングがはまるところは 6.7㎜Φ。→Oリングの内径は 6.7㎜Φ以下でなくてはならない。


次は、1番と2番、3番と4番の間にあるコネクタ ( a-2 )です。

写真のキャブレターは2番です。

・コネクタの入る穴径は a-1コネクタの穴と同じ 9.4㎜Φ。

・Oリングのはまる部分が a-1コネクタより細くなっているので、Oリングをはめたときの外径も a-1 より 0.1㎜ほど小さい。

・その分、穴にいれるときの感覚は 「ゆるい」はずだが、そんなに変わらない。
  古いOリングでは 「 ゆるい ・ 少しゆるい 」 の「ものたりない」、新しいOリングでは 「グッ 」。

・Oリングはやせてくるから、最初は 「 グ~ッ 」 ぐらいがベスト。


最後に、プラスチックコネクタ ( b )。

これも 1番と2番,3番と4番の間についています。

・Oリングのはまる部分が、a-1コネクタより 0.3㎜も細い。
  →新しいOリングをはめたときの外径も 0.2㎜小さい。

・入れる穴径は同じだから、
  a-1コネクタや a-2 コネクタよりゆるくなるのはあたりまえ。
  →パーツリストで 「 Oリングが異なっていた」のに納得。

・古いOリングをつけて入れると 「スコスコ 」。

・新しいOリングでは 軽く「ウン」程度で 「少し心配」。

・a-1 コネクタほど機密性が必要ない部分なのでしょうか?
  材質もプラスチックだし…。



そして、一個 420円、純正部品のOリングの寸法です。

・内径 6.4㎜Φ→一番細い bコネクタに合わせている。

・外径 9.7㎜、線径(太さ) 1.7㎜。
・計算があいません。

  外径9.7㎜ ・ 線径1.7㎜なら、内径は6.3㎜。
  内径6.4㎜ ・ 線型 1.7㎜なら、外径は9.8㎜。

 ・これは、内径 ・ 線径 ・ 外径 の測定誤差が積み重なったもの。
   ゴム部品の測定は誤差が多いのです。

・古いOリングは、
  外径9.4㎜~9.5㎜Φ、内径6.3~6.4㎜Φ、
  線径は タテ方向が1.7㎜~1.8㎜Φ、直径方向が1.4㎜Φ程度で変形。
  ヘタレ感一杯。 
  


以上を総合してモノタロウで探してみました。

候補は、


⑤NOK ・ ISO-A-0063 G ・ 19円/個→→→こちら

内径6.3㎜Φ ・ 線径1.8㎜Φ で外径が 9.9㎜Φになります。

内径6.3㎜だからbコネクタにしっかりはまります。

外径が純正より0.2㎜大きくなり、穴にしっかりはまります。

材質は普通のNBR(ニトリルゴム)、でフッ素ではありませんが、純正もフッ素ではないでしょう。


⑥NOK ・ ISO-A-0060 G ・ 19円/個→→→こちら

⑤の1size小さいOリングです。

内径6.0㎜ ・ 線径1.8㎜で外径は9.6㎜Φになります。

純正より外径が小さくなりますが、内径が純正より小さいのでコネクタにはめた場合の外径がとうなるのか不明です。


⑦NOK ・ 4DP6 ・ 24円/個→→→こちら

素材はフッ素ゴム。

内径5.8㎜ ・ 線径1.9㎜で外径が9.6㎜Φになります。
これが規格になっているようです。

内径が小さいのが問題ですがフッ素ゴムだから、試してみる価値はあります。


以上、⑤ ・ ⑥ ・ ⑦を入手して試してみました。

写真は省略、⑤,⑥,⑦を比較します。


最初にもう一度、純正Oリングの寸法とフィット感をまとめておきます。

純正Oリング  内径/6.4㎜Φ,線径/1.7㎜Φ,外径/9.7㎜Φ,材質/不明,単価/63円 ( 純正部品単価/420円 ) 
コネクタ ミゾ径 装着外径 穴径 フィット感
金属 T 6.7㎜Φ 9.9㎜Φ 9.4㎜Φ 入れるとき「グイッ」。二段構えでなかなかいい感じ。
金属- 6.5㎜Φ 9.8㎜Φ 9.4㎜Φ 入れるとき「グッ」、金属Tとあまり変わらない。
プラ T 6.4㎜Φ 9.7㎜Φ 9.4㎜Φ ミゾにはまったOリングは動かない。入れるとき、軽く「ウン」。これで大丈夫? 少し心配。


⑤ NOK ・ ISO-A-0063 G     内径/6.3㎜Φ, 線径/1.8㎜Φ,外径/ 9.9㎜Φ,材質/ニトリル,単価/19円
コネクタ ミゾ径 装着外径 穴径 フィット感
金属 T 6.7㎜Φ 9.9㎜Φ+α 9.4㎜Φ 見た目にもミゾから高く盛り上がっている。きつめを予想したが、感覚は金属-コネクタと変わらない。いい感じです。
金属- 6.5㎜Φ 9.9㎜Φ 9.4㎜Φ 入れるとき「グ~ッ」、抜くときもしっかりとした抵抗。入れた状態で動くが「そう簡単には抜けないゾ!」。いい感じです。
プラ T 6.4㎜Φ 9.7㎜~9.8㎜Φ 9.4㎜Φ ミゾにはまったOリングは動かない。入れるとき少し抵抗あり。入れたあとはグラつく。純正より少しだけきついが物足りない。

※どのコネクタでも純正Oリングより、1ランクきつめ。


⑥ NOK ・ ISO-A-0060 G    内径/6.0㎜Φ, 線径/1.8㎜Φ,外径/ 9.6㎜Φ,材質/ニトリル,単価/19円
コネクタ ミゾ径 装着外径 穴径 フィット感
金属 T 6.7㎜Φ 9.9㎜Φ 9.4㎜Φ 充分しっかりしている。
金属- 6.5㎜Φ 9.7㎜Φ 9.4㎜Φ ⑤よりややゆるい。⑤の方が安心。
プラ T 6.4㎜Φ 9.6㎜~9.7㎜Φ 9.4㎜Φ ⑤と同じ感覚

※⑤よりフィット感は少し下がるが合格点。純正Oリングでもこの程度。
    もっとも、⑤と材質同じ単価同じでは、このOリングを使う意味がない。


⑦NOK ・ 4DP6   内径/5.8㎜Φ, 線径/1.9㎜Φ,外径/ 9.6㎜Φ,材質/フッ素,単価/24円
コネクタ ミゾ径 装着外径 穴径 フィット感
金属 T 6.7㎜Φ 9.9㎜Φ 9.4㎜Φ 案外しっかりしている
金属- 6.5㎜Φ 9.8㎜Φ 9.4㎜Φ 充分堅くないが、しっとり感あり
プラ T 6.4㎜Φ 9.7㎜Φ 9.4㎜Φ ⑤ ⑥と同じ

※装着外径は⑤と⑥の中間だが、線径が太いのでそれだけ弾力性があり、装着感がしっとりしている。


判定は、⑤,⑥,⑦とも純正Oリングと同等かそれ以上のフィット感。

きつめが好みなら⑤、しっとり感が好みなら⑦。

純正Oリングを使った場合との差は、

きつめの⑤が、63円×16個-19円×1.05×16個=688円。
しっとり感のフッ素ゴム⑦が、63円×16個-24円×1.05×16個=604円。

もちろん、ヤマハ純正Oリング420円/個は論外です。

今回は、私はきつめの⑤を採用しました。

なお、次ぎに述べますが、この⑤はニードルバルブのOリングとしても使えます。


★結論★ 純正Oリングよりフィット感の良い  ⑤NOK ・ ISO-A-0063 G ・ 19円/個(こちら )



d.ニードルバルブのOリング


穴の内径はノギスで計ると10.0㎜、しかし外径10.0㎜のニードルバルブを入れると「スコスコ」→10.1㎜~10.2㎜としました。

穴は二段になっています。

ニードルバルブの先にフィルターがついています。
このフィルター部分が二段目の穴に入るようになっています。

固着したOリングを外すときにこのフィルターを変形させてしまうことがあるので要注意。

古いOリングは細いドライバーで外そうとせずに、カッターで切って外しましょう。

   Oリングはどれも平らになって硬化していました。
  しかし、取り外すときばプライヤーではさんでもなかなか外れませんでした。

  これは、Oリングの装着力のためではなく、隅々に詰まった汚れのためでしょう。

  とくに1番は緑色のガソリンヘドロがにじみ出ていました。

  こんな状態を見ると、
  「古いバイクを入手したら、まずキャブレターを分解 ・ 清掃だ」と痛感します。
 


 2番キャブレターのニードルバルブフィルターは潰れていました。

  そして、Oリングを外すときに外れてしまいました。

  このフィルターはすでに説明したように、 ミクニ純正で一個420円です。

  1番,3番,4番はOKなので、一個だけ入手しました。

  プラスチック留め具付きですから、パチンとはまります。


さて、肝心のOリングのサイズです。

燃料コネクタOリングとその穴のサイズから考えると、
適合するOリングは、Oリングをはめる部分-(0.1~0.3㎜)、穴径+(0.3~0.4㎜)。

 ニードルバルブのOリングで言えば、 「 内径7.3~7.5㎜Φ、外径10.4~10.6㎜Φ 」が適合することになります。


この条件で探すと、

  ⑧NOK ・ 4DS8 ・ 49円/個
  ※フッ素,内径7.5㎜,線径1.5㎜,外径10.5㎜
→→→こちら

  ⑨マスオカ ・ S8 ・ 38円/個
  ※フッ素,内径7.5㎜,線型1.5㎜,外径10.5㎜
→→→こちら
  ※⑧と同じサイズですが、公表公差(製造誤差)が⑧より良い。

  ⑩NOK ・ ISO A 0071G ・ 18円/個
  ※NBR,内径7.1㎜,線径1.8㎜,外径10.7㎜
→→→こちら

  今回入手したのは、⑨のフッ素ゴムと⑩の二トリルゴムです。

  ⑨は線径 1.5㎜Φ、⑩は線径 1.8㎜Φ。
  線径 0.3㎜の違いは見た目にこれだけ違うのです。。

それでは、ミクニ純正Oリング, ⑨ ,⑩ を比較してみます。

ニードルバルブOリング ( 装着ミゾ径:7.6㎜Φ  穴径:10.1㎜~10.2㎜Φ )
番号 名称 材質 内径 線径 外径 装着外径 単価 フィット感
ミクニ KV10   7.5㎜Φ 1.5㎜Φ 10.5㎜Φ 10.4㎜~10.5㎜Φ 63円 入れるとき結構きついが、それを越えるとカチンと入る。入れるとグラつく。
抜くときはプライヤーで挟んで簡単に抜ける。
指でつまんで抜くには抵抗があり、ゆらして抜かなければならない。
マスオカ S8 フッ素 7.5㎜Φ 1.5㎜Φ 10.5㎜Φ 10.4㎜Φ 38円 入れるとき抵抗あるが、それを越えるとカチンと入る。入れたらグラつく。
抜くときはプライヤーで挟んで抵抗なく「スッ」度抜ける。
ミクニ純正と同サイズ。入れる・抜くの感覚は素材の差。フッ素だから柔軟になる。
NOK ・ ISO A 0071G ニトリル 7.1㎜Φ 1.8㎜Φ 10.7㎜Φ 10.8~10.9㎜Φ 18円 入れるときしっかりと堅い。入ったら動かない、抜くときはプライヤーで「グ~ッ」と力を込めて。
入れるときはたっぷりグリス。そうでないと 「 抜き差しならない状態」になるので注意。

頼りない純正と⑨に、きつい⑩。

⑩をミゾにはめると、ミゾから高く盛り上がって、『これで入るのかな?』 と心配になる。

入れるときは押している親指の腹が痛くなる。

シリコンスプレーを充分に塗らないと、少し斜めに入った場合は上から叩かないと入らない。
こうなったら、プライヤでも抜けない。

入ったらグラつくことなどなく、ガッチリはまる。

⑨が歯槽膿漏になりかけの歯なら、⑩は小石でもかみ砕ける頑丈歯根。

しかし、「 過ぎたるは及ばざるのごとし 」 、ミクニ純正 を使った方が無難でしょう。


今回は、2番にミクニの純正を、1番,3番,4番に ⑩ を使いました。

4番は指で押し込めましたが、1番はドライバーの柄を当てて押し込みました。

3番はドライバーの柄を当ててプラスチックハンマーで叩いて挿入、プライヤーで抜けない状態になりました。

※注意

  その後、キャブレターを組むと、3番と4番からポタポタとオーバーフロー。

  Oリングを付けなおそうとニードルバルブを抜こうにも抜けない。
  最後はニードルバルブ側面に穴をあけて 「 てこの原理」 で抜きました。

  もちろん、使用不能。
  結局、ニードルバルブセット/3791円×2個 の追加注文となりました。

  ニードルバルブOリングについては、「 きつい 」 のはダメなようです。
  シリコンオイルやグリスをつけなくても、
  指で押し込んで 「カチン」 と入る。入ってからは少しグラつく。
  このくらいがベストです。

  力で押し込んだものは簡単に抜くことができません。
  叩いて入れようものなら、まっすぐに入らずオーバーフローを起こします。

ニードルバルブのOリングが少し緩くて、 もしそこからガソリンがにじみ出たとしても、 油面を何㎜も変化させる量ではないでしょう。
だから、そんなにきつめのOリングを使う必要はないのです。

それよりも、あとあとのメンテナンスでの取外し、バルブとの接合性のために緩めの方が良いのです。

今回の失敗は 「 過ぎたるは及ばざるのごとし 」 のよい例でしょう。

  ニードルバルブセットはフルセットです。

  ゴムのニードル部も、それに当たるバルブもまっさら、
  もちろん、フィルターもOリングもついています。

  これだけのセットだから、3791円もそんなに高くはないでしょう。

  Oリングを付けて指で押し込むと、あっけなく 「 クスン」 と入りました。
  この程度でよいのです。この程度でなければならないのです。

  オーバーフローのテストをしましたが、当たり前のようにOK。

  


結局、ニードルバルブに18円の市販Oリングを使ったのは1番だけ。
2番はミクニOリング、3番と4番はニードルバルブセット新品交換。

 始めから、63円のミクニOリングを使っていれば、3番・4番のニードルバルブ交換をしなくてすんだかもしれません。

また一つ失敗から学びました。


何と、燃料コネクタの お勧めOリング「 ⑤ NOK ・ ISO-A-0063 G 」 がベストフィット!

⑤は内径 6.3㎜Φ ・ 線径 1.8㎜Φ 、ニードルバルブのOリング溝は 7.6㎜Φ、ニードルバルブが入る穴は 10.1㎜~10.2㎜Φ。
⑤は当然問題外。

しかし、これを使うと 「 入れるときはキツイが堅すぎない。入れたらグラつきが少ない 」 、純正Oリングより 1ランク上のフィット感。

⑤を ⑩ と取り違えて装着したためにこのことを発見しました。

しかし、ニードルバルブのOリングに関しては、ミクニ純正Oリングを強く勧めます。


★結論★ 絶対、一個63円のミクニ純正Oリング。
※ミクニOリングが入手できないときは、緩めの ⑨マスオカ S8/38円⑤NOK ・ ISO-A-0063 G/19円 ( 燃料コネクタOリングの残り )             


e. 「FJ1200 ・ ミクニBS36 の社外Oリングセット 」 の内容



Yahooオークションに出品したら人気が出そうですね。

・エアスクリューOリング→①NOK ・ 1A-SS 3.5 ・ 14円×4個=56円→→→こちら
・.燃料コネクタOリング→NOK ・ ISO-A-0063 G ・ 19円×16個=304円→→→こちら
・ニードルバルブOリング→マスオカ S8 ( フッ素 ) ・38円×4個=152円→→→こちら

合計 512円 ( 消費税別 ) です。

ミクニ純正Oリングを使うと、63円×24個=1512円で、プラス千円。

今回の失敗を教訓にすれば、燃料コネクタのOリングだけを市販Oリングにするのが良いでしょう。



4.燃料ホースについて


・燃料ポンプからキャブレター ( a-1 コネクタ ) へのホースです。※写真左側がいままでのもの、右側が新しいホース。


・この部分には耐熱性 ・ 耐圧性 が要求されるので、 ホースは二層になっておりさらに外側はメッシュで覆われています。

・入手した新しいホースは外側に補強線が入りその上からゴムコーティングされています。

・一見すると 「 ただの 1m ○○円 」の燃料ゴムホースのようですがそうではありません。

・ホース内径 5㎜Φ,外径 11.5㎜Φ,長さ 300㎜。

・これで 662円ですから、Oリングのように 「べらぼうに高い 」ということはありません。
  長さも以前のものより 3㎝長くなっています。

 ※耐熱燃料ホースは1m 1000円程度→→→こちらこちらこちら
  


5.スロージェットは最初の一撃で


スロージェットを外すのに、次のどのドライバーが適切でしょうか?

スロージェット ( PJ ) の頭のマイナス部分の巾が 3.75㎜ありますから、刃先巾がこれより狭い①と②はダメです。

ジェット類は普通のマイナスネジと違うからです。

材質は柔らかい真鍮、さらに頭に穴があいているのでマイナス部分の強度がありません。

また、古いバイクはジェット類が固着しています。
頭のマイナス部分にピッタリあったドライバーでないと、頭のマイナス部分を潰してしまいます。


それでは、③と④ではどちらが適切でしょう?

③ドライバーの刃先巾は3.8㎜で、ジェットの頭のマイナス部分の巾 3.75㎜とピッタリです。

④ドライバーの刃先巾は5.0㎜で、ジェットの頭のマイナス部分からはみ出してしまいます。

適切なのは、④の方。

  ジェットの頭巾が 3.75㎜でも、
  ジェットの入る穴の内径は 5.3㎜もあります。

  ③ドライバーはジェットの頭にピッタリでも、穴の中で動いてしまいます。
  そして、ジェットの頭からずれてしまいます。

  ④のドライバーは穴の中で動くことがないので、
  ジェットの頭からずれることはありません。  

  また、ドライバーは柄がしっかりとしていて、
  力が入りやすいものでなければなりません。

  最初の一撃で 『パキッ』 と緩めなければならないからです。
  手加減すると頭をなめてしまいます。
  普通のマイナスドライバーの先を削ってちょうど良いものを作っておきましょう。
 

スロージェットは消耗部品の部類に入りますから、 外すときに頭が潰れて再使用できなくなってもそんなに悔しいことはありません。

しかし、外れなかったら、最悪はキャブレター交換。

若いころに格闘技をやっていた年配者と同じです。
相手が素人でも、最初の一撃で倒せなければ自分がボコボコにされてしまいます。


もっともこれは失敗してから気がついたこと。

2番と3番のPJの頭を潰してしまいました。

それでも、外せたから良し。

上の④ドライバーの刃先を尖らせて打ち込みやっと外れました。

頭が潰れて短くなっています。

これも要交換。

  
  上が新しいもの、下が今までのもの( 1番PJ )。

  同じ、♯42.5 ですが形が少し違っています。

  一つだけ形が違うのは感じが悪いので、これも交換。

  結局、四個とも新しいものにしました。
  



6.メインジェットについて


BS36にはいろいろなジェットが付いています。

FJ1200/4CC の仕様諸元表では、
メインジェット ♯87.5
・メインエアジェット ♯45
パイロットジェット ♯42.5
パイロットエアジェット ♯135
・スタータジェット-GS1 ♯37.5
・スタータジェット-GS2 Φ0.7

このうちで、簡単に見つけられて取り外せるのは上記赤字の三個です。

 ・パイロットエアジェットは吸い込み口側の左穴に入っています。
   写真の左下です。

 ・その働きは知りませんが、吸い込むのはガソリンでなくエアーのようです。

 ・これはミクニメインジェット丸小 です。

 ・ 四個のうちの一個に腐食がありましたので一個だけ新品に交換しました。
   2番を交換、1番,3番,4番は交換せず。


メインジェットは四個のうち一個が腐食して穴が小さくなっていました。

このジェットはガソリンが通るので、四個とも新品に交換しました。

古いキャブレターでは 燃料が通るジェット類は全交換が原則。

市販Oリングを使って節約し、その分をジェット類に使いましょう。



7.エアクリーナージョイントについて


エアクリーナーとキャブレターをつなぐゴムジョイントが破れてしまいました。

写真は下から撮っています。

2番と3番の下部が破れてしまいました。

1番 ( 写真右端) もヒビが入っています。


キャブレター取外しのときに無理をしたのが直接の原因ですが、20余年の劣化も関係しているでしょう。

このゴムジョイントは、Yahooオークションに出品される中古のエアクリーナーボックスに付いていますが、
経年劣化があるので、少し無理をすると破れてしまうでしょう。

これは新品に交換する以外に方法がありません。

・四個とも全部形が違います。取り付けは突起を合わせて所定の位置にします。

・新品ですから弾力があり、ちょっとやそっとでは破れることはありません。

・しかし、一個が 3245円!

  あと、258円出せば、走行2万8千㎞ ・ 絶好調 の 4CCエンジンが手に入ります。

  とっても高い! 高すぎる!



8.案外戸惑うガソリンコック

  ガソリンタンクを外すのは今回が初めて。
  このガソリンコックには戸惑いました。
  とにかく小さい。
  押すのか、回すのか、どちらに回すのかが分からない。

  ガソリンを抜いてタンクを取外し、、コック周りをきれいにしてやっと分かりました。

  ミゾが縦になっていればON、ミゾが横になっていればOFF。
  ONから右に回してOFF。OFFから左に回してON。

  もちろん、リザーブなんかありません。

  プライヤーで回しましょう。

このガソリンコックが痛んでいれば、それだけタンクを外したということ。

同調を取ったり、エアスクリューを調整するのにタンクを外す必要はありません。

タンクを外すのは、キャブレターを外したり、エンジンを開けたりするときです。

このコックが痛んでいればいるほど、キャブレターやエンジンの調子が悪くてそれらを修理しているのです。



9.MonotaROについて


名前は知っていましたが、利用するのは今回が初めて。→→→ MonotaRO

3000円以上送料無料です。

  これで、3479円分。

  真鍮の部品はホースコネクタ 152円です。→→→こちら

  燃料ポンプが故障したときに、
  ポンプの燃料入口ホースと出口ホースを直結するためのものです。

  Oリングは一つ一つビニール袋に入ってラベルが付いています。
  『ネジ一個、ワッシャ一個でも真心込めてお送りします。』

  これは驚きですネ。

  今回は小型のショックドライバー/ 1755円も含めました。→→→こちら

  いつも使っているのより 1サイズ小さなショックドライバーです。

  ビット差し込み対辺 6.35㎜。
  付属ビットは+が四種。

  交換式ラチェットドライバーでは
  ビットが対辺6.35㎜のものが多いのでそのビットも使えます。
  小さいけれど固着しているネジ。
  ネジの相手がアルミで、ネジ頭を潰した場合にタガネを当てて回せないネジ。

  リザーバタンクやキャブレター内のネジ。

  これをごっついショックドライバーで 『ガツン』と叩くのは心配。

  そんなときに 『コツン』ができるのが小型ショックドライバー。


  

「あれば便利だけど、なくてもやっていける。」
それだけをわざわざ買う気はしないが、ついでなら買う。

そんなものを日頃からピックアップしておいて、小物が必要になったときにそれを合わせて 3000円にする。

リベッター,ガラスシリンジ,USBスピーカー、 いろいろ検索しているとおもしろいですよ。


暇つぶしに、FJ のホイールベアリングを探してみました。

・フロントホイールは 6302Z×2個
・純正部品なら、93306-30203 /1260円×2=2520円
・モノタロウでは、NTN ・ 6302Z/311円、NSK ・ 6302Z/382円、NACHI ・ 6302ZE/315円

・リヤホイールは 6305LLU/2A ,6304LLU/2A ,6304ZZ/3A の三個  ※2A ・3A はグリス種別です。→→→NTN補助記号
・純正部品なら、93306-30562/1428円 ,93306-30437/819円 , 93306-30417/819円 =3064円
・モノタロウで探すと、
  NTN  ・  6305LLU/655円 , 6304LLU/513円 , 6304ZZ/417円 =1585円
  NSK  ・ 6305DDU/642円 , 6304DDU/503円 ,6304ZZ/444円 =1589円
  NACHI  ・ 6305-2NSE/550円, 6304-2NSE/432円 , 6304ZZE/382円 =1364円

以上、フロントホイールとリヤホイールベアリング部品代は、
純正部品/5584円 , NTN/2207円 , NSK/2353円 ,  NACHI/1994円。
半額以下になりますね。

※ベアリング型番はサービスマニュアル記載のものです。
   実際に使われているものと違う可能性があります。必ず実車のベアリング刻印を調べてください。


スクリーンを留めるプラスチックビス/M5×15㎜ も使えるものがありますよ。
純正部品なら、90150-05023/116円、色は黒、笠部分11.5㎜Φ・M5・ネジ長15㎜。
モノタロウでは、その1・クリヤー/25円 , その2・白/43円 , その3/50個で665円


つづく。


2011.03.23  FJカウル修復・取付完了

2011.05.08 FJその後_1

2011.05.24 FJその後2-キャブレター同調

2011.08.24 FJ ユーザー車検に向けて  その①

2011.08.31 FJ ユーザー車検に向けて  その②  あともう少し

2011.09.02 FJ ユーザー車検に向けて  その③  エア抜きに半日

2011.09.08 FJ ユーザー車検終了

2011.09.25  FJ フロントフォーク・オイルシール交換  その①  準備

2011.09.29  FJ フロントフォーク・オイルシール交換  その② 終了-自作専用工具改良も

2011.10.03  FJ 1200 整備初級編  オイルエレメント交換・エァクリーナー点検

2011.10.03  FJ 1200 整備初級編  リヤショック調整・バッテリーケース下のゴムマット寸法

2011.10.08  FJ に“驚くほど高い”チェーンスライダーを取り付ける

2011.10.15  FJ 1200 整備初級編  いつまでたっても上達しないエァ抜き-フロントブレーキオイル交換

2011.10.19  FJ 1200 整備初級編-「油圧クラッチ・プッシュレバーcomp シール交換」と「気泡吸い出し法によるエァ抜

2011.11.07  FJ 1200 整備初級編-チェーン“そのまま交換”  その 1

2011.11.12  FJ 1200 整備初級編-とても簡単だった“プッシュロッドのオイルシール交換”

2011.11.16  FJ 1200 整備初級編-チェーンそのまま交換  その②-組み付け・ゴムマット作成と新寸法表

2011.12.15  FJ と革ジャケットの関係

2012.11.06 再度の左フロントフォークオイルシール交換  ・  フロントフォークオイルシール交換手順最新版 ( 印刷用 )

2013.08.24 カウル取り外し手順をもう一度.

2013.09.05 FJ二回目のユーザー車検終了

2014.01.14 FJ 燃料ポンプコントロールリレーの交換

2014.03.01 FJキャブレター清掃・組み付け/その 1 - 安い市販Oリングを使う

2014.03.08  FJ キャブレター清掃・組み付け/その 2 - 初心者でもよく分かるキャブレター同調



目次にもどる    top    万引きGメン実戦教本