SPnet保安


万引き検挙の実際例 その1

 

Ⅱ 万引き犯人の見つけ方                                    

 

「万引きをしようとしている者」を見つけることはそんなに難しくない。

1年~2年もすれば、万引きが店に入ってきただけで分かるようになる。

難しいのは「見つける」ことではない。

「盗らせること・店から出させること・万引きを認めさせること」である。

しかし、「見つける」ことから始めなければならない。

ここでは「万引き犯の見つけ方」を説明しよう。

 

(1)「盗ろうと思っている」ことは、必ず「しぐさ」に表れる。

 

万引きは、店に入る前から「盗ろう」と決心している。

それが持ち物やしぐさに表れる。

バッグのチャックを開ける。防犯カメラを捜す。表情がこわばる。

これらは「盗ろう」という気持ちの表れである。

また、「盗ろう」という気持ちを回りに分からせないようにしようとする。

 

事例1:一瞬足が止まった。                         

「盗ろう」という気持ちを隠そうとするから見破られる。

 

その店には男性GメンDを配属してあった。

Dは研修を終えたばかりだ。

私は彼の様子を見るためにその店にやって来た。

Dは独り立ちになってやる気満々だった。

(※Dも後の事例でよく出てくる。)

 

独り立ちしたGメンに「知識」を教える必要はない。

場数を踏ませること・検挙実績を上げさせることが必要なだけである。

私はDの検挙を手伝うために来たのである。

 

私はDと分かれて食品売場を見ることにした。

私『焦るなよ。今日は閉店までいるから、万引きを見つけたら連絡してくれ。食品を見てくるから。』

 

         

 

食品売場の配置はどの店も同じである。

 

向かって右側が野菜・果物(農産)。

その突きあたりが鮮魚。

これを左へ曲がると肉・ハムが並ぶ。

ハムの突きあたりを左へ曲がると、天ぷら・フライ等の惣菜・弁当。

最後がパン・酒となる。

ここまでで、食品売場の外周を「コの字」に歩いたことになる。

 

主婦は「野菜・果物」から店内カゴを持って入り、この順で進む。

学生や老人は、逆に「パン・酒」から入り,すぐに食べられるものを買っていく。

彼らは料理をしないからだ。

また、彼らは店内カゴを持たない。

両手で持てるくらいしか買わないからだ。

 

私は「野菜・果物」から入り、主婦コースをパン売場まで進んだ。

ちょうど、パン売場の方から60歳過ぎの男が食品に入ってきた。

男は手ぶらである。

私と男の目が合った。

男の足が一瞬止まった。

そして、男は食品入り口に積んである店内カゴを持った。     

「ん?」

私は男を尾行することにした。

 

男は「弁当1個・上等のステーキ肉2枚・ほたての刺身1パック・マグロの刺身1パック」をカゴに入れた。

「さあ、どうするのかな?」

男はバッグを持っていない。  

だから、商品をバッグに詰めて出ていくことはない。

商品の数から考えて、ポケットに入れることもない。

「商品をカゴに入れたまま出ていくか、使い古しのレジ袋に詰めて出でていくか」のどちらかである。

レジ袋とは食品レジで渡す半透明のポリ袋である。

 

男が人通りの少ないトイレットペーパー通路に入っていく。

これで男の手口がわかった。

人通りの少ない通路に入ったのは、そこで「商品を何かに詰め替えるため」である。

商品をカゴに入れたまま出ていくのなら、そんなところへ入らない。

 

案の定、男がポケットからクシャクシャのレジ袋を出した。

そして、カゴの中の商品をその袋に詰めている。

男が空のカゴをその場に置いて、「野菜・果物」から出ていく。

男のレジ袋から赤いステーキ肉が透けて見える。

Dを呼び寄せる暇はなかった。

私は男を店外させて捕まえた。

65歳・無職男性。ステーキ等5点・計9000円弱。

 

男『警察は勘弁してエナァ~。お願いします。警察はアカンのヤ…。』 

私『なぜ?』

男『ワシ、公判中なんや…。』

私『余計、ダメだろうが!』

 

警備室にやって来た刑事が、男を一目見てこう言った。

『お前かッ!逮捕やゾ!』

男は両手を前に差し出した。    

黒い手錠が男の両手首にかかった。

 

私が「男のどのしぐさ」にピンときたのか判るだろうか?

男の年齢・風体から判断すれば、男には店内カゴは必要ないのである。

カゴが必要なほど食品を買わないからだ。

しかし、男は私と目が合って足を止め、店内カゴを持った。

男は「盗ろう」という気持ちを隠そうとしたのだ。

それが「あだ」になったのである。

 

独り言を言う。店員に話しかける。携帯電話をかける。財布を取り出す。

これらも「自分の気持ちを隠そう」としているのである。

 

業務内容にもどる      top