SPnet  開業編

 10.必要な個人装備とその値段

ワッペン・アポロキャップが決まりました。
次に必要なのが隊員用の個人装備です。
これらすべては警備会社が隊員に貸与します。
※警笛・白手袋・安全靴・トランシーバーは隊員の個人負担です。

次のものが必要となります。
ある制服屋さんのカタログからピックアップしました。

分類 名称 値段(円)
春夏制服上 GM濃紺長袖カッター・濃紺 3570
春夏制服下 GM濃紺夏スラックス・濃紺 3465
※夏制服上・半袖 GM濃紺半袖カッター・濃紺 3360
※秋冬制服上 男子機動上衣SK・濃紺 4095
※秋冬制服下 男子機動スラックスSK・濃紺 3675
※冬防寒衣 パイロットジャンパー・黒 3675
ベルト 4p黒レザーベルト・黒・120p. 893
モール 鎖モール(ステンレス) 284
警笛 警笛(金属) 252
階級章 ウイングバッジ・3色 735
白手 ナイロン手袋(男性用) 326
ヘルメット FN-1型ヘルメット・白 1680
発光ベスト LED夜光ベストSF-16・白 3360
誘導灯 マークNS 1260
紅白旗 紅白旗・棒付き・45p×35p 525
雨合羽 シェルブール雨衣上下式・白 997
合計 32257

(注意)
・※は今すぐ必要ではないが必要になるものです。
・▲印は隊員負担となりますが、次の給料から控除するので揃えておかなければなりません。。
・ヘルメット・雨カッパは最も安いものにしてあります。
・安全靴・黒靴とトランシーバーは隊員が準備します。
・交通誘導やイベント・雑踏・駐車場で使うトランシーバーはホームセンターで5000円〜10000円です。
・SPnetではネクタイを使いませんので表には入れてありません。
・制帽と帽章はまだ決まっていませんので表に入れてありません。
・護身用具(警棒・杖・盾・防弾刃ベストなど)は入れてありません。

隊員一人当たり32257円です。
これにワッペン・アポロキャップ・制帽・帽章を含めると、隊員一人当たりの装備品費用は4万円くらいになります。

隊員にかかる費用は貸与する装備品だけではありません。
現場への交通費・社会保険費用・有休休暇・教育費用・通信費もかかります。
隊員の皆様!あなたの会社の社長は苦労しているのですよ。

目次にもどる  top    万引きGメン実戦教本