SPnet  開業編


2011.04.11 ワッペンデザイン決定--ワッペンその2

デザイン決定

前回「餅は餅屋」とデザインを依頼しました。
すぐにデザインをメールで送付してくれました。

土日をはさんで、いろいろ配色を変えて検討してみました。
しかし、やはりプロのデザイナーが作ってくれたものが一番でした。
デザイン確認連絡後、実際のサンプルを確認して作成開始です。

イベント・雑踏・駐車場などで着用するアポロキャップにも刺繍できるので、現在見積もり依頼中。

結局、SPnetのこれからの顔は次の通りになります。

長方形のワッペンは右胸、盾型ワッペンは左上腕部。
左胸には階級章(3種)と身分証明書。

アポロキャップ「赤獅子」は一般隊員用。
アポロキャップ「金獅子」は資格者用。


ちなみに、制服は濃紺上下。
モール・ネクタイなし。
※モールは警察官の拳銃吊りのマネで実際には役に立ちません。
※ネクタイは格闘時に掴まれるので危険です。
※警笛はステンレスチェーンで吊ります。

なお、施設警備での制帽は「警察官の使っている略帽」を予定しています。
決まりましたらアップします。


ワッペン仕樣と作成費用

@長方形ワッペン(胸部ワッペン):110o×55o。
A盾型ワッペン(上腕部ワッペン):80o×100o

生地:クロス・濃紺
縁かがり:濃紺
縁処理:ヒートカット
裏処理:マジックテープ加工
作成枚数:50セット(@×50・A×50)

デザイン作成料(初回のみ)×2:10000円
刺繍版代(初回のみ)×2:10000円

@
・ワッペン代:500円×50=25000円
・マジックテープ加工代:350円×50=17500円
A
・ワッペン代:700円×50=35000円
・マジックテープ加工代:350円×50=17500円

銀行振込での割引5%。

総額117300円、隊員一人あたり2346円。
なお、製作枚数が多くなればもっと安くなります。

制服はどれも似たりよったり。
警備会社が主張できるのは仕事ぶり以外にワッペンしかありません。
他県の講習会に参加して『あれっ?ウチのワッペンと同じだね!』と言われないように、とことんこだわってみましょう。


刺繍アポロキャップの作成費用

刺繍はワッペンと同じデザインなので版代は無料。
色糸変えはサービスです。
製作個数が多くなれば刺繍加工代はもっと安くなります。
今回は、取り敢えず「赤獅子・15個」・「金獅子・5個」の20個を注文しました。

@アポロキャップ代金:1120円×20個=22400円(20%off)
A刺繍加工代金:900円×20個=18000円
税込み合計:42420円
銀行振込による前金割引5%
支払い合計:40400円=

アポロキャップ一個あたり2020円です。
制服屋さんの既製刺繍入りのアポロキャップより安いですね。
お勧めです。

なお、実際に刺繍作成した画像(必要なら実物サンプル)も送ってくれます。
このあたりに「プロ意識」を感じます。


      




今回お世話になったワッペン屋さんはこちらです。→→→→ 

※勝手にバナーを拝借しました。ご異存があればご連絡ください。削除します。


目次にもどる   top   万引きGメン実戦教本