SPnetの私服保安


抑止防止と検挙防止

万引きなどの盗犯被害を防ぐためには、制服警備員による「抑止防止」と私服警備員による「検挙防止」の二つがあります。

抑止防止とは「万引きをしようとしている者」に『いらっしゃいませ!』と声かけしたり、
制服警備員の姿を見せつけたりして「盗ることを諦めさせる」方法です。

検挙防止とは「実際に万引きを捕まえる」ことにより、
「あの店で万引きをすると捕まる」という風評を創って「万引きを来させなくする」方法です。

抑止防止では万引きを捕まえないので誤認逮捕・人権侵害の危険がありません。
ネームバリューを大切にする大手ショッピングセンターで取り入れられています。

しかし、「制服警備員がいるときといないとき」がはっきりとわかるので、逆に盗りやすくなります。

これを防ぐためには、すべての売場に営業時間内ずっと制服警備員を張りつかせければなりません。

その効果を上げるためにはコストがかかるのが欠点です。


効果的な検挙防止


私服警備員が行う検挙防止では、「私服警備員がいるときといないとき」がわかりません。

「どこからか突然狙撃されるかもしれない」という恐怖心を万引き犯人に与えることができます。

定期的に検挙という「見せしめを」作っておけば防犯効果が持続します。

「検挙防止」は誤認逮捕・人権侵害というリスクがありますがコストがかかりません。

私服警備員による検挙防止は依然として「盗犯防止の主流」となっています。


すぐには捕まえられない


私服保安では「万引き検挙」がなければ効果があがりません。

一般に「私服保安を入れたらすぐに万引きを捕まえてくれる」と思われています。

しかし、「誤認を防ぐための検挙条件」を満たすためには何度も何度も見送らなければなりません。

また、「万引きがゴロゴロいるような店」なら別ですが、
万引きの絶対数が少ない「おとなしい店」ではそう簡単に万引き犯人と遭遇することはできません。

私服保安の腕はどの警備会社でもそれほど変わりません。

誤認するような私服保安は論外ですが、「検挙件数が少ない」のは私服保安の腕が悪いからではないのです。


私服保安は短期でも効果的


しかし、経費を支払っている方は心配になります。

そこでお勧めするのがワンポイント私服保安です。

『今期はロスが多かったな…。ちょっと私服保安を入れてみるか…。』
『制服保安ではイマイチだな…。試しに私服保安を入れてみるか…。』

そんな感覚の短期的・臨時的な私服保安です。

通年契約ではないので効果が上がらなければやめることができます。

気軽に導入することができるのが利点です。


常習万引きは早めに検挙

この短期・臨時の私服保安は常習万引を捕まえるために最適です。

常習万引きは一回に盗る量・盗る額はしれています。

しかし、「常習万引きがいること自体」がお店の信用と雰囲気を損ねます。

『あの店では簡単に盗ることができる』という風評が広がれば、他の万引き犯が押し寄せてくることにもなります。

また、常習万引きは手口が巧妙で素早いので従業員だけで捕まえることは至難の技です。

「捕まえないで皆で防止しよう」とすれば、それに振り回されて本来の業務ができません。

餅は餅屋」です。

プロにおまかせ下さい。

「来店する日時・人相・盗るもの・手口・逃走経路」を教えていただければ最適なプランを提案します。→→→くわしくはこちら



業務内容にもどる      top