SPnet 近況



2011.08.24 FJ ユーザー車検に向けて  その①



1.FJ の車検は23年9月13日まで


RMXは狂ったように国道23号線を走っています。
2速で頭打ちになるのは、早めのシフトアップで対処。
「モトクロスタイヤのブロックがもげるのではないか」と思うほどよく走ってくれます。
BR9ESのプラグの焼けも適正。

「ちょっとコンビニまで」がずいぶん楽になりました。

あとは、いとこに林道へ連れていってもらうだけ。

久々の2stオフロードバイクで若返り、RMXに時間をとられてしまいました。
気になっていたのはFJの車検。
今回は時間もあるのでユーザー車検を受けることに。

バイクならそれなりの点検・整備ができますからね。
それに、欲しいバイクはやはり250㏄以上のものばかり。
車検を自分で通すことができたら、バイクが増えても経費があまりかかりません。


2.下回りをきれいにする


まずは、下回りをきれいにしましょう。
“着こなし”はまず下着から。


a.エキゾーストのサビ取り


それでは、排気関係から。



サビサビですね。

特に、エキパイにつながる“排気系二番目”のサビはひどいものです。



穴が空いては出費がかさみます。

なお、エキパイの四つの接続は外すのに手間がかかります。
さび付いたボルトを無理やり回していると、クランプが曲がってしまいます(上から二番目)。
シリンダーからエキパイごと外す方が簡単です。
なお、クランプは接合されています。

“排気系二番目”の刻印は  YAMAHA-1TX-5。
XJRと同じ部品のようですね。
Yahooオークションの中古では2000円~3000円程度。
部品に金を掛ければきりがない。
車検はこのままいきましょう。

金ブラシ・サンダーでサビ取り。
サビチェンジでサビを黒皮膜化。
耐熱性が少々心配。


エキパイの方はワイヤーブラシでサビを取っただけ。
ここは高温になりますからね。


次に“排気系三番目”のマフラー。



裏側は赤サビタップリ、表側にもいたるところにプツプツサビ。

金ブラシ・サンダーで全面を平滑に。
サビチェンジ塗布。

刻印は   YAMAHA-3CY-14711  。

このままで良かったのですが、サビチェンジを塗りすぎて厚化粧。
細めのサンドペーパーで厚化粧をならし、艶消し・600℃・耐熱ブラックを吹きつけ。

写真下・“排気系二番目”の塗装でスプレー塗料が残ったこともありますが‥。





初代GSXのようなFJができ上がりますかね。


b.サスリンクの塗装


サス回りを覗き込むと、きたないこと。
車検で係員に見られたら恥ずかしい。

手持ちにシルバーのペコ缶があったのでハケ塗り。
少々、見られるようになりました。



しかし、オフロードバイクに比べてけっこう“ヤワ”ですね 。

「あっ!リアショックは調整できるンだ!」

FJ  『当たり前だろうが!』


3.ブレーキパッド点検


a.リアブレーキパッド



リアブレーキパッドを外してビックリ。
サビサビです。

清掃前の状態です。



パッドの厚さは4.1㎜。
車検はこのままでいきましょう。

※ブレーキパッド寸法

横最大長  63.8㎜、縦最大長  54.5㎜、穴横長  6㎜、穴中心間距離  48㎜。

ピンはS字割ピンを外して引き抜く。
S字割ピンは頭が直角に曲がっていて動かないようになっています。

右上のサポートパッドは斜めに跳ね上がっている方が前。

サビを取ってそのまま装着。



写真ではサポートパッドは付いていません。

結構、きたないですね。

しかし、オフバイク出身は“サビ・汚れ”は気になりません。
「バイクは走らせてナンボ」です。


b..フロント・ブレーキパッド


構造はリアとまったく同じ。

ところが‥。

フロント・右を外すと、パッドがペタペタに濡れている。
ディスクにもベッタリとオイルが付着。
なぜか、フロントフェンダーのエンジン側にもオイルが付着。
フェンダーが凸凹になっているから、プレーキオイルの仕業でしょう。

考えられるのはブレーキピストンからのブレーキオイル漏れ。
ピストン・シール交換でしょうね。

このシールが高い。
純正部品で、一つのピストンにつき2520円 ( 1NL-W0047-00・キャリパシールセット)。
フロント・左右で4セット必要。
Yahooオークションで中古のキャリパを調達しても‥。
しかし、プレーキは命に関わる部品ですから‥。

とりあえず、パッドからオイルを取り除き、周りにブレーキクリーナを吹きつけて組み付け。
マフラー装着後、走ってブレーキオイル漏れかどうか確認しましょう。
ダメでしょうが‥。

※ブレーキパッド寸法。

横最大長  74.4㎜、縦最大長  53.8㎜、穴横長  6.3㎜、穴中心間距離  48.3㎜。
パッド厚  4.5㎜。
SUMITOMO-JB  SR   FI  -9J12

フロント・左は、ピストンがパッドに当たる部分にオイルが付着。
ブレーキディスクにオイルの付着なし。
パッド厚は4.7㎜と3.7㎜。

S字割ピンは、リヤの頭が直角に曲がっているものではなく、真っ直ぐのS字割ピン。
パーツリストにも真っ直ぐのS字割ピン。
なぜ、前と後ろのS字割ピンが異なるのでしょう。
何か理由があるのでしょう。


フロントブレーキ・キャリパの写真はなし。
どうせ、シール交換になるでしょうから、その時に。


4. 現在の FJ

車庫内が乱雑ですね。

右端のプラスチック桶は外した部品を入れるためのもの。
たくさんあります。



今後の作業は、

①排気系の取り付け
接合シールの劣化が心配。
まあ、このまま取り付けましょう。

②プラグ点検・キャブ同調
所要時間は1時間程度。

③チェーン
交換時期ですが、1万5千円くらいするのでこのまま。

③シート・ベルト装着
「これがないと二人乗りにはならない」とか。
CRMの赤ベルトがあったので、それで代用。

④バッテリー充電
問題なし。

⑤光軸調整
これは自分でできません。ハイエース専属ドクターの自動車修理屋さんに任せましょう。

⑥フロントブレーキ修理
これが少々厄介、でも楽しみです。


予定では、8月中に整備終了。


5.やはりFJはいいですね


この”青・白- FJ “気に入ってます。
「HONDAは赤、SUZUKIは黄、KAWASAKIは緑、そしてYAMAHAはブルー」ですからね。

前17インチ・後ろ16インチで足付き性がよい。
操舵性は素直で初心者向け。
空冷だから、ノロノロ走っていても、周りは「好きなんだ‥。」と許してくれる。
4発とハンドリングの良さをを駆使して速く走れば、『おおッ?  やるな!』

“フルパワー・130ps”の逆車が欲しいところですが、それはもう少し腕を上げてから。
今は国内向け・:97psで我慢しましょう。

「少しハンドルが遠いなぁ‥、あと一速あればツーリングが楽だけど‥。この重さなんとかならないかなぁ‥。」

FJ『お前の体が小さくて、体力がないからだ!』
そもそも、FJは“180㎝当たり前・ヨーロッパ向け”の高速ツーリングバイクですからね。

しかし、乾燥重量260㎏でセパレートハンドルではさすがに重いです。
ユーザー車検で取り回せるかな‥。


FJもいいけれど、“4スト・450モトクロッサー”のナンバー付きもいいですよ。
KTMの650モタードもとんがっていますね。
一度試乗したビューエルも欲しいなぁ‥。

男はいくつになっても“おもちゃを欲しがる子供”です。

『あっ! 本業は警備業だった!』

ビューエルとYZF・450のために金儲けをしなければ‥。


つづく。



2011.03.23  FJカウル修復・取付完了

2011.05.08 FJその後_1

2011.05.24 FJその後2-キャブレター同調

2011.08.24 FJ ユーザー車検に向けて  その①

2011.08.31 FJ ユーザー車検に向けて  その②  あともう少し

2011.09.02 FJ ユーザー車検に向けて  その③  エア抜きに半日

2011.09.08 FJ ユーザー車検終了

2011.09.25  FJ フロントフォーク・オイルシール交換  その①  準備

2011.09.29  FJ フロントフォーク・オイルシール交換  その② 終了-自作専用工具改良も

2011.10.03  FJ 1200 整備初級編  オイルエレメント交換・エァクリーナー点検

2011.10.03  FJ 1200 整備初級編  リヤショック調整・バッテリーケース下のゴムマット寸法

2011.10.08  FJ に“驚くほど高い”チェーンスライダーを取り付ける

2011.10.15  FJ 1200 整備初級編  いつまでたっても上達しないエァ抜き-フロントブレーキオイル交換

2011.10.19  FJ 1200 整備初級編--「油圧クラッチ・プッシュレバーcomp シール交換」と「気泡吸い出し法によるエァ抜

2011.11.07  FJ 1200 整備初級編--チェーン“そのまま交換”  その 1

2011.11.12  FJ 1200 整備初級編-とても簡単だった“プッシュロッドのオイルシール交換”

2011.11.16  FJ 1200 整備初級編-チェーンそのまま交換  その②-組み付け

2011.12.15  FJ と革ジャケットの関係

2012.11.06 再度の左フロントフォークオイルシール交換  ・  フロントフォークオイルシール交換手順最新版 ( 印刷用 )

2013.08.24 カウル取り外し手順をもう一度

2013.09.05 FJ二回目のユーザー車検終了

2014.01.14 FJ 燃料ポンプコントロールリレーの交換

2014.03.01 FJキャブレター清掃・組み付け/その 1 - 安い市販Oリングを使う

2014.03.08  FJ キャブレター清掃・組み付け/その 2 - 初心者でもよく分かるキャブレター同調



目次にもどる
    top   万引きGメン実戦教本