RMX-SJ13 整備資料



2016.04.08  ジャダースプリングを入れてノーマルに


私はオリジナル好きです。

メーカーのエンジニアがその車種の使用状況を考えて、性能と耐久性のバランスをとるためにミリ単位で部品を設計しているだろうからです。

たとえば、SJ13のN型とR・S型ではプライマリードリブンギヤスペーサは同じですが、ベアリングの長さが違います。(N型よりR・S型の方が0.2㎜短い)
これにより、スリーブハブとプレッシャープレートは同じですがプライマリードリブンギヤ(クラッチアウター)が異なります。

また、PJ12とSJ13とではスペーサとベアリングとデスクが同じだけであとは全て異なります。
・スペーサ:同じ
・ベアリング:R・S型と同じ
・ドライブプレート(コルク):同じ
・ドリブンプレート(アルミ):同じ
・プライマリードリブンギヤ:異なる
・スリーブハブ:異なる
・プレッシャプレート:異なる
・スプリング:異なる
・スプリングボルト:異なる(7㎜長い)

これはクラッチ強化とジャダースプリングを使わないことによるものでしょう。

もちろん、異なるのは部品番号で、実際の寸法ではありません。
さらに、スプリングが介在するので「作動上の互換性」は充分あるでしょう。

今回のジャンクエンジンのクラッチは、ジャダースプリングを入れないでPJ12と同様の「ドライブプレート×8+ドリブンプレート×7」で組みました。→→→こちら

しかし、ジャダースプリングを前提にしたN型のクラッチにジャダースプリングを入れないのは“ノーマル”ではありません。

やはり、ジャダースプリングを入れることにしました。


というのは“建前”です。

実際にはジャダースプリングがないと、信号スタートのときに半クラッチに気をつかわなければならないからです。


1.事前準備が結構めんどう


 冷却水とギヤオイルを抜くのは当然。

 外すのは
 ・ ウォーターポンプ入口パイプ ( 正式名称はウォーターインレットコネクタ )
 ・ キックアーム・
 ・ ブレーキペダル
 ・ クラッチレリーズアーム
 ・ オイルポンプ

※オイルポンプはオイルポンプ側で三つのパイプを外せば簡単です。
  しかし、私はオイルタンク側 ・ キャブレター側 ・ シリンダー側でパイプを外し、
  パイプごとオイルポンプを外します。
  これは、オイルポンプ側のオイル流入パイプが強く曲がっているため、
  オイルポンプ側をはめたり外したりすると、挿入が甘くなりオイル漏れを起こすからです。



2.あとは簡単


 外すのスプリングボルトだけです。

 このボルトは強く締まっていませんから、プライマリードライブギヤにウエスを噛ませれば充分です。

 バイクを横にする必要はありません。
 サイドスタンドの傾きだけで残ったオイルは漏れてきません。



3.ジャダースプリングの構成


 d:ジャダースプリング(正式名称はウェーブワッシャ・皿形に反っている)
 e:ジャダースプリング用シート(正式名称はウェーブワッシャシート)
 a2:ジャダースプリング用ドライブプレート / 21441-16710 クラッチドライブプレート,T:3 / 1674円
 a:通常のドライブプレート×7 / 21441-07A02 クラッチドライブプレート

dとeはa2の内側にピッタリと収まります。

・ aを重ねると少しだけジャダースプリングが顔を見せます。
・ 完全に重なると思っていたけれどそうではありませんでした。
・ この「少し顔を見せる」のが設計者の意図でしょう。
これに対しドリブンプレートはジャダースプリングと完全に重なります。
・ ドリブンプレートはジャダースプリングと直接接するのだから当然ですね。



4.入れる順番と向き


・ 入れる順番は、内側から e→d→a2→ドリブンプレート(アルミ)→a(ドライブプレート)
・ dは凹面・反っている側を外側(ドリブンプレートに接するよう)にして組みます。
  ※NSR250R,SP,SEサービスマニュアルP8-14
・ ドライブプレートには裏表がありませんからどちら向きに入れてもかまいません。
・ ドリブンプレートにはエッジの立った側と角が丸い側があります。
 一般に「エッジの立った側を内側にして組む」と言われていますが、
 方向が同じならかまわないでしょう。

それでは、ジャダースプリングの下に入るジャダースプリングワッシャはどちら向きに入れるのでしょうか。
このシートもドリブンプレートと同じで、エッジの立った側と角が丸い側があります。

どちらでも良いでしょうが、「内側はアルミのクラッチアウター(プライマリードリブンギヤ)に当たる、外側はスチール製のジャダースプリングに当たる」ことから、
クラッチアウターの磨耗軽減のために「角が丸い側」を内側にして組みました。



5.その他


・ スプリングボルト締め付けトルク : 90~100㎏・㎝
・ すべてのボルトを行き止まりまで軽く締めておいてから、一気に100㎏・㎝まで。
・ 100㎏・㎝を超えると滑るので、値を基準にせず締め付け角度を基準にする。。
・ 二度締め・確認締めはは禁物。一回で締める。
・ 一番内側のプレートにジャダースプリングが内蔵されています。
 ギヤオイル量は分解時/750㏄、通常時/650㏄です。
 クラッチカバーにある「650㏄」の刻印は通常交換時のギヤオイル量です。



クラッチ操作は「なめらか」になります。

もう、信号スタートで半クラッチに気を使ったり、フロントアップを押さえたりする必要はありません。

ただし、「Nが出にくいこと」も元に戻ります。

「なめらか」という好評価の裏には「まどろっこしい」というマイナス評価があります。


つづく




次へ(排気バルブの定期点検していますか?)    前へ     番外編目次にもどる    番外編top   万引きGメン実戦教本