SPnet 近況


2011.07.09 RMX公道復帰のために-その①


1.フレームの錆取り・錆止め

まずは、フレームの錆取り・錆止めです。

オフロード車ですから、水・泥は毎回、それを高圧洗車するので錆は当然のことです。
せっかく、フレームから組むのですから錆取り・錆止めをします。

錆取り後です。



ドリルの先にワイヤーブラシを付けてやり始めましたが、古い塗装が剥がれない。
ここはやはりサンダーです。
ホイホイと削り落としていきます。

錆止めは赤錆を黒色皮膜に変えるケミカル材。
商品名はサビジャックとかサビチェンジ。
私はこのケミカル材が大好きです。


乳白色の液体を塗ると拳銃のような色になります。
これに、ラッカーを吹きつければでき上がり。

2.部品取外し

フレームのラッカー塗装は青色にしようと思いましたが、手持ちに“艶消し黒”がありましたので、それを吹きつけました。
一缶使いましたが不足でした。

次に、部品を取り外していきます。

「ホイ・ホイ」と外していくと、「このボルトはどこに付いていたの?」と組み上げのときに戸惑います。
パーツリストを見れば「どこに付いていたのか」分かりますが、時間をかけたくないので取り外したボルトはその都度新しいフレームに仮止めしていきます。

当初の予定は、

①エンジン降ろし→エンジン整備→チャンバー清掃→エンジン・チャンバー取り付け。
②リヤサス取外し→分解・グリスアップ→リヤサス取り付け
③フロント回り取外し→フロン回り取り付け
④外装取り付け

しかし、エンジン取り付けボルトをすべて外しても、エンジンがリヤサスから離れない。
そこで、リヤサスも取り外すことに。

リヤサス・リヤタイヤを取り外すと、バイクが不安定になるので、その前にフロント回り取外し。

しかし、バイクを安定させリヤサスを取り外そうとしてもエンジンブロックからリヤサスが離れない。

パーツリスト・サービスマニュアルを再度チェックしても、すべてのボルトが外れている。
エンジンブロックとリヤサスが離れるはず。

「なにか引っかかっているのかナ」と左側から長いドライバーでつつくと、小さいマイナスドライバーが出てきました。

あっ、そうか!
シャフトを抜く時に、固かったので、このドライバーの柄の方を差し込んでマイナスの方をハンマーで叩いたンだった。
シャフトが抜けたあと、このドライバーのことをすっかり忘れてそのままにしておいたのです。

歳をとると、「今やっていたこと」を覚えていません。
「今、持っていたレンチをどこに置いたのか」も覚えていません。
作業効率が若い頃より極端に落ちています。

結局、すべての部品を取り外すことになりました。



手前の黒フレームが新しいフレームです。

この部品を黒フレームに取り付けるだけならビールを飲みながらやっても一日で終わります。

しかし、各パーツを整備・チェックして楽しでいきます。
そろそろ警備業の活動をしようと思っていますので、公道復帰は夏の終わりころでしょうネ。

本日は、チャンバーにネットで仕入れた「パイプフィニッシュ法」を適用。
238円のパイプフィニッシュを4本流し込んで終了。

次回は、リヤサスをグリスアップしてフロント回りとリヤサスを取り付けましょう。

つづく。



2011.02.26  久しぶりにオートバイのエンジンをかけました。

2011.05.28 RMXその後-1

2011.07.01  RMXこの後-公道復活作戦開始

2011.07.09 RMX公道復帰のために-その①

2011.07.14 RMX公道復帰のために-その②

2011.07.20 RMX公道復帰のために-その③

2011.07.25 RMX公道復帰のために-その④  RMX走る

2011.08.05 RMX公道復帰のために-その⑤  完了

2011.08.12  RMXのダートデビューに向けて-その①

2011.08.17  RMXのダートデビューに向けて-その②

2011.09.18  RMXに一個100円の中古部品を三個取り付ける

2011.12.10  RMX 初めての峠

2011.12.21  RMX 高回転不調対策  ①電子部品の抵抗値測定

2011.12.26  RMX 高回転不調対策  ②メインジェットの変更

2012.01.01  RMX キャブレター調整入門  ①プラグ状態判定法

2012.01.04  RMX キャブレター調整入門  ②プラグ状態判定法追加 ・ エァスクリュー調整

2012.01.18  RMX キャブレター調整入門   再度のスロー調整 と スポーク交換も

2012.02.18  RMX が “ なで肩 ” に - 素人がやるホイールのセンター出し

2012.02.20   “ RMX + IRC-GP 210 ” 峠でウォーミングアップ

2012.03.08   RMX エンジントラブル検証

2013.01.04  エンジン移植用 RMX 入手てんまつ

2013.02.16  RMX この頃 - 新品ピストンを組む

2013.03.02 RMX 最後の試行 - クランクケース②を組む

2013.03.19  分離給油・RMX 発進

2014.05.01  スロージェット取外しにエキストラクターを使ってみたが…

2014.05.25   SJ13 中古エンジン検証 ・ 前編 /スタッドボルトの交換 

2014.05.31  SJ13 中古エンジン検証 ・ 後編 / エンジン始動

SJ13 クランクケースの分解と組み立て(小目次) 



目次にもどる
    top    万引きGメン実戦教本