SPnet 近況



2011.08.12- RMXのダートデビューに向けて


10.ライト・テールランプの常時点灯


a.必要な保安部品


オートバイの保安部品で必要なのは、①ヘッドライト ②ウインカー  ③ホーン  ④スピードメーター  ⑤ブレーキランプ  ⑥ライセンスランプ  ⑦バックミラー。
①・⑤・⑥は常時点灯とか。

⑥のライセンスランプはナンバーをテールライトの下に付けたからOKでしょう。

⑤のブレーキランプはリアがブレーキアームを交換しなければ点灯しない。フロントはブレーキスイッチの中古部品が安価で手に入らない。
しかし、「検問に引っかかってもそこまではチェックされないでしょう。」と先送り。

④のスピードメーターも同様。

それでも、最低限必要なのが常時点灯のヘッドライトとテールランプ。
これが点灯していないとすぐに分かってしまう。

いつから常時点灯になったのでしょう。
確か、セイバーやCRMのときはライトON・OFFのスイッチがあったはずですが‥。


ということで、今回の目標はヘッドライト・テールランプの常時点灯。


b.テスターチェック


まずは、テスターでチェック。

そう言えば、何年か前にオークションで手に入れたものがあったはず。



何かを落札する際、にあまりにも安かったので同時落札したものです。

しかし、使い方が分からない。
まあ、「電気が来ているか・断線していないか」が分かればいいだけだから‥。

エンジンをかけて、ヘッドライトとテールランプのカプラーを点検。
反応なし。
念のために、バルブを点検。
断線なし。(抵抗値が出れば断線なしでしょう?)


配線図を見て、「こことここをつなげば?」といろいろやってもライトは消えたまま。

「やはり、付けるものを付けないと点灯しないのか‥」


c.キルスイッチ調達


とにかく、キルスイッチだけ調達。



400円+メール便80円。

「取り付けステーが壊れている」とのことでしたが、欲しいのはハーネス。
安いのが一番。送料も定形外・メール便が一番。


RMXに付いているキルスイッチを接続して、エンジン始動。

あっけなく、ヘッドライトとテールランプが点灯。

しかし、自分で配線を加工できなかったことが少々悔しい。
なんで、キルスイッチにこんなにたくさんのコードがあるの?

配線図から「キルスイッチを経由しないでランプを点灯させよう」といろいろ考えましたが結局分からずじまい。

今後のために、今回の結果だけ記録しておきましょう。


d.配線結果資料

※印刷する場合は、4枚目の画像下の “ ※ここまで ” を選択し、
   印刷プレビューで 「2ページ表示」,「画面で選択された通りに印刷」,「60%」or「縮小して全体を印刷」を選んで印刷してください。

ハーネスの一番前です。



①と②はスピードメーターへつながります。(配線図より)


次は、先端から二つに枝分かれしているハーネス。



⑩は右ウィンカーと接続します。
もともと2極カプラーですが、社外ウィンカーを取り付けるために端子に変更。
⑨~⑫が一つの枝、⑧がもう一つの枝。


次は一番下の小枝。


⑭はコンデンサーへ。
⑬はホーンへ。
⑮は左ウィンカーへ(2極カプラーから端子に変更)


次が、このハーネスの枝に接続する、インジケーター(パイロットランプ)・キーシリンダー・左スイッチボックス・キルスイッチ・ヘッドライト。


ヘッドライトが上下逆転していますので左右に注意してください。

インジケーター⑨に青い分岐端子がありますが、これは「いろいろやったこと」の遺物。オリジナルにはありません。

スイッチボックスの⑦はホーンスイッチから。

コンデンサーの赤線をたどれば、「キルスイッチを経由しないとライトが点灯しない理由」が分かりますかね?
スイッチボックスの⑯とキルスイッチの⑯がつながっているのもチョット怪しい‥。

※ここまで

とにかくヘッドライトとテールランプは点灯。

これで「ぱっと見は保安部品OK」。


SPnetのステッカーは→→→こちら

ファイルを開くためにはA-one 提供の無償ソフトが必要です。→→→A-one ラベル屋さんHome  Ver 8

フォント(書体)は DeVinneOrn です。
このフォントがインストールされていないと写真のようなステッカーになりません。

色は自由に変えられます。
好みの配色にできますよ。

A-one の耐水フィルムラベル・光沢・白(品番29281)に印刷してください。

バイクや車に貼ってSPnetを宣伝しましょう。


11.その他


a.キャブセッティングとオイル


低回転がもたつくために、エァスクリューを標準の「1と1/2戻し」から「2回転戻し」。
ジェットニードルを一段上げて、上から二段目に。
プラグは8ESで様子をみることに(標準9ES)。

とにかく、走らせてみないと分かりません。


オイルは‥。

車庫の棚に口をあけていないものがありました。



15年くらい前のものですね。
未開封だから使えるでしょう。
混合タンクの汚れも落としました。

オイルメーカー指定の50:1でいきましょう。

排気ガスの甘い香りがなつかしいですね。


b.ヘルメットはあったかな‥。

物置を捜すと、ありました。

モトパン・プロテクター・ゴーグル‥。

子供用の用品も。
どこかのレースのゼッケンも出てきました。主催者に返却しなかったのかな?



これを着て最後に走ったのは、坂下の4時間耐久。
40歳を過ぎること少々。

KX125で一人で走りました。
最後は足がつって休み休みの体たらく。
結果は「ドベから数えたらすぐに見つかるようなもの」だったかな?


『質問です!』

どうぞ。

『ゴーグルとモトクロスブーツがありませんが‥。』

ゴーグルはスポンジがボロボロ。サングラスで代用できるでしょう。
シニサロのモトクロスプーツは履いたらバックルがもげてしまいました。

オンロードブーツで走るわけにはいきませんので、交通誘導の時に使う半長靴の安全靴でかまわないでしょう。

それなら、ヘルメットもSPnetの交通誘導ヘルメットにするかな?


猛暑ですから、早起きして少し走ってきましょうかね。


つづく。


2011.02.26  久しぶりにオートバイのエンジンをかけました。

2011.05.28 RMXその後-1

2011.07.01  RMXこの後-公道復活作戦開始

2011.07.09 RMX公道復帰のために-その①

2011.07.14 RMX公道復帰のために-その②

2011.07.20 RMX公道復帰のために-その③

2011.07.25 RMX公道復帰のために-その④  RMX走る

2011.08.05 RMX公道復帰のために-その⑤  完了

2011.08.12- RMXのダートデビューに向けて

2011.08.17  RMXのダートデビューに向けて-その②

2011.09.18  RMXに一個100円の中古部品を三個取り付ける

2011.12.10  RMX 初めての峠

2011.12.21  RMX 高回転不調対策  ①電子部品の抵抗値測定

2011.12.26  RMX 高回転不調対策  ②メインジェットの変更

2012.01.01  RMX キャブレター調整入門  ①プラグ状態判定法

2012.01.04  RMX キャブレター調整入門  ②プラグ状態判定法追加 ・ エァスクリュー調整

2012.01.18  RMX キャブレター調整入門   再度のスロー調整 と スポーク交換も

2012.02.18  RMX が “ なで肩 ” に - 素人がやるホイールのセンター出し

2012.02.20   “ RMX + IRC-GP 210 ” 峠でウォーミングアップ

2012.03.08   RMX エンジントラブル検証

2013.01.04  エンジン移植用 RMX 入手てんまつ

2013.02.16  RMX この頃 - 新品ピストンを組む

2013.03.02 RMX 最後の試行 - クランクケース②を組む

2013.03.19  分離給油・RMX 発進

2014.05.01  スロージェット取外しにエキストラクターを使ってみたが…

2014.05.25   SJ13 中古エンジン検証 ・ 前編 /スタッドボルトの交換 

2014.05.31  SJ13 中古エンジン検証 ・ 後編 / エンジン始動

SJ13 クランクケースの分解と組み立て(小目次) 



目次にもどる    top    万引きGメン実戦教本