FJ-4CC整備資料




2016.10.04  燃料センサーの交換と抵抗値測定


1.燃料センサーの交換


タンクを外したついでに、前々から気になっていた燃料センサーを交換しました。

症状は「満タンにしても針が7分目くらいを示す。」、「リザーブランプがついて給油すると、6Lしか入らない。(※本来なら17L入る)」

ただし、タンク内のガソリンを「リザーブ以下」にしておくと、次に給油したときに針は正確な値を示す。


a.燃料センサーの取り外し


 燃料センサーの取り付け部はタンクの右前。

 両面テープで留めてある断熱シートを剥がさなければなりません。


 上が外した燃料センサー。
 とてもきれいです。
 下が今年の1月3日に入手した 3XWの燃料センサー(1100円)。

 本体から出ている触覚がリザーブランプのセンサー。
ちなみに、左がXJR1300の燃料センサー(552円)。
 XJRはリザーブセンサーが付いていないのでカプラーは2極、FJは3極。
 タンク形状が違うのでフロートアームの曲がりも違います。
 センサー部の形も違うので部品流用もできません。
 互換性があるのはガスケットだけ。
 今回は新品のガスケットを使わず、XJRのガスケットを使いました。



b.燃料センサーの構造


 燃料センサーは摺動抵抗によって燃料残量を表示します。
 燃料センサーについては→→→ こちら
右側がFULL、左側がEMPTYです。
 コイルや接触手(端子)に汚れや腐食はありません。
 右側(FULL側)の巻きが粗く、左側(EMPTY側)が密になっています。
 これは、燃料が少なくなったときに細かい値を検知しなければならないからでしょう。
 コイルと端子に異常がないので、「燃料計がなぜ70%少なく表示するのか」分かりません。
 もっとも、リザーブランプが早く点灯するのはリザーブセンサーの不調と考えられます。


 なお、左の画像は、フロートを一杯に下げた場合のものです。

 このとき、リザーブランプセンサーの下端とフロートの下端が一致しています。

 リザーブランプセンサーは燃料面から露出するとリザーブランプを点灯させるので、
 フロートが一杯に下がったときにリザーブランプが点灯することになります。

 つまり、燃料計がゼロになったときにリザーブランプが点灯することになります。



c.交換した結果は


 これで「6L弱」入っています。

 FJのタンク容量は22L(予備が5L)

 リザーブランプが点灯するのは燃料計の針がEを示してから(一番下の画像)。
 だから、F~E=22-5=17L。

 F~Eの目盛りは18

 1目盛り=17÷18= 0.944L

 針は2目盛り=0.944×2≒1.9L、これにリザーブ5Lで、合計6.9L

 表示誤差=6÷6.9≒87%。

 燃料計は少なくなると正確でなくなるので、成績がよくなったとも言えるが。
 交換した燃料センサーが正確がどうかは今後の検証を待ちましょう。



2.燃料センサーのチェック


以上は6月のもの。

今回は、取り外した燃料センサーを点検してみました。


a.燃料センサーの追加入手


前にも書きましたが、FJ部品の相場が下がってきています。

今回交換したものとは別に2個入手しました。

 ①今まで着いていた燃料センサー : 旧4CC

 ②3XWの燃料センサー(550円) : 新3XW

 ③3CVの燃料センサー(108円) : 新3CV



b.摺動抵抗の測定


(どこを測定するか)

 aはコイルから取り出されています。
 cはリザーブランプセンサーにつながっています。
 裏から見るとこうなります。
 aからは緑色のリード線、cからは緑/赤のリード線が出ています。
 bはアースで黒のリード線が出ています。
 燃料センサーの摺動抵抗値は「a/緑線-b/黒線」で測定すれば良いことになります。


 カプラーの端子で言えば、ロック爪を上にして、左からa(緑)、c(緑/赤),b(黒)。
 摺動抵抗はカプラーの両側で測定すれば良いことになります。 
 e : コイルの左端(empty)、m : コイルの中央、f : コイルの右端(full)を測定しました。
 mは接触端子が垂直になったところです。目視ですから正確ではありません。


(測定結果)

FJ1200燃料センサーの摺動抵抗測定値
番号 名称 e(empty) m(中間) f(ful)
旧4CC 140Ω 60Ω 20Ω
新3XW 120Ω 50Ω 18Ω
新3CV 160Ω 80Ω 20Ω

※③はコイルと端子が接触不良で測定値が定まらなかったので、次に述べるように端子を曲げて(カリ、カリと噛み合うようにして)測定したものです。
※測定は端子とコイルの接触具合で変動します。
※①・旧4CCは最初、測定値が定まりませんでしたが、何度がやっている内に定まった値を取るようになりました。
  測定値が他の二つに近いところから考えると、①の不具合はコイルと端子の接触不良が原因だったのかもしれません。


c.コイルと端子の接触不良を修正


③・3CVはコイルと端子の接触が悪く抵抗値がばらつくので、端子を曲げてコイルと強く接触するようにしようと色々やりました。
その結果、端子がブラブラになってしまいました。

そこで、「端子の取付はどうなっているのだろう?」と外してみました。

 六角形のナットのような物は、フロートシャフトに打ち込んであるだけです。ネジではありません。
 プライヤーがバイスプライヤーで挟んで引き抜けば取れます。
 ねじってはいけません、バイスプライヤーで挟んで、ブライヤーを叩いた方がよいでしょう。
 d : 端子留め、e : 端子、f : バネ
 eがdにはまって、それをfが外れないように押しつけています。
 e(端子)は途中から曲がっていません。
 画像はコイルと強く接触するように途中から曲げたものです。 


 dの内側には突起があります。
 この突起にはまるようにeに切り込みがあります。(eの穴の3時・9時位置)
 この突起と切り込みが噛み合って、eはdに円周方向(回転方向)で固定されます。
 fはeをdの方に押しつけて、eを垂直方向に固定します。

 dやeを無理やり動かすと、dの突起やeの切り込みが削られて、eがdと噛み合わなくなります。
 「dを外すときに無理やり回してはいけない」のはこのためです。

 なお、上の画像でeは裏返っています。
 dにeを取り付けるときはeを裏返してつけてください。
今回はdを外すときに無理やり回したこと、
 eを折り曲げようとコイルの外まで無理やり回したことから、
 dの突起とeの切り込みがしっかり噛み合わなくなりました。

 そこで、eをdに重ねて上からハンダで固定しました。


 dは上に細いカラーを当てて小さいハンマーで軽く打ち込めばOK。
 dとeはハンダで固定されているので、バネは不要ですが一応入れておきました。
端子とコイルの接触が悪い場合、端子を取り付けたまま先を曲げようとしても無駄です。
 端子がコイルに当たって、端子が反り返るだけです。
 端子を外してから、端子だけを折り曲げる必要があります。

コイルと端子の接触は一応修正できました。
ちょときつめで「カリカリ・コリコリ」と当たっています。
抵抗値もばらつきません。(20~160Ω)

ただし、この燃料センサーを使うつもりはありません。
108円でしたので、研究用にしました。


d.XJRの燃料センサーの抵抗値は?


ついでに上で出てきたXJR1300の燃料センサーの抵抗値も測ってみました。

 リザーブセンサーがないので、FJとの互換性はありません。 2極ですから、カプラー端子ではなく、リード線の取り付け部で測定すればOKです。


e(empty) : 140Ω、f(full) : 36Ω でした。


e.交換した燃料センサーの検証


交換した燃料センサーの抵抗値はどれだけだったのか?

取り外して測定したい気持ちを抑えて、取り付けたままの抵抗値を測定しました。

 燃料センサーのカプラーはバッテリー横にあります。

 このカプラーを外して、両側の端子で抵抗値を測定すればよいのです。

※画像ではカプラーがフレームの上になっていますが、
  実際はフレームの下にしなければいけません。(マニュアルP2-16のI)


(その①)

燃料計の針は2.5目盛り、抵抗値=80Ω。
 上の測定値では「m~e=50or60~120or140Ω」。
 これから計算すると、80Ωで針は5.14or6.75目盛りを示していなければならない。
 mとeの中間は85Ωor100Ωであることから考えても、
 針はmとEの中間近くを示さなければならないことになる。
 どうも燃料計が小さい値を指し示すようだ。
これを満タンにしたら、13L入りました。
 2.5目盛り=0.944×2.5+5(リザーブ)=7.36L入っていたことになる。
 タンクに入るのは=22-7.36=14.64L、入ったのは13L。
 やはり燃料計の針が小さい値を示していることになる。


(その②)

 熊野まで162㎞を走行。

 燃料計の針は6目盛り、65Ω。

 タンクに入っているのは=0.944×6+5(リザーブ)≒10.7L。

 満タンまでは=22-10.7=11.3L。

 ギリギリの満タンにして、入ったのは 11.34L。

 燃料計は正確な値を示しているようだが、
 針がFを2目盛りオーバーしているからやはり正確ではない。


 なお燃費は162㎞÷11.3L≒14.34㎞/L


(その③)

 リザーブランプが点灯するまで走りました。
 走っていると油面が水平でなくなるので、燃料計が1目盛りでランプが点灯します。
 メインスタンドを立ててリザーブランプが点灯するのは、燃料計がE を示すときです。
 ゼロ目盛り(E)で抵抗値=100Ω。
タンクに入れられるのは=22-5=17L。
 ギリギリに入れて、18.18L入りました。
 燃料計の針は3目盛りオーバー。
 これで抵抗値=15Ω。


結局、交換した燃料センサーはタンク内装着で「E~F=100Ω~15Ω」、そして燃料計は「実際より2目盛りくらい少ない値」を示すことになります。
また、リザーブランプは「ほぼ正確に」リザーブに切り換える必要があることを教えることになります。

我々は燃料計にそれほどの正確性を期待してはいません。

知りたいのは、①あとどの位燃料が残っているのか? ②本当にリザーブになったのか?
そして期待するのは、③満タンにしたらFを示すこと。

今回交換した燃料センサーはこの三つはクリアーしているので合格ということになります。


なお、測定抵抗値は「カプラー端子にテスター端子を直接当てるか」、「カプラー端子からワニ口リード線をつないでテスター端子に当てるか」によって異なります。
テスター端子をどれだけ強く当てるかによっても異なります。
※リード線をつないだ方が高い値を示す。強く当てれば低い値を示す。

また、燃料計の指し示す目盛りは、「バイクに跨がってバイクを垂直にするか」、「メインスタンドを立てるか」によって異なります。
※跨がる方が燃料計の針が1目盛りくらい大きい値を示す。

もちろん、メインスタンドを立てるときは地面の水平性によって異なります。

さらに、測定するテスターも同じにしなければなりません。

要するに、「測定条件を同じにしなければならない」と言うことです。

今回の測定では「車庫内でメインスタンドを立てる」、「カプラーより二つのワニ口リード線を取り出してテスター端子につなげる」、「アナログテスターを使う」としました。


それから、燃料センサーの摺動抵抗はガソリンに触れているときと触れていないときでは微妙に異なるでしょう。

だから、タンク内にある燃料センサーの摺動抵抗と取り出した燃料センサーの摺動抵抗は同じではないでしょう。

今回測定したいろいろな抵抗値は参考にとどめなければならないのです。



つづく。



次へ    前へ     番外編目次にもどる    番外編top   万引きGメン実戦教本