RMX-SJ13 整備資料




2016.04.19   ミクニTM30-分離給油ニップルの修復


今回はTM30のオイルニップル取り付けです。

・ このニップルが少々曲がっていても「プライヤーで直そう」としてはいけません。
   簡単に折れてしまいます。
・ このニップルが折れると分離給油ができません。
・ なかなか厄介な作業のようです。
・ ストックキャブレターなのでずっと修復しないでいました。

※自分用メモ
・今回のキャブレター : ボディはR・S型エンジンに付いていた29E02。中身はRMX①についていた29E00。→→→こちら
・旧RMX②(R・Sエンジン)のキャブレター : RMX①のキャブボディ(29E00)+R・S用キャブレター(29E02)の中身。このキャブレターは現在、RMX③(N型エンジン)に付いている。
・現RMX②(N型エンジン) のキャブレター : 29E00
・今回修復キャブレターは、RMX③に付いているキャブレターとボディを交換して完全な29E02と完全な29E00に戻す。


1.ニップルの構造


どうなっているのかわからないと修復の方法がわかりません。

まずは分解。

・ c と a の間にある溝に薄いマイナスドライバーを叩き入れてこじると、 ・ a が抜けます。
・ a をプライヤーではさんで回そうとしたり、引き抜こうとしたりするのは禁物。
  このように変形したり削れたりするだけです。


中からボール入りのバネが出てきました。

これがエンジン停止時にキャブレターへのオイル流入を止めるチェックバルブです。

・ ここで説明のために各部品の名前をつけます。

・ a : ニップル台(バルブシート)
・ b : バネ
・ c : ニップル筒
・ d : チェックボール
・ ニップル台に差し込まれるパイプ : ニップル

・ ニップル台(a) : 外径/4.15㎜Φ、 差込口長さ/5.0㎜、 ツバの外径/6.0㎜Φ
・ バネ(b) : バネの自由長/7.5㎜。
・ ニップル筒(c) : 内径/4.15㎜Φ、 深さ/14.0㎜、 外径/6.0㎜Φ
・ チェックボール(d) : 3.0㎜Φ

 ※a にドリル穴を開けるときにバネ玉のバネ右端を損傷、正規の自由長は不明。

このチェックボールは次のような働きをします。

・ エンジン停止時、ボール(d)はバネ(b)によってニップル台(a)に押しつけられています。

・ これにより、エンジンオイルの流入が止まります。

・ エンジンが動くとオイルポンプがオイルを圧送しボールを押します。
  さらにキャブレター側の負圧でオイルが吸い出されボールもキャブレター側へ引っ張られます。

・ このようにしてエンジン回転数に応じて、ボールが動き、オイルの流入量を調整しているのです。

・ バネ自由長+ボール巾+ニップル台差込口長=7.5+2.0+5.0=14.5㎜
・ ニップル筒の深さ=14.0㎜
  ※「ホールの2.0㎜」はボールがバルブシートに当たることを考慮したもの。

 この寸法で言えば、バネが0.5㎜だけ縮んでボールをニップル台に押しつけていることになります。

  しかし…、


・ ニップル台に穴あけをするときにバネ端を損傷したため、
 ボールがバネの中に入ってしまい、バネでボールをニップル台に押しつけることができません。

・ これではエンジン停止時にオイル流入を止めることができないだけでなく、
  エンジンが動けば、ボールがキャブレター側のオイル吐出孔を塞いでオイルが流れなくなります。

・ バネの端を加工したり、バネ端に何かをはさんだりすれば、バネでボールを支えることができます。
  しかし、それらはいつ役に立たなくなるか分かりません。
  それらがボールを支えられなくなったら、ボールはバネの中を自由に動き、
  キャブレター側のオイル吐出孔を塞いでしまいます。
  こうなったらエンジンは焼き付いてしまいます。

・また、同じようなサイズの汎用バネを使えそうですが、
 このバネは線径/0.2㎜Φで巻数が多く非常に反発力の小さいものです。
 もし同じようなサイズのバネがあったとしても材質が違えば反発力が違います。
 反発力が違えばオイル流量制限のタイミングが違ってきます。

・シリンダー側のチェックバルブ( 16910-09C00 )も使えそうです。→→→こちら
 しかし、キャブレターへの流量制限とシリンダーへの流量制限は異なるでしょうから、
 作動圧と流量が同じであることを確認しなければ使うのは危険です。

そこで今回は、このチェックボールを外して、オイルパイプ途中に市販のチェックバルブを取り付けて代用することにしました。


なお、しばらく乗らないと「エンジン始動後、白煙モウモウ」(旧RMX②の29E02キャブレター)は、
このチェックボールやシリンダー側のチェックバルブが正常作動せず、エンジン停止時にオイルがキャブレターやシリンダーに流入しているからでしょう。


※参照したサイト→→→こちら


3.ニップル修復の方法


a.三つの方法


ニップル構造が分かればその修復方法が分かります。

①部品取りキャブレターからニップル付きのニップル台(a)を取り外して付ける。
②ニップル付きのニップル台の代わりになるようなものを探す。
③市販パイプをニップル台に取り付ける。


①なら作業は簡単ですが、そのようなキャブレターを探すのに苦労します。

そもそも、キャブレター自体が稀少品。
ましてや、2サイクル用の分離給油キャブレターなど貴重品で値段が高い。
『TM30 だって?そんなの聞かないなぁ…。アンタ、その娘のナンノナさ。』

この方法は非現実的です。

現実的なのは②と③


b.市販のオイルニップルを取り付ける方法


②の方法は現実的で簡単です。

キャブレターに取り付ける汎用ニップルは多くのホームページで紹介されています。
たとえば、
・ カクダイのマカロニホースミニ取り出し→→→こちら と こちら(寸法)
・ KN企画の負圧ニップル→→→こちら とこちら

どちらもキャブレターボディにM6~M5のネジを切って取り付けます。

カクダイの方はオイルパイプ取り付け口の外径が6.5㎜ΦなのでSJのオイルパイプを差し込めません。
しかし、KN企画の方は取り付け口外径が3.5㎜Φなので何とかなりそうです。

しかし、これらは負圧用ニップルで分離給油用のオイルニップルではありません。
オイル吐出パイプがキャブレターの中に突き出していないので分離給油用としては使えないでしょう。

そこで登場するのが読者サンから教えてもらったキタコのオイルニップル。→→→こちら と こちら

・ 実物を見ると本当に小さなニップルです。
・ もちろん、チェックバルブは内蔵されいてません。
・ オイルパイプ取り付け口は3.0~2.7㎜Φ。
・ これは純正の取り付け口と同じです。
 ※純正取り付け口は 凸/3.0㎜Φ、凹/2.5㎜Φ

ただし、

・ オイルニップルの差し込み口外径は4.0㎜Φで、ニップル筒の内径は4.1㎜Φ。

・ だからニップルをニップル筒に差し込むと、0.1㎜の隙間ができます。

・ この隙間を埋めるために、エポキシ接着剤などで固定しなければなりません。
  この作業がチョット面倒くさい。
 

さらに、

・ チェックボールを使う場合、このニップルを根元まで差し込むと、
  純正のニップル台を使った場合に比べバネを3.0㎜だけ縮めることになります。

・ バネが3.0㎜縮まればそれだけボールは強く押しつけられ、
  エンジン回転数に応じた「オイルポンプ圧+キャブレター負圧=ボールの離れ量」が仕様とは異なってきます。

・ だから、このニップルは3.0㎜を残してニップル筒に取り付けなければなりません。

・ このニップルの根元に3㎜巾のアルミテープを巻くか、銅線を巻けば済むことですが、
  これも少し面倒くさい作業です。

・ そこで、



c.市販のパイプをニップル台に取り付ける方法


そこで③の方法を試してみました。

・ これはホームセンターで売られている一番細いパイプです。

・ 外径/3.0㎜Φ、 肉厚/0.5㎜、 内径/2.0㎜。

・ 材質はアルミ,銅,真鍮,ステンレス。
・ 値段は1mで200円程度。

・ これは、純正ニップルと同じサイズです。

・ 今回は真鍮を選びました。

・ 必要長さの二倍くらいをニッパーで切断し、ニップル台に打ち込んだあと整形します。

実際にやった作業は、

・ ニップル台の穴を2.0㎜Φドリルで拡張。
  ※写真は穴あけ前。

・ この穴を 2.99㎜Φリーマで整形。

・ ニップル台を取り外し、木片の上に置いて上からパイプを打ち込む。

・ 打ち込みは「少し堅い」程度。
 小さいプラスチックハンマーで「コン・コン・コン」と叩き、最後は強く「カン・カン」と叩いて入れました。

仕上がりは、

・ しっかりと刺さっています。
・ 中心が少しずれていますが使用上問題はないでしょう。
・ ハンドドリルで真っ直ぐに穴あけするのは難しいものです。やはりボール盤が欲しいですね。

・ もちろん、この方法ではチェックボールを使えません。
  ニップル筒のバルブシート部分がなくなっているからです。

・ チェックボールを使う場合は、
  バルブシート部分を損傷しないようにニップル筒のテーパー部分の手前で穴あけを止めなければなりません。
  これはハンドドリルでは至難の技、やはりボール盤ですね。

・ ニップル台のツバが変形・損傷しているのは、
  当初はキタコオイルニップルを取り付けるつもりだったからです。
・ 「ニップル台は不要になるから」と、ぞんざいに扱っていたからです。

見栄えは、

・ ニップル台の穴あけが真っ直ぐでないのでパイプが斜めになってしまいました。
・ これくらいなら使用上問題はありません。
・ ニップル台の損傷が目立ちます。
・ 途中で方法を変更しましたからネ。
・ 今度やるときはもっときれいに仕上げられるでしょう。

オイルパイプ取付は、

・ ニップル台に打ち込んだパイプの外径は、純正ニップルの凸外径と同じです。
  だから、問題なくオイルパイプが差し込めるはずです。

・ しかし、実際には結構堅いです。
  パイプを細いプラスドライバーで拡げるか、ドライヤーで温めるかして差し込んだ方がよいでしょう。

・キャブレター設定でキャブレターを取り外すときにオイルパイプを抜き差ししなければなりません。
 簡単に抜き差しできないのでチョット煩わしくなりそうです。

・ またオイルパイプがこのまま拡がってしまうと、ニップルに凸凹がないので外れてしまうかもしれません。

・ 容易に外れないようにして抜き差しを簡単にするためには、
  ②の方法でキタコニップルを取り付けなければなりません。

・ それはいつでもできますから、これで使ってみることにしました。
  と言っても、このキャブレターはストック部品ですが…。

※自分用メモ
・ 「このキャブレターのボディ+RMX③のキャブレターの内部部品」で29E02キャブレターにしてストック。
・ 「RMX③のキャブレターボディ+このキャブレターの内部部品」で29E00キャブレターにして、
  N型エンジンのRMX③に取り付ける。



4.総括


TM30のオイルニップルを折ってしまった場合のニップル修復は次のようにします。
※チェックボールを使う場合


①ニップル台を付けたまま、ニップル穴を2.9㎜Φドリルで、深さ4.0㎜だけ拡張。
  ※ツバ端から4.0㎜ならニップル台のバルブシートを損傷しない。

②ニップル台を付けたまま、張した穴を2.95㎜Φリーマで整形。

③市販の外径/3.0㎜Φ、内径/2.0㎜Φの真鍮パイプを40㎜くらいに切り取る。

④ニップル台を取り外し、ニップル筒の切り粉を取り除く。

⑤ニップル台をツバ側を上にして木片の上に置き、上からパイプを打ち込む。

⑥パイプを必要な長さ(20㎜程度)に切断し、オイルパイプ取付口を整形する。

⑦ニップル台のツバを叩いて、ニップル台をニップル筒に取り付ける。


今回はここまでです。

チェックバルブの選定と取付はまだ行っていません。

①ヤマハ2stスクーター(VINO-YJ50Rなど)のオイルポンプに付いているチェックバルブ( YAMAHA 5GD-13183-00 / 1123円)
②カワサキKDXのオイルポンプに付いているチェックバルブ( KAWASAKI-16087-1001 / 1069円)
③スズキではストリートマジックのチェックバルブ( SUZUKI-16910-41D00 )

①はプラスチック製、②は真鍮製。
①をSJのオイルパイプに取り付けたという実例あり。
②については、②に取り付けるオイルパイプの内径が3㎜Φ(※「3×6×40」と表記)だから、SJのオイルパイプ(内径2㎜×外径5㎜)にはきつくて挿入できないかもしれない。

これらについては、あとで追記します。


・ 前回の排気バルブの損傷、今回の分離給油用ニップルの修復、
  走ったあとにはエンジンオイルを継ぎ足し。
  サイレンサーからはタール飛散、走らせないとキャブレター詰まり。
  じわじわと無くなっていく純正部品。
  Yahooオークションでせっせと部品捜し。

・ やはり2サイクルはシーラカンス。
  ときどき、「三台のSJ13を処分して、DRZ400-SMにしようか」とも思います。

・ しかし、オフを走らないのにRMXから離れられません。

・ その理由は、「2サイクルのロケット加速と、かん高い排気音」だけではないような気がします。

  案外、「自分で整備できるから、自分が整備してきたから」かも知れません。
  その相手がたまたま SJ だったのでしょう。
  老夫婦の関係に似ています。

  と、しんみりしていますが、

  本音は、 『金があれば、KTM690SMC に乗るワイ!』 


つづく



次へ(ミクニTM30-分離給油ニップルの修復-その② 外付けチェックバルブ取り付け)     前へ     番外編目次にもどる    番外編top   万引きGメン実戦教本