RMX250-SJ13 整備資料



 2012.02.20   「RMX + IRC-GP210」 峠でウォーミングアップ






1. タイヤ交換+暖かい=GO!



スポーク全交換、センター出しOK、タイヤは IRC の GP 210。

これで、 “ 暖かい日 ” が加われば、『走るな 』というのは無理な相談。

ウォーミングアップに長島・尾鷲の峠を走りました。



ここは紀伊長島・荷坂峠の頂上付近。
荷坂トンネルを出たところにある展望台です。

ここから、下りコーナーが続き、紀伊長島・道の駅マンボウに到着します。

この峠は尾鷲・熊野峠道の最初にあります。

今回の目的はオンロードタイヤの挙動を掴むこと。
尾鷲折り返しとしました。

苦手な熊野の佐田坂は次回のお楽しみ。


2.オフロードバイク+オンロードタイヤ=不思議な感覚


バイクを傾けてもまったく不安なし。
リアタイヤの “ 撫で肩 ” に重心をかければそれでよい。
傾ける側の脚を出してバランスをとる必要がない。

オンロードバイクと同じコーナリング感覚。

当たり前ですね、オンロードタイヤなのですから。

しかし、タイヤ以外はオフロードバイク。

フロントは21インチで軽いハンドリング。
ライディングポジションはタンク寄りで直立姿勢。

とても不思議な感覚です。


もちろん、シートの角に尻をずらせ片脚出しのコーナリングもOK。
そんなことをしなくてもスムーズに曲がるのですが、ついついやってしまっても問題なし。

『 一粒で二度おいしい、グリコ アーモンドキャラメル 』 です。
※このキャッチコピーが分かる方はもう少ないでしょうね。


3.軽いことはいいことだ


以前にも書きましたが、バイクが軽いとコーナーで怖さがありません。

入ったコーナーが思ったより深かった場合、重いバイクなら怖くなってブレーキをかけてしまいます。
しかし、軽いバイクならブレーキをかけずにバイクを押さえ込むことができます。
特に、乗り馴れた片脚出し・リーンアウトではまったく怖さがありません。

150ps や 200ps は峠道で役に立ちません。
軽いことが役に立つのです。
200㎏・300㎏のバイクで、片脚出しのままコーナーを抜けていくことはできません。


RMXの2st・40ps・133㎏に拍手。
もう少し加速が続いたら不滿なし。

FJで走るときには  『 まだコーナーがあるのか‥』
RMXなら 『 もうコーナーは終わりなの?』

『FJより楽しいな!FJ より速いンじゃない?』

今の私にはモタードがベストバイクのようです。
   ★★13      


ネット専門の自転車総合通販サイト  cyma TOP
・人気ブランドからオリジナルまで多くの機種。完全組み立て配送ですぐ乗れる。
・オプションの「安心パック」で修理サービス,ロードサービス,盗難保険と自転車事故賠償保険 →  こちら
ロードバイク,・クロスバイク,・小径車,・折りたたみ,・シティ・ママチャリ,・子供乗せ自転車,・電動・アシスト
・ウエイトトレーニングによる筋肉増強で基礎代謝量が増え静的なエネルギー消費が高まり、成長ホルモン分泌が促進されるが、心肺機能は向上しない。
・心肺機能を向上させると共に積極的に脂肪燃焼を行わせるには有酸素運動(最大心拍数「220-年齢」の 60~80%での運動)が必要。
・膝に障害がある場合の有酸素運動は水泳か自転車。水泳では脚部が鍛えられないので自転車がお勧め。



4.日が暮れない内に帰りましょう


今回のウォーミングアップは無事終了。

ライトが暗いので早めに帰りましょう。



『 えっ? ハイエースに載せていったのですか? 』

そうではありません。



尾鷲で折り返し、道の駅マンボウを過ぎて荷坂峠に。

左回り登坂車線で二台の車を追越し、
続く右回り下り360度コーナーで、右脚を出してRMXを押さえつける。
立ち上がりでワイドオープン。
この緩い坂道を下からフル加速。

ずぶとい 2st サウンドが気持ちよい。

『ビィーィーィーィーィー     ‥‥   』



リアタイヤが、ズズズ~ッ 。


えっ? エンジントラブル?

キックが固まって下りません。

しばらく休めて、プラグ穴からエンジンオイル注入。
キックが下りてピストンが動く。
エンジンをかけると、 『 ガシャ・ガシャ・ガシャ 』 。
もちろん回転は上がりません。

自走不能。


RMXを展望台に残し、『 若い頃にベンリィに乗っていた 』 との10年先輩紳士の車で紀伊長島駅へ。
革パン・革ジャン・ライディングブーツにヘルメット持参。
JRの各駅停車で帰って来ました。


ということで、本日 ( 2月21日 ) ハイエースでの回収となったのです。


このハイエースはバンではなくワゴンです。
3rd シートを外し、2nd シートを斜めにして、RMXのフロントフォークを縮めてやっと搭載。
やはり、ハイルーフ・スーパーロングですね。

これからは峠までバイクを運んで、峠を走りましょう。
峠までの道中が苦になりません。
雨カッパや工具をバイクにくくり付ける必要はありません。
ガソリンやオイルも持っていけます。
帰りに雨が降っても、寒くなっても大丈夫。
帰り道の渋滞も苦になりません。
バイクが故障したら、そのまま待ち帰れます。
いざとなったら車中泊。

そう言えば、KXやCRのときはそれが当たり前でしたね。



4
月より本業が忙しくなります。
もう “ 趣味三昧 ” というわけにはいきません。

今回のトラブルはエンジンですから厄介です。
エンジンをバラして部品交換するより、エンジン換装の方が簡単で安上がりです。
PJ か RM のエンジンを捜しましょう。

少々時間がかかります。

“ RMXモタードもどき ” は デビュー4時間であっけなくリタイヤ。

『 あのぉ‥、混合仕様は 「 エンジン焼き付きトラブル 」 がないのでしょう?』

そうですよネェ~。


そう言えば、新車のCRM250・初期型もエンジンが焼きつきました。
ちょっと、2stに疑いの眼。


向こうに拡がるのは紀伊長島の海。
しばらくRMXに見せることはできません。

 I  will  be  back !


しかし、「これから楽しめる」と思っていた矢先ですからねぇ‥‥。

『まあまあ、RMXが “ 身代わり ” になってくれたのかもしれませんヨ。』

それでもネェ‥  ため息  ‥。


『あのぉ‥、ワタシもいるんですけど‥。』 ( FJ 1200 )


※2019.09追記 : 原因は右クランクベアリングの破損。このあと、エンジンオーバーホール偏にはいります。


つづく




前へ/GP210とホイールのセンター出し   次へ/エンジントラブル検証① エンジン内部状況   目次へ   SPnet番外TOP   SPnet   SPnet2