時計・自動巻き 資料



・2012.09.15. CITIZEN・SEVEN STAR-V2 の歩度調整





オレンジモンスターの歩度調整に気をよくして、気になっていた時計の歩度調整をしています。
自動巻きの内部を触るのは初めての入門者です。
入門者以上の方の参考になるようなことは書いてありません。
使用するのは、びぶ朗 と スターグラフ です。
「歩度調整をやってみようかな?」と思っている方は参考になると思います。
今回は、CITIZEN・SEVEN STAR・V2・24石、同型のOH済みV2も測定しました。


V2-① の状態と調整前歩度グラフ
V2-① の調整の様子
V2-① の第一回調整後の歩度グラフ
V2-① の第一回調整後の歩度と第二回調整後の歩度グラフ
V2-② (OH済み)の歩度グラフ
V2-③ (OH済み)の歩度グラフ


     
1.時計名称など

・CITIZEN・SEVEN STAR・V2・24石
・「 オーバーホール済み 」 ということで入手。
・手巻き可、ハック機能あり。
・リューズを6時下で押して日送り、12時下で押して曜日送り。
  ユニークな日付・曜日早送りです。

・しかし、大幅に遅れるのでそのまま故障ケースへ。
・ガラス傷が多い。ただし、この手のガラス ( 風防 ) は 軽く2000円 オーバー。
  しかも、この風防はムーブメントを外して、ケースの中から交換するもの。
・まずは、まったくお金のかからない歩度調整を。
・現在、文字盤上平置き → 「 -4 分 / 12 時間 」




2.調整前グラフ

a.文字盤上 b.12時下
・半日で4分遅れるのだから下がるのは当然。
・歩度数値は 「 -528 秒/日 」だから半日では4.4分遅れ。平置測定値に近い。
・ 片振りも少なく、きれいな直線。
・こちらもきれいな直線。
・「 オーバーホール済み 」 もあながち‥。


c.6時下 d.9時下
・片振りもこの程度なら許容範囲内。
・「緩急針をヒゲ持ちから離したら、それで終わり」のよう。


        

3.調整


・緩急針が ヒゲ持ち にくっつくほど近づいています。
  これでは、遅れるのは当たり前。
・ムーブメント刻印は「 7790 」


・調整は少々苦労しました。
  ヒゲ持ち を動かすと、緩急針までついて来る。
  緩急針を動かすと、 ヒゲ持ち も動く。

・グラフを見ながら、あれこれやっていたら、『 あっ!直線になった!』
  調整後のヒゲ持ちと緩急針の位置に注意。
・ヒゲ持ち は調整前からほとんど動いていません。
  もともと、片振りが少なかったのだから納得。

・しかし、緩急針が奥へ入りすぎている
  ここから、反時計回りに90度くらい回したところが正位置でしょう
  ヒゲ持ちのある位置です。
  緩急針の反対側に調整目盛りがあるようになっていますからね。

・ヒゲゼンマイが短いのか、純正でないのか。
  これは確かにオリジナルではない。確かに分解整備をしている。

では、どんなグラフになったでしょうか?
   ★★14      


ネット専門の自転車総合通販サイト cyma電動・アシスト自転車
Daytoma DE01X,  Daytoma DE01S,  Daytoma DE01,  Daytoma DE02,  Daytoma DE03
benelli miniFold 16,  benelli miniFold 16 classic,  benelli ZERO N2.0 FAT,  benelli TAGETE CROSS
YAMAHA YPJ-C,  YAMAHA YPJ-R,  YAMAHA PAS CITY-X,  BRIDGESTONE TB1E,  その他いろいろ
「人力のみ、モーターのみで走れる」もの、「24㎞/h以上でモーターが止まらない」ものは
自転車ではなく原動機付き自転車です。必ず確認。 → こちら



4.第一回調整後のグラフ


a. 文字盤上 b.12時下
・『 いきなり、”片振りゼロ ”じゃないですか!』
・偶然そうなっただけです。まずはプラスに合わせます。
・ちょっと上がりすぎました
 ・しかし、片振りゼロです。


c1.6時下

・『 水平線じゃないですか!』

  偶然にこうなっただけです。

・しかし、「直線が波打っている」のが気になります。

・そこで横軸を二倍の120秒、五倍の300秒でグラフを見ます。


c2.6時下/ 120秒グラフ c3.6時下 / 300秒グラフ
・波は現れていません。
・少しだけうねってますが、これくらいは許しましょう。


d.9時下
・これもプラスです。

・a文字盤上,b12時下,d.9時下ともプラスで、c1.6時下だけ水平。
  だから、この調整では「進みすぎ」になるかもしれません。

・日常使用をおこなってから再調整が必要。
  第一回目の調整はここまで。

  ●●     
選任のための法律知識・








5.第二回調整


a.第一回調整後の歩度測定


第一回調整後の歩度測定は、

・三姿勢WM → +34 秒 / 日
・平置き     → +38 秒 / 日


日常使用で測定しようと思いましたが、 『 もう少し追い込んでみよう。』 と欲を出しました。

歩度調整はやりだすときりがありません。どこか、ジグソーパズルと似ています。

集中すると息が止まってしまいます。
そして、とても暗い性格になりそうです。

上の「+34 ~ 38 秒 / 日」を追い込みます。その調整結果です。


b.第二回調整後のグラフ


a.文字盤上
b.12時下
・あまり変わりません。
・第一回長威勢では「直線がピッタリとシ重なっていた」のですが、
  少し離れてしまいました。
・第一回調整よりぐっと追い込みました。
・この程度の片振りは仕方がないでしょう。


c.6時下 d.9時下
・こちらは第一回目より悪くなっています。
・第一回目は “ 見事な水平線 ” でしたから。
・こちらは第一回目より追い込みました。

の姿勢でも「歩度数値 = +30 秒以内 / 日 ”に抑えました。

第一回調整と第二回調整の結果を表にしました。

CITIZEN・SEVEN STAR・V2
調整前 第一回調整後 第二回調整後
文字盤上平置 三姿勢WM 日常使用 文字盤上平置 三姿勢WM 日常使用 文字盤上平置 三姿勢WM 日常使用
-4分/半日 × × +38 秒 / 日 +34 秒 / 日 × +35 秒 / 日 +11 秒 / 半日 +13 秒 / 半日


苦労したわりにはたいして改善していません。
・文字盤上平置きで 「2 秒 / 日」の改善。
・三姿勢WMで 「12 秒 / 日」の改善。

日常使用で「±30 秒 / 日」 をクリアーしているから合格点ですが、このくらいは第一回調整で出たかも知れません。

・0.5×0.8 の Oリングを付けて、モスグリーンの布ベルトに変えました。
  ※裏蓋凸部外径 = 30.8 ㎜


・ガラス傷に布ベルトがよく合っています。
・このV2の調整はこれで一応終わり。

   ●●     
選任のための法律知識・








6.もう一つの「OH済みV2」


・今回調整した V2 と同型の V2 です。

・カットガラスではなく、平面ガラスが付いています。
・オーバーホール済みです。

・メンテのできるコレクターから譲り受けました。
・外出禁止です。

・ソフト巻きの EILUX に引きこもっています。
・EILUX では「+2 秒 / 日」の優等生。

・どんなグラフがでるか試してみました。


 

a.文字盤上 b.12時下
・片振りが少し出ています。
・最初のV2の二回目調整のときと同程度の二重線です。
・「このくらいは問題ないのか」と少し安心しました。
・少し乱れているのは測定ミス。
・ピックアップをタオル四つ折りの上に置いているのですが、
  どこからか振動を拾います。


c.6時下 d.9時下
・全体的に “ マイナス ” に合わせるのが良いのでしょうか。
・だいたい「6時下」は低い値がでるようです。
・優等生の四姿勢での「標準グラフ」が分かりました。


     

7.さらにもう一つの「OH済みV2」


・上のV2と一緒にやって来ました。
  こちらはカットガラスです。

・こちらもオーバーホール済みの優等生。
  外出禁止は同じです。

・EILUX に「緑のV2」と一緒に並んでいます。

・こちらも「EILUXの中」で「+2 秒-α / 日」 です。

・どんなグラフが出るでしょうか?


a 文字盤上 b.12時下
 ・説明は不要です。 ・見事です。


c.6時下 d.9時下
・見事です。 ・乱れは計測ミスでしょう。
・ここまで追い込めば “ +2秒/日 ” が出るのですね。



つづく。




前へ/ TECHNOS 自動巻きの歩度調整   次へ/ RADO・STARRINER-500 の歩度調整   目次へ   SPnet番外TOP   SPnet   SPnet2