spnet保安-店長のための保安のイ・ロ・ハ

店長のための 「保安のイ・ロ・ハ」

目次



前書き - 伝承されたGメンルールを 次の世代へ   

・店長さんは読まないでください。小難しくて腹が立ちます。
・私服保安教育関係者だけ読んでください。

・店長さんは 次の 1 から読んでください。

1. 棚取り現認 ( 着手現認 ) がないと、万引き行為を立証できない   

・棚取り現認は「誤認を防ぐためのもの」だけではない。
・この当たり前のことが知られていない。

2.犯人が商品を捨てたら、それを盗ったことが立証困難  

・犯人が盗った商品を持っているから、目撃証言が役に立つ。
・犯人が盗った商品を手放せば、目撃証言だけでは有罪にできない。
・犯人が商品を捨てたら、捕まえるな。

3.小学生万引きを捕まえると違法逮捕  

・万引き行為の既遂時期、現行犯逮捕の時間制限・距離制限。
・万引き犯人が店外したら正当防衛で商品を取り戻せない。
・小学生万引きを捕まえたら逮捕監禁罪。

4.誤認逮捕をしても犯罪にならないが‥  

・「盗っていなかったの?」 はセーフ、「捕まえてはいけなかったの?」 はアウト。
・事実の錯誤と法律の錯誤
・小難しい違法性阻却事由の錯誤

5.のぞき ・ 盗撮犯 を現行犯逮捕するには‥    

・迷惑防止条例の禁止する のぞき ・ 盗撮
・現行犯逮捕の難しさ

6.私服保安導入の前に知っておいてほしいこと  

・私服保安導入を決めたらこれだけは承知しておいてください。




※関連記事

新商品「常習万引を捕まえるプラン」開始

・SPnetの私服保安  

・万引き検挙実例①

万引き検挙実例②

・万引き検挙実例③ 
 
誤認するGメン と 捕まえないGメン 

・やっぱり私服保安だけど-防犯タグ・制服保安・私服保安の問題点  

top