SPnet 近況



2011.10.03  FJ 1200 整備初級編  オイルエレメント交換・エァクリーナー点検



1. オイルエレメント交換


排気量1200は軽自動車の二倍弱です。
オイルエレメントがあるのは当然ですね。

a. 交換時期と場所

エレメントのメーカー指定交換時期は、

エレメント
交換時期
初回交換 2回目交換 3回目交換 以降
1カ月点検or1000㎞ 12000㎞ 24000㎞ 12000㎞毎

なお、

オイル
交換時期
初回交換 2回目交換 3回目交換 以降
1カ月点検or1000㎞ 6000㎞ 12000㎞ 6000㎞毎



オイルエレメントはここにあります。

Aがオイルクリーナーカバー。
ここにエレメントが入っています。

Bはユニオンボルト、Cはオイルクリーナードレンボルト。


b.取外し

・暖気運転後、エンジンオイルを抜く。

・オイルクリーナードレンボルト( C )を外す。
↓※オイルクリーナー内のオイルが抜けるので注意
・ユニオンボルト( B)を外す。

・オイルクリーナーカバー( A )を外す。
  ※エレメント一式が一緒に外れます。Aはカバーというよりケースです。

これが全部品です。



22000㎞走行ですからエレメントは相当汚れています。

Oリングはすべて交換します。

右端 オイルエレメント 36Y-13441-00 1092円
左端 Oリング(26H) 93210-16629 89円
中央 Oリング(1KF) 93210-87723 305円

c.取り付け時の留意点

①オイルクリーナーカバーの凸部とクランクケースの凹部を合わせる


写真右上にあるのがクランクケースの凹部です。

クリーナーカバーをはめて「カタカタ」を感じればOK。

②付近の配線を噛み込ませない。

注意してくださいね。

③締めつけトルクに注意

クランクケースもクリーナーカバーもアルミです。
締めつけトルクが大きいと変形してしまいます。

ユニオンボルトの締めつけトルクは、たったの 1.5kg・m 。

わざわざクリーナーカバーに「1.5kg・m」と刻印されています。



必ずトルクレンチを使ってください。

ドレンボルトの締めつけトルクはマニュアルに書いてありません。
1.0kg・m以下でしょう。
   
d.オイル注入

ガスケットは新品にしましょう。
今回はドレーンプラグも交換しました。

ドレーンプラグ 3VD-13455-00(※90340-14132) 79円
交換 ドレーンプラグ・ガスケット 214-11198-01 126円



ガスケットの表と裏は異なります。
どちらが表でどちらが裏か分かりません。

「潰れやすい方がクランクケースに当たるのだろう」と考え、写真中央の面をクランクケース側にしました。

なお、ドレーンプラグは元々の形から変わっていました。



左が元々のドレーンプラグです。

プラグに「プラスネジ」がはまっています。
これはどんな役割をするのでしょうか?
外そうとしましたが外れませんので、役割不明です。

オイル注入量

注入量 通常交換時 3000㏄
エレメント交換時 3350㏄
エンジンオーバーホール時 4200㏄
推奨オイル ヤマハ4サイクルオイルエフェロG、Z

入れたオイルは、ホームセンターの4リットル・2000円弱のものです。

なお、マニュアルによるとSAEの意味は次の通りです。

SAE10W-30→外気温度 -22℃~+50℃
SAE20W-40→外気温度 -12℃~+52℃
SAE10W-50→外気温度 -22℃~+60℃

酷寒や熱帯地でない限り、一般的なSAE10W-30で良いのですね。

3350㏄+αを注入。
暖気運転後のオイルレベルは、


少々高めですが、オイルエレメントにオイルが充分染み込めば適正レベルになるでしょう。

ドレーンボルト締めつけトルクは 4.3 kg・mです。


2.エァクリーナー点検


エァクリーナーはここにあります。

カバーは三個のネジで留められています。
ネジ位置は、先端、中央上、中央下です。


このままエレメントを引っ張っても取れません。
エレメントは左右下側にある二個の留め具( リテーナー )で落ちないようになっています。
リテーナーは手前に引っ張れば外れます。

エァクリーナーの全部品です。


写真右側下の二個の部品がリテーナーです。


エレメントは乾式。
乾式エレメントはCB93 以来です。

余り汚れていません。
掃除機で表面を吸い取って清掃終わり。

後は、組み付ければ終了。


組み付け時に回りの配線を噛み込まないように注意。



2015.11.11 追記  4年たって二回目のオイル交換  ★単なる整備メモです。目新しいことは何も書いてありません。


上で第一回のオイル交換をしたのが、2011.10、走行距離は22000㎞。

なんと、4年後の第二回オイル交換です。

しかし、現在の走行距離は26927㎞。第一回オイル交換から5000㎞も走っていません。

6000㎞毎交換指定だから、走行距離では問題なし。

しかし、四回の夏冬を経験していますからオイルは劣化しているでしょう。

最近、FJをアップハンドルにしてから、FJによく乗るようになりました。

よく乗れば、メンテナンスが気になります。

今回はオイル交換とブレーキパッド交換をしました。


a.オイル交換


やはり、オイルは真っ黒です。

さすがに3リットルもあると、小さい洗面器ではあふれてしまいます。

オイルはホームセンターで1200円前後の 10W-30  SL/CF

SLはAPI規格・ガソリンエンジンで、12ランクの上から三番目だから充分でしょう。→→→オイル規格について 
※CFはディーゼルエンジンで、7ランクの上から二番目です。

NSRやRMXのギヤオイルにも使いますので、同じ銘柄のオイルにすることにしました。


上で疑問だったガスケットの裏表です。

 写真の左側が未使用ガスケット、右側が使用済みガスケット。

 山のある側(出っ張っている側)がクランクケースに当たる側です。

 写真右側のように外側の山が完全に潰れて平坦面になります。

 一個126円で、汎用の銅製ガスケットと比べて値段が高くないので、
 この純正ガスケットを使った方がよいでしょう。


 ドレンボルト締め付けトルクは4.3㎏・mでそれほど強くありません。
 トルクレンチがプリセットでない場合は、合わせ鏡が必要です。



b.人並みに「やっと赤パッド」


 今までは「ブレーキパッドなど安い方が良い」。

 しかし、チョット頑張って走るようになると、ブレーキの効きが気になります。

 特に下りコーナーではリヤブレーキをかけながら曲がる場合があるので、
 やっと人並みに赤バッドにしました。

 効き具合については安物パッドとの違いがはっきりしません。


 なお、値段はWebikeで税込み2678円です。

 近くの「新装オープン」のバイク用品店では定価の4000円で売っていました。
 この店を利用する気になれませんネ。

 ※FJ1200・デイトナ赤パッド:F/79810  R/79807
 ※FJ1200・ヤマシダ:F/B-482SX  R/B-429SX
 ※FJ1200・NTB:F/YA236(適合確認必要)  R/A6-008YN



c.キャリパシム


 今回はキャリパシムも注文しました。

 要するにパッドのカバーです。

 25827が内側、25828が外側です。

 値段はどちらも税込み680円。


 こちらがRMX-SJ13のキャリパシムです。

 内側が石綿様、外側が金属の二枚一組。
 パッドを完全にカバーして、キャリパピストンがパッドに直接当たらないようにしています。

 なお、このシムは廃盤で入手できません。


 しかし、FJのシムはパッドの一部しかカバーしていません。

 これだとキャリパピストンの半分しか当たらないことになりますが、問題ないのでしょうか?

 純正部品だから何らかの理由があるのでしょう。

 あなたのFJ、パッドにシムを付けていますか?
 付けていないと……。

 まあ、廃盤になる前に入手して付けておくことをお勧めします。

 



d.パッドスプリングの向き

 どちらにでも付くから迷います。

 フロントもリヤも切欠きの深い方が前です。

 根拠はマニュアル P6-14の説明と P6-13のパーツ構成図。


 なお、リテーナピンに差し込んである頭の曲がったグリップ(3HE-25925-00) は一本302円です。

 フロントのピンは頭が曲がっていませんが、こちらは曲がっています。
 
 あまりにも高いので、新品を入手せずそのまま使いました。

 汎用クリップの頭を曲げたら使えるかもしれませんネ。


 キャリパ取り付けポルトの締め付けトルクは3.5㎏・m。
 それほど強くありませんので締めすぎに注意。






つづく。

2011.03.23  FJカウル修復・取付完了

2011.05.08 FJその後_1

2011.05.24 FJその後2-キャブレター同調

2011.08.24 FJ ユーザー車検に向けて  その①

2011.08.31 FJ ユーザー車検に向けて  その②  あともう少し

2011.09.02 FJ ユーザー車検に向けて  その③  エア抜きに半日

2011.09.08 FJ ユーザー車検終了

2011.09.25  FJ フロントフォーク・オイルシール交換  その①  準備

2011.09.29  FJ フロントフォーク・オイルシール交換  その② 終了-自作専用工具改良も

2011.10.03  FJ 1200 整備初級編  オイルエレメント交換・エァクリーナー点検

2011.10.03  FJ 1200 整備初級編  リヤショック調整・バッテリーケース下のゴムマット寸法

2011.10.08  FJ に“驚くほど高い”チェーンスライダーを取り付ける

2011.10.15  FJ 1200 整備初級編  いつまでたっても上達しないエァ抜き-フロントブレーキオイル交換

2011.10.19  FJ 1200 整備初級編--「油圧クラッチ・プッシュレバーcomp シール交換」と「気泡吸い出し法によるエァ抜

2011.11.07  FJ 1200 整備初級編--チェーン“そのまま交換”  その 1

2011.11.12  FJ 1200 整備初級編-とても簡単だった“プッシュロッドのオイルシール交換”

2011.11.16  FJ 1200 整備初級編-チェーンそのまま交換  その②-組み付け

2011.12.15  FJ と革ジャケットの関係

2012.11.06 再度の左フロントフォークオイルシール交換  ・  フロントフォークオイルシール交換手順最新版 ( 印刷用 )

2013.08.24 カウル取り外し手順をもう一度

2013.09.05 FJ二回目のユーザー車検終了

2014.01.14 FJ 燃料ポンプコントロールリレーの交換

2014.03.01 FJキャブレター清掃・組み付け/その 1 - 安い市販Oリングを使う

2014.03.08  FJ キャブレター清掃・組み付け/その 2 - 初心者でもよく分かるキャブレター同調



目次にもどる
    top    万引きGメン実戦教本