RMX・SJ13 クラッチ組み立て,シフトカムギヤ取り付け、キックスタータ取り付け時の注意

RMX ・ SJ-13A 整備資料





2014.09.15   SJ13クランクケース組立時の注意-クラッチ、シフトカムギヤ、キックスタータ他


ここではクランクケースを組み立てるときに気づいたことや失敗したことをメモしておきます。

     

1.クラッチ組立時の注意


a.クラッチデスクは何枚?



まず、クラッチの動きのまとめです

a が コルクの貼ってあるクラッチドライブプレート、b がアルミ製のクラッチドリブンプレート。

a は プライマリードリブンギヤ( クラッチアウター ) にはまり、エンジンからの回転が入力される。

b は クラッチスリーブハブ ( クラッチセンター ) にはまり、その回転をカウンターシャフトに出力する。

a と b は 6本のクラッチスプリング( f ) を介して、クラッチプレッシャプレート( g) に押し付けられている。

エンジンの回転力は
プライマリードリブンギヤ ( クラッチアウター )  → ドライブプレート→ドリブンプレート→クラッチスリーブハブ ( クラッチセンター )
→カウンターシャフト→トランスミッション→ドライブギヤ と伝わっていく。 


クラッチレリーズ ( h ) はプレッシャプレート ( g ) を外側へ引っ張るようになっている。

レリーズによってプレッシャプレートガ外側へ引っ張られると、
押し縮められていたバネ ( f ) が伸びて、ドライブプレートとドリブンプレートの押し付けが緩み、エンジン側とトランスミッション側の力伝達が切断される。


ドライブプレートは 7枚+1枚


ドライブプレート ( a ) の名前を確認するためにパーツリストを見ると…、

ドライブプレート( a ) の必要数が 7枚。

おかしいですねぇ、

ドライブプレートはドリブンプレートより一枚多いから、ドリブンプレートが 7枚ならドライブプレートは 8枚のはず。

外したドライブプレートも 8枚ありますヨ…。

外したプレートをよく見ると、巾の狭いプレートが一枚ある。( 上の写真で c ) 。

・左側の巾の広いプレートが 7枚、
 右側の巾の狭いプレートが 1枚。
・それぞれ刻印が違います。 ・こちらのグループは刻印の区別なし。
・巾の広い方の突起には切欠き、巾の狭い方には切欠きなし。


パーツリストでは
 a / 21441-07A02 / クラッチドライブプレート
 c / 21441-16710 / クラッチドライブプレートT:3

つまり、SJ13のドライブプレートは a ×7 + c ×1 の 合計 8枚。

この巾の狭いドライブプレートは 次ぎに述べるジャダースプリング ( d )  に対応しているプレートです。

レーサーにばジャダースプリングがありませんから、このような狭い巾のプレートはありません。

PJ 12 では、a ×8 と b×7 になっています。
 ※a と b は SJ13 と 同じ。

尾鷲峠でエンジントラブルを起こした RMX ① ( レース仕様 ) は
ジャダースプリング ( d )  とスプリングシート ( e ) を外して、 a×8 +b×7 になっていました。

20年前、2サイクル・CR125 をさわっていた私には一つ知識が増えました。


b.ジャダースプリングの働きと取付方向


上でふれたように、これもレーサーにはありません。

最初の写真で、d が ジャダースプリング ( ウエーブワッシャ ) 、e が ウエーブワッシャシート です。

d は 凹形に反っています。
e は 平らです。

このウエーブワッシャ ( ジャダースプリング ) は「  ドライブプレートとドリブンプレートが急激につながるのを和らげるもの 」 だとか。

そして 「 急激な動力伝達による部品の損傷や伝達ロス ( ジャダー現象 ) を防いでいる 」 とか。
※ジャダー / judder / (機械などが) 激しく振動する


ウエーブワッシャは 上に反っている方 ( 凹面 ) を 外側 ( プレッシャプレート側・プレートを入れる場合なら上側 ) にして組みます

多分、この“反り” が クラッチプレートの圧着と切り離しの力を少し吸収しているのでしょう。

クラッチをつなげる場合は、
クラッチレバーを放す ( クラッチをつなげる ) → クラッチスプリングの力でドライブプレートとドリブンプレートが上から押し付けられる
→ この上から押し付ける力をウエーブワッシャが少し吸収する → 力が吸収された分だけ穏やかにクラッチがつながる。

クラッチを切る場合は、
クラッチレバーを握る ( クラッチを切る ) → 縮んでいたクラッチスプリングが伸ばされてドライブプレートとドリブンプレートの圧着力が弱まる
( スプリングの上からの押し付け力が弱まる ) → ウエーブワッシャが下からプレートを押し上げてプレートの圧着力を少しプラスする。
→ プレートの圧着力がプラスされた分だけ穏やかにクラッチが切れる。

ウエーブワッシャはドライブプレートとドリブンプレートが押し付けられたり離されたりするときにダンパーの働きをしている。

素人考えですがこんなところでしょう。


入れる順番

下から ( 内側・トランスミッション側 ) から、

 ・e ( ウエーブワッシャシート )

 ・d ( ウエーブワッシャ/凹面上)

 ・c ( 巾の狭いドライブプレート )

 ・b ( ドリブンプレート ) 

 ・a ( ドライブプレート ) 

 ・……

 ・ a ( ドライブプレート )


c.ドライブレート と ドリブンプレート の裏表


ドライブプレート ( a )  は裏表なし。

ドリブンプレート ( b ) は裏表あり。

角に丸みのある方が 表、角が立っている方が裏。

指の腹で触れば分かります。エッジが立っている方が裏です。

裏面を内側 ( トランスミッション側 )、表面を外側 ( プレッシャープレート側 ) にして組みます。


このような説明が多く見られます。

しかし、表面を内側にして裏面を外側にしても構わないでしょう。

この 丸みとエッジはプレス等の作業工程で生じたもので、わざわざ片方だけを面取りしもう一方の角を立てたものでばないでしょう。

大切なのは同じ方向に組むこと。

ドリブンプレートの角に丸みがある方と角が立っている方では、ドライブプレートに対する摩擦力・磨耗力が違います。

ドライブプレートは一番上と一番下のプレートを除き、ドリブンプレートに挟まれます。

ドリブンプレートの向きが同じなら、ドライププレートはみな同じように磨耗しますが、
ドリブンプレートの向きがバラバラだと、各ドライブレーとの磨耗にばらつきが出ます。
ドライブプレートの磨耗にばらつきが出れば圧着力にばらつきが出て、全体としてスムーズな圧着・切り離しが阻害されるのでしょう。

あっ!これも素人考えですから鵜呑みにしないでくださいネ。


今回は、常識的に 「 表面を外側、裏面を内側 」 で組みました。

そして、一枚一枚 指で触って、エッジの感触を楽しみました。

深夜の独り部屋。
照明を消してろうそくをつける。
部屋の窓ガラスに映った上半身を見て筋力トレーニングをする。

どこか似ていません?


どちらのプレートもギヤオイルを塗って組むのをお忘れなく。

少量で充分です。( CR125 サービスマニュアル )
オイル漬けにする必要はありません。物

このオイルの働きについての分かりやすい説明は →→→ こちら


d.ドライブプレートの切欠きは何のため?


ドライブプレートに三カ所・120度ごとに切欠きがあります。

この切欠きは製造過程で生じたものではありません。

わざわざ付けたものだから何か役割があるはずです。

どう組むのが正しいのでしょうか?

・直感的には 「 切欠きが揃うように組む 」 でしょうね。

・しかし、その根拠は?

・CR を触っていたころに、何かのメンテ本に
 「ドライブプレートは 30度ずらせて組むこと 」 と書いてありました。

・試しに切欠きを30度づつずらせて組みました。

・やはり、切欠きが揃っている方が正解っぽいですね。

・この切欠きの役割と正確な組み方は宿題です。


・これは レース仕様のRMX①から取り外したドライブプレートです。

・ジャダースプリングや巾の狭いドライブプレートをなくし、
 同じ巾のドライブプレート 8枚の構成です。

・このドライブプレートには 120度ごとの切欠きがありません。
 なぜでしょう?
 切欠きはジャダースプリングのように
 一般ユーザーの使い勝手をよくするための者なのでしょうか?


・この 8枚のプレートに三種類の刻印。
 07A-FP8×5枚,FP4×1枚,FP3×2枚。

・この刻印はなに? 組み方があるの?
 もう一つ宿題が増えました。


※ドライブプレート厚:使用限度 2.5㎜

e.ロックワッシャをどう曲げる?


ちょっと戸惑います。

・マイナスドライバーでめくる。
 クラッチインナー ( クラッチハブ ) がじゃまでドライバーを差し込めません。

・ちいさなくぎ抜きを打ち込んでめくる。
 わざわざそのために小さなくぎ抜きを買いますか?

・ウォーターポンププライヤーではさめば簡単にできます。


・このロックワッシャは常備パーツです。
 クランクシャフト右のオイルシールは
 ケースを分割しないでも外側から交換できますが、
 クラッチアウター ( ドリブンギヤ ) を外さなくてはなりません。
 当然、新しいロックワッシャが必要になります。

・クラッチデスク交換だけならロックワッシャは不要です。



f.クラッチスプリングの締め方


ありふれたコツです。

・スプリングボルトを食いつかせるときに
 ソケットを当てて上から押し込んではいけません。
 バネの力に逆らって押し込むと斜めに入り、ハブの雌ネジを痛めます。

・左手の親指と人指し指をワッシャに当ててバネを押さえ、
 ボルトを自由にしてからソケットを当てて雌ネジに食いつかせます。


・ボルトに番号をつける。
・六本のボルトを対角に均等に行き止まりまで締める。
・仕上げに、行き止まりから 90~100㎏・㎝で締める。
・仕上げのトルク締めは一気に 90~100㎏・㎝で一度だけ。
・確認のために再度トルク締めをすると締めすぎる。


クラッチハブの空回り

クラッチのボルト締めをするときは、ドリブンギヤ ( クラッチインナー ) が 空回りしないようにドライブギヤにウエスを噛ませています。

しかし、仕上げのスプリングボルト締めで、プレッシャプレート ( それにボルト留めされているクラッチハブ ) が空回りすることがあります。

ドリブンギヤは空回りしないのに、プレッシャープレート/クラッチハブが空回りしてスプリングボルトが締められない状態です。

・スプリングボルトをを締めれば、
 クラッチデスク ( ドライブプレートとドリブンプレート ) は圧着され、
 クラッチハブ( インナー ) と ドリブンギヤ ( アウター ) は固定されます。

・つまりクラッチがつながった状態になるので、
 クラッチハブが空回りすることはありません。

・空回りの原因は、プレッシャープレートの突起が
 クラッチハブの突起とうまく噛み合っていないからです。
・プレッシャープレートガうまく噛み合っていないと
 デスクを均等に押し付けることができず
 クラッチデスク同士が滑るのです。

・スプリングボルト締めでハブが空回りしたときは、
 ボルトを外してプレッシャープレートをハブの上に乗せ、
 円周方向に動かして 「カタン 」とはめ込みましょう。 

※スプリング長 : 使用限度 46.2㎜


g.クラッチの互換性 - SJ13 N型,SJ13 R・S型,SJ14


・クラッチスリーブハブは共通→部品番号 21410-28C01

・プレッシャーデスクも共通→部品番号 21462-26C00

・プライマリードリブンギヤとベアリングが異なる

SJ13 N型/21200-28C32、09263-29007 ( 29×34×22 )
SJ13 R・S型,SJ14/21200-28C51、09263-29006 ( 29×34×21.8 )
※ドリブンギヤとベアリングをセットで使えば互換性ありそう。

・ベアリングスペーサ、ワッシャ、ロックワッシャ、ナット、バネ、レリーズは共通

・ドライブデスクは 共通 ※但し SJ13 N型,SJ13 R・S型,SJ14 T型

・ドリブンデスクは異なる→SJ13/21451-28C30 ( T:1.6)、SJ14/21451-28C31 ( T:1.6 ) ※互換性ありそう

・ウェーブワッシャ,ウェーブワッシャシートは共通

・ウェーブワッシャの上にくるドライブデスクは異なる→SJ13/21441-16710 ( T:3 )、  SJ14/21441-16711 ※互換性ありそう


     

2.シフトカムギヤの取付手順


クランクケース組立手順の、クランクケースを結合した後の段階です。

ここまでの組立手順は→→→こちら

・つまり、、
  トランスミッションを左クランクケースに組みこむ。
 右クランクケースにクランクシャフトを引き込む。
 左右のクランクケースを結合。

・今から、クラッチやキックスタータなど
 クランク右側室を組み立てる段階です。

・シフトカムはすでに向こう側(左側)からベアリングに差し込まれています。


a.先にストッパを取り付ける

・まず シフトカムストッパを取り付けます。
・サービスマニュアルの手順と異なりますが、先に取り付けた方が楽です。
・ストッパが自由に動くか確認。
 取付ボルトをどれだけ強く締めてもストッパは動きます。
・シフトカムストッパプレートでストッパを押し戻すようにして、
 シフトカムと接合します。

・ストッパを先に取り付けておかないと、この作業がやりにくいのです。
・シフトカムドリブンギヤピンでプレートとシフトカムを結合。

・このピンを取り付けるのにディープソケットが必要です。


     
b.ドリブンギヤピンを締めるためのディープソケット

・このピンには二種類があります。
・①は レース仕様の RMX①に付いていたもの。
 ②は SJ 13 ・ SJ 14 の純正です。
・①はヘキサ穴が空いています。
・②はディープソケット対応になっています。
・①はヘキサレンチで締められます。
・②はディーソケットが必要です。
・ディープソケットA は TONE-4D-12L、ホームセンターで 1124円。
・ディープソケットBは モノタロウの 六角穴-12M で 279円。


・ピン②には 12M のボルト頭がが 22㎜奥まって付いています。
・TONE も モノタロウ も 22㎜は簡単にクリアー。
 
・しかし、TONE は 噛み合い部分が浅く、
 ボルトシャフトを突っ込む穴が 10㎜Φ。
・ピンのシャフトも 10㎜Φ。
・当然、ピンのシャフトは TONE のシャフト穴に入りません。
・だから、TONE は ソケットがボルト頭部分まで届きません。
・モロタロウの方は 噛み合い部分が長いので簡単に届きます。
・TONE の方は高価な分だけ手が込んでいる。それがアダになりました。
・なお、このピンにはネジロック必要です。

もちろん、これは TONE のディープソケットが悪いわけではありません。
ピンが 10㎜Φであることが問題なのです。

しかし、このピンに関しては 1124円の TONEば使えません。279円のモノタロウを使いましょう。

ホームセンターで購入する場合は、このピンを持っていって実際にディープソケットが届くかどうか確認しましょう。

そもそも、なぜ整備性のよいヘキサ頭のピンでばないのでしょうか?
強度や耐久性の問題でしょうか?

となると、ヘキサ頭のピンは RM の部品なのかもしれません。
※PJ のピンは SJ と部品番号が同じだから、ヘキサ頭ではありません。

     

c.シフトカムドリブンギヤの取付


シフトカムドリブンギヤを組み立てたあとの手順です。

シフトカムドリブンギヤの組み立てについては→→→こちら

左側がシフトカムドリブンギヤ、右側がギヤシフトボールリフタ。

ギヤにリフタをはめてから、シフトカムストッパプレートのピンにはめる。そして、リフタをケースにネジ留めする。

まずは、ギヤとリフタをはめることから。

これが、知恵の輪。

やり方の一例。

①左手の親指と中指の爪でギヤのプレート ( ) を下からつまんで押さえる。
②右手でリフタを持つ。
③リフタ A部分を ギヤB部分の下に当てて、時計方向に回してはめる。
④リフタがギヤにはまったら、右手の親指と人指し指の爪で上からギヤのプレート部( ○ ) をつまむ。( 下の写真 )
⑤ギヤのプレート部をつまんだまま、ストッパプレートのピンにはめる。
⑥リフタを皿ネジでケースに留める ( ネジロック必要)


・リフタを留める皿ネジは純正が M6×12 と M6×30 ( 写真の下側 )。
 これを汎用の M6×15 と M6×30 のステンレスに換えておきましょう。10円~15円です。

・ついでに、ベアリング押さえの なべネジ M6×10、
 アクチュエータを取り付ける皿ネジ M5×10 もついでに入手しましょう。

・これらのネジについてもネジロック処理です。

・なお、皿ネジの全長は皿の上部からの長さです。



    
3.キックスタータ取付時の注意


a.ポンチマークを合わせる


サービスマニュアルに書いてあれば誰でも注意します。

老眼でポンチマークが見つけられない人のために。

・この部品の名前はキックスタータ。
・キックスタータのポンチマークはここです。
・もう一つのポンチマークはキックスタータシャフトにあります。
・ギヤ(キックスタータドライブギヤ ) はサークリップで留まっています。
 分解する必要はありません。
・こうなればOKです。



b.キックスタータの出っ張りをスタータストッパに当ててスプリングにテンションをかけてセットする。


・あとはスプリングとワッシャを入れて。 ・この穴にセットするだけ。
・金具(キックスタータガイド,キックスタータストッパ ) はそのまま
 スタータの突起がスタータストッパに当たると、
 シャフトのスプリング穴は11時位置。
 スプリングの腕は10時位置。
 ここから、スプリングの腕を右に回して、2時位置の穴にセットする。


スタータの突起がストッパに当たっていない状態で、スプリングに何のテンションもかけないでセットするとキックが戻りません。

それだけでなく、キック作動でピストンを動かすことができません。ピストンが途中で止まってしまいます。


この失敗に気づいたのは、クランクケースを組み上げてピストンとシリンダーを組んだ後です。

ピストンの動きを確認するためにキックアームを動かして、ピストンが途中で止まって  『 ?、?、? 』

もう一度、クランクケースカバーを外さなければなりませんでした。


※この部分の記述は「RMXベアリング交換中の青森の読者サン」の質問で2015.11.12に改定しました。

  記述はこの読者さんの表現を使わせてもらっています。

 改定前は「スプリングを右に一回りさせる」と説明していました。

それは次のような状況からのものだったのでしょう。、
・キックギヤを組むときに、スタータの突起がストッパに当たっていなかった。
・ストッパに当たっていない状態(スプリングに何のテンションもかかっていない状態)でスプリングの腕を2時位置の穴にセットした。
・クランクケースを組み上げたあと、キックアームを動かして「キックが戻らないこと、ピストンが途中で止まってしまうこと」に気づいた。
・スプリングを右に一回りさせ(スタータの突起がストッパに当たり)、10時位置からスプリングにテンションがかかり2時位置の穴にセットした。

スタータの突起がストッパに当たっていれば、誰でも「10時位置のスプリングの腕を右に回して2時位置の穴にセットする」でしょう。
そして、何の問題も起きません。

私は突起をストッパに当てなかったために、「スプリングを右に一回りさせなければならない」というコツを見つけたと錯覚したようです。




4.思わぬ所に落とし穴


これは 「 当たり前でない 」 ことです。

しかし、こんなことも起こります。

確認しさえすれば防げます。

 RMX③のエンジン組み立て時のことです。

 キックスタータのリターンバネでケースカバーを開け、排気バルブのスラストニードルベアリングの方向でまたケースカバーを開ける。

 さあ、エンジンをフレームに載せましょう。

 フレームへのマウントボルトはシリンダーヘッドが一カ所、クランクケースが二カ所。

 クランクケース前部取付部にボルトを入れると途中で引っかかる。

 『 ケース結合がわずかにずれたのかな?』 とボルトをコンコン。

 『えっ? 何かが詰まっている!』

 そうです、クランクケースを接合する、ノックピンがこの穴に入っているのです。


 a がノックピンを入れる穴です。
 b はマウントボルトが通る穴です。

 ノックピンは外径が 9㎜Φ、クランクケースの他のボルト穴には入れられないけれどこの穴には入ってしまうのです。

 そして、b は 通り穴。
 ノックピンは a 穴に入ったときのように頭を出すことはありません。

 b穴に入ったノックピンは アッカンベェ~をして身を潜めているのです。

 『なんで、そんな穴にノックピンを入れたの?』

 なぜでしょうかねぇ。試しに入れてみたのでしょうね。

 対策は一つ。
 クランクケースを結合する前に、この穴にノックピンが入ってことを確認すること。


まさか、もう一度クランクケースを分割することはしません。

なんとか、このピンを押し出せばいいのです。

しかし、ピンはステンレスで穴はアルミ。

ピンが入っていることに気づくまでに、取付ボルトでゴンゴン叩いてピンを穴に食いつかせてしまった。

もう、ドリルでピンを削るしかありません。
アルミの取付穴が拡がるのは覚悟の上です。

 cが出てきたピンの残骸です。

 dは純正の取付ボルトです。頭がゆがむほど叩いてもピンを押し出すことができませんでした。

 このボルトについては寸法ピッタリの汎用ボルト e がありました。
 e:ステン M8 六角中ボルト P1.25 M8×110㎜ @143円。
 f :ステン M8 フランジ @ 58円


 g は 純正のスイングアームピボットシャフトのワッシャです。
 g:外径 30㎜Φ×内径 17㎜Φ×厚 2.5㎜。
 ※ピボットシャフト径 17㎜Φ、シャフトが納まる穴径 37㎜Φ。

 h は M16ワッシャ。外径 32㎜Φ×内径 17㎜Φ×厚 2.5㎜ @ 13円。
 使えます。
 


つづく

2011.02.26  久しぶりにオートバイのエンジンをかけました。

2011.05.28 RMXその後-1

2011.07.01  RMXこの後-公道復活作戦開始

2011.07.09 RMX公道復帰のために-その①

2011.07.14 RMX公道復帰のために-その②

2011.07.20 RMX公道復帰のために-その③

2011.07.25 RMX公道復帰のために-その④  RMX走る

2011.08.05 RMX公道復帰のために-その⑤  完了

2011.08.12  RMXのダートデビューに向けて-その①

2011.08.17  RMXのダートデビューに向けて-その②

2011.09.18  RMXに一個100円の中古部品を三個取り付ける

2011.12.10  RMX 初めての峠

2011.12.21  RMX 高回転不調対策  ①電子部品の抵抗値測定

2011.12.26  RMX 高回転不調対策  ②メインジェットの変更

2012.01.01  RMX キャブレター調整入門  ①プラグ状態判定法

2012.01.04  RMX キャブレター調整入門  ②プラグ状態判定法追加 ・ エァスクリュー調整

2012.01.18  RMX キャブレター調整入門  ③再度のスロー調整 と スポーク交換も

2012.02.18  RMX が “ なで肩 ” に - 素人がやるホイールのセンター出し

2012.02.20   “ RMX + IRC-GP 210 ” 峠でウォーミングアップ

2012.03.08   RMX エンジントラブル検証・エンジン内部状況

2013.01.04  エンジン移植用 RMX 入手てんまつ

2013.02.16  RMX この頃 - 新品ピストンを組む

2013.03.02 RMX 最後の試行 - クランクケース②を組む

2013.03.18 分離給油・RMX 発進

2014.05.01  スロージェット取外しにエキストラクターを使ってみたが…

2014.05.25   SJ13 中古エンジン検証 ・前編 /スタッドボルトの交換

2014.05.31  SJ13 中古エンジン検証 ・後編 / エンジン始動

SJ13 クランクケースの分解と組み立て(小目次)



目次にもどる
    top    万引きGメン実戦教本