SPnet  開業編

2011.03.29 ワッペンを作ろう

警備業とワッペン

警備業をやるためにはいろいろな装備品が必要です。
施設警備なら、制服・制帽、キーケース、警棒、無線機、ハンドライト、刻時計など。
交通誘導なら、さらに防寒服、雨カッパ、発光ベスト、誘導灯、ヘルメット、アポロキャップ、安全靴など。
装備品がいらないのは私服保安だけです。
これらはすべて大手の制服屋サンで調達できます。

装備品の中で一番重要なのがワッペンです。
私服保安とはボディガード以外の警備員は、胸と上腕部に各一枚ワッペンをつけています。
正式には「標章」といいます。

警備員のワッペンは本来「警察官等と警備員を区別するためのもの」ですが、
警備員の会社への帰属意識を高め警備員全体の統制を図るために非常に役立ちます。
また、会社の宣伝にもなります。

ワッペンは警備会社の顔であり、創業の精神を現すものなのです。

地方都市の講習会に行くと、いろいろなワッペンを目にします。
きらびやかなもの、粗末なもの、図柄が他の警備会社と同じで名前だけが違うものもあります。

ワッペンも大手制服屋さんが手配してくれます。
しかし、種類が少なく「自分の色」にピッタリなものはありません。
もちろん、オリジナルのデザインもしてくれますが、それが専門ではないので割高となります。

資金力のないSPnetとしては「安価を期待して」、ネットで調べたワッペン屋さんに見積依頼をしました。

イメージを決める

まず、ワッペンのイメージを決めなければなりません。
形・図柄・色を決めます。

形は盾・かぶら・楕円・円・丸い三角形など。
外国の警察や軍隊で使われているのが盾型です。

形を選ぶ時に注意しなければならないのは「60平方p以上」という警察庁の指導です。
尖った形を選ぶと全体に大きなワッペンにしなければなりません。
たとえば、円なら直径8.7p以上でないと「60平方p」をクリアーできません。
正三角形なら一辺が11.7p以上となります。
ワッペンの見た目が大きいとどこか滑稽ですネ。

また、「上腕部だけでなく胸にもつける」ことも考えなければなりません。
盾型は腕につけてさまになりますが、これを胸にもつけるとヘンテコリンです。

図柄は龍・獅子・鷲・鷹・フクロウ・鳩・翼・剣・鍵など。
「安心と安全をどのように護るか」を表現しなければなりません。

色は制服とマッチしていなければなりません。
企業カラーが使われます。

SPnetのワッペンは「上腕部が盾型・胸部が長方形」としました。
また、上腕部ワッペンを印象づけるため胸部ワッペンは図柄なしにしました。
図柄は獅子。
色はオーソドックスな濃紺ベースにエンジ。

これがイメージです。

字体を決める

字体は標準字体を使えば安くなります。
標準字体といっても100種類くらいありますのでご心配なく。
上のイメージの字体は「Beilevue DReg」。
これは標準字体ではありません。
標準字体の中からよく似た字体を捜しました。

ここで、注意しなければならないのは文字を実際に配置してみること。
標準字体の中から気に入ったものを切り貼りして「SPnet」を作ってみました。


実際に配置してみると字体の感じが違います。
イメージの「Beilevue DReg」に似たのは一列目の三行目です。
しかし、「上品すぎてワッペン向き」ではありません。
三列目・一行目を使うことにしました。


形を決める

さあ、「60平方p」との戦いです。
盾型は先が尖っているので、それだけ面積が少なくなる。
そこで、ワッペンベースを大きくして図柄をイメージに近づけることにしました。
ワッペンペースが濃紺で制服が濃紺なら、ワッペンペースは目立たない。
少し離れればイメージ通りのワッペンに見えます。


赤枠がワッペンペースで面積は61.85平方p。
9個の角に丸みをつけるから、この分の面積減を考えても60平方pをクリアー。

赤枠より5o程度内側の青枠の中に図柄を配置する。

えっ?
『寸法がよく見えない。』ですって?
こちらに大きな画像を用意してあります。→※SPnet上腕部ワッペン寸法
胸部ワッペンは長方形で図柄なし。
これは簡単。


赤枠がワッペンペースで60平方p。
青枠は赤枠より左右1p・上下5o内側。
青枠内に「SPnet」を配置。
色はワッペン生地が制服色と同じ濃紺。
「SPnet」はエンジに金線で縁取り。
「獅子」はエンジ。
飾りの枝葉と上部枠囲いは金色。

結局、次のような感じになります。


「SPnet」には金色の縁取りがつきます。
上腕部ワッペンの「SPnet」上の囲み線は金色になり、ワッペンベースに沿わせるためにもう少し形が変わります。
上腕部ワッペンの「飾り枝葉」は、ワッペンペースに沿わせるためにもう少しカーブが緩やかになります。
「SPnet」と「獅子」の大きさはバランスをとるために少し変わるでしょう。
これを基に実際のデザインを決めてもらいます。

「顧客の背中を護る」力強さと控えめさがよく表現されていると思いませんか?

初回は50set注文。
まずは「隊員50名」が目標です。


2011.03.31 結局ギブアップ

実物大を作ってみる

これで一安心と実物大のワッペンを印刷してみました。

しかし…。
ワッペン外形と図柄の外形が異なるのはどうもしっくりしない。
ワッペン外形が多角形なのも落ち着かない。

それに、盾型のワッペン自体「60平方p」でもそれ程大きく感じない。

今度は、最初の画像(ワッペンイメージ)をプリントアウトしてみました。
外側に長方形を描き、丸い部分に三角形を作っていく。
長方形から三角形の面積合計を引き、盾型ワッペンの概算面積を出す。
面積60平方pにするための縮小率を出す。
中学生が数学の問題を解くように、ブツブツ言いながら計算しました。

なんと、「盾型を縦8p×縦10pの長方形に収めれば60平方pをクリアーできる」ではありませんか!
今までの苦労は水の泡。
また、最初から。

これは私の手には負えない。
「餅は餅屋」ということで、デザインも含めてワッペン屋さんに依頼することにしました。

結論は「警備会社の顔となる大切なワッペンを自作しようとは思わないこと」です。
このページを読んでいただいた皆様には申し訳なく思っています。

申請から3週間、そろそろ認定が下りるはずです。
一カ月の長期休暇で10年間の中間管理職の疲れも取れました。
走り出すことにしましょう。

※ワッペンはこのようになりました。→こちら

目次にもどる   top   万引きGメン実戦教本