警備員編目次



初めに


警察官、消防士、自衛官、警備員。

この中で警備員だけが異質だと思いませんか?

『 もし、なるとしたら、この四つの職業のうちどれを選びますか? 』

百人中の一人も警備員を選ばないでしょう。

警備員はそれだけ社会的評価の低い仕事なのです。

では、実態はどうでしょうか?
残念ながら、社会的評価にピッタリ当てはまります。


「 警備員は最後の職場だ 」 と言われています。

大手警備会社の学卒・幹部候補生と警備業者の跡取りは別にして、
警備員になった者は、私も含めて 「 今までの人生に失敗してきた者 」 です。
「 行くところがなくなった者 」 が集まってくるのが警備業界です。

しかし、今までの人生を悔いていても仕方がありません。

「 敗者復活の最後のチャンスだ 」 と考えて前に進みましょう。


この警備員編は私の警備員経験から 「 警備員としてどのように敗者復活戦を戦うか 」 について書いていきます。

もちろん、私もまだ敗者復活戦の真っ只中にいますので、「 それが正しいかどうか 」 は分かりません。
しかし何らかの参考になると思います。

『 仕方がないから警備員にでもなろうかな‥。』 と考えている方も必読です。


結論を先に言っておきましょう。

そう簡単に 「 今までの人生の失敗 」 を償うことはできません。
しかし、一縷の望みはあります。

それを信じてこの敗者復活戦を戦っていきましょう。


なお、警備業開業のやり方・選任業務については、警備業開業編と選任業務編で詳しく説明しています。

   

-- 目次 --

1.それでもあなたは警備員になりますか?

・『 警備員でもやってみようかな‥。』  絶対に勤まりません。
・あなたは 「 何もできないただの老人 」 です。
・こんな警備会社はパスしなさい。

2.資格をとって一段階上がる

 ・とにかく、検定二級資格。
・警備員の資格は 17種類。
・検定二級取得のチャンスは待っていてもやってこない。

3.指導教育責任者資格で現場隊員卒業

・警備員指導教育責任者資格とは
・会社が嫌う警備員指導教育責任者資格の取得

4.営業が苦手でも警備会社の営業はできる  かな?

・ハイエナ営業は行き詰まる。
・現場を知らないものに本当の営業はできない。

5.開業する前にしておかなければならないこと--「それでも あなたは開業しますか?」


6.施設警備員と 守衛のオッチャン

・あなたの守衛のオッチャン度をチェック

7.警備員は65歳から先がない  

・年金をしっかり積み立てた人には関係ありません。
・そうでない警備員の方の “傾向と対策” です。




top