FJ1200-4CC 整備資料




2019.02.15  さらなるアップハンドル化


FJはABMのスペーサを使ってバーハンドル化してあります。→→→こちら
最初のバーハンドルはABMスペーサにおまけで付いてきたCB750用。
次に「ハンドル径一つ分を手前に引こうと」ハリケーンのヨーロピアン3型に。→→→こちら

このヨーロピアンクルーザーFJの想定体型は多分「肉食欧米人」、Mサイズ日本人では少し上体に余裕がありません。
特に小旋回の練習では、バランスを崩し右腕に余裕がなくなりアクセルを開けることも。

ハンドル交換で1㎝や2㎝の変更は「変わった」ということを感じません。
今回はハンドルを「グッ」と引くことにしました。

※ABMのスペーサはトップブリッジの上に取り付けるタイプで、「トップブリッジそのものをを交換するタイプ」よりハンドル取り付け位置が高くなります。



1.引き「+7㎝」(+8.5㎝実質)のハリケーン「150アップ2型」


今までの「ヨーロピアン3型」の1サイズアップは「ヨーロピアン4型」。→→→こちら
引きが「+1㎝」、高さが「+3㎝」で、引き角度は「同じ25度」、立ち上がり角度も「同じ70度」。

ヨーロピアン4型は高さが「+3㎝」なのでハンドルを倒せば“引き”を稼げるけれど、「+3㎝」分だけ引くことはできない。
しかも「寝かしすぎると」レバー操作に支障がでる。
ここは思い切って「150アップ2型」に。→→→こちらこちら

150アップ2型は引きが「+7㎝」、引き角度が「+21度」。高さは「同じ14.5㎝」、」、立ち上がり角度は「同じ70度」。
ハンドル巾の「-2㎝」は「同じ巾のまま引くと腕が開いてしまうから」。だから乗車感覚は「ヨーロピアン3型を手前に7㎝引いたもの」になるはず。


「2000円以上で送料無料」のAmazon がホームセンターやバイク用品店を潰してしまう。
注文の翌々日に届きました。

 上が今までの「ヨーロピアン3型」、下が今回の「150アップ2型」。
 「+7㎝の引き」に少々怖じ気づいてしまいました。
 「とにかく取り付けてみなければ進まない」
 だめならヨーロピアン4型にすればよい。




2.カウリングとの干渉


a.今までのヨーロピアン3型での干渉


カウリングと干渉するのはスイッチボックス。
ここからフルロックまではあと少し。カウリングが少しゆがみますがフルロックできます。

 ハンドルを精一杯寝かせて、カウリングがマスタータンクと干渉しないようにしています。
 レバー取り付け角度はOKですが、レバー引き角度が減ったためレバーを外側へ曲げています。
 これがフルロック状態。
 カウルの「角(ツノ)」が外側へ押されて、角(ツノ)とスクリーンとの間に隙間ができます。


 右側も同様。
 当たるのはスイッチボックス。
 これがフルロック状態。
 レバー角度をもう少し上げると今度はレバー取り付け部が当たります。


なお、最初に取り付けたCB750用だとカウリングと干渉する部分はありませんでした。
軽いバーエンドだけでハンドルの振動もなし。
体型さえ合えばFJのバーハンドルにはCB750用がピッタリです。

また、ABMスペーサよりハンドル取り付け位置が低くなる「トップブリッジそのものを交換するタイプ」ではヨーロピアン3型が適しているでしょう。


b.今回の「150アップ2型」での干渉


「引きが大きいからもしかして…」という期待は外れ。
「+7㎝の引き」ではマスタータンクまで当たらないようにするこはできませんでした。

 ここまでガッチリ当たってしまうと、カウリング角(ツノ)の歪みは期待できません。  しかし、「スイッチボックスが干渉しないこと」は幸い。


 なぜなら、
 マスターを「タンク別体式」にすればカウルとの干渉を避けることができるかもしれないから。
 しかし、このハンドル変更が「当たりか外れか」がはまだ判らない。
 「タンク別体式への検討」はこのハンドルにOKが出てから。


とにかくこのままで使ってみなければならない。
しかし、カウリングとの干渉は解消しなければならない。

そこで…。


c.カウルを切り取る。


「現物合わせ」でカウルと干渉する部分を切り取りました。


 FJのカウル取付は、ミラー取り付け部分までのスチールのライトステーとFRPの角(ツノ)
 この角(ツノ)を短くしました。
 当然スクリーンも切り取ります。
 サンダーにFRP用デスクをつけてそのまま切り取ります。


 FJのスクリーンは左右三本の樹脂ボルトで留められています。
 「角きり」により先端のスクリーン取り付けボルトが使用できません。
 取り敢えずスクリーンに穴を開けてタイラップ留め。
 スクリーンの取り付け強度アップは今後の課題。
 アルミステーで補強するのが良さそう。


「カウルを切ったら元に戻せないじゃない! 使ってみてハンドルが合わなければどうするの!」

「FJ好き」には今回の方法をお勧めしません。

「小修理で生き返る」FJカウルのストックが二つ、車検用の鹿角スクリーンを含めスクリーンのストックが二つあるからできることです。
しかも、このカウルはツギハギだらけでそろそろ換え時なのです。


d.「干渉なし」に


これは「現物合わせ」だから当たり前。


ハンドルを起こしたり、レバー位置を上げたりするとまた削らなければなりません。

いっそのことスクリーンも短く切断した方が良さそう。



3.ワイヤリングの変更


a.スロットルケーブル


 スロットルケーブルは前回のヨーロピアン3型への変更で「XJR1200のもの」に交換してあります。→→→こちら

 今までのヨーロピアン3型ではマニュアル通りのパイピングができしました。
 ※ ・ ヘッドパイプ前の△形パイプの真ん中を通す。
    ・ ヘッドパイプの左側から出す。

 しかし、今回は
・ 「ヘッドパイプ前の△形パイプの真ん中を通さずに、ヘッドパイプ右側から出す」に変更。



b.クラッチホース


クラッチホースのパイピングは「フォークの前からヘッドパイプ後の△の下を通る」。
しかし、これができないので「フォークの後から△の下へ」。
クラッチパイプを外さなければならないので、久々の「気泡吸い出し法によるエア抜き(※こちら)」となりました。

 フレームとの干渉が予想されるので、
 クラッチホースとスイッチハーネスにスパイラルチューブを巻き付け。
 フルロックにすると、クラッチホースとハーネスがフォークに当たったり、タンクに当たったり。
 「コツン」というフルロックを確保するために、あちらこちらにタイラップ留め。
 「長いXJR1200のクラッチホースでフォーク前から」の予定。



c.キルスイッチコード他の右側


 キルスイッチコードは延長してあるので問題なし。→→→こちら
 却って「長すぎ」が災い。
 何とか干渉しないように収めました。

 フロントブレーキホースは長いものに交換してありますので問題なし。→→→こちら




4.出来上がりとインプレッション


a.引きと高さの変化


※高さ : グリップの中央から紐を垂らし地面との接触点までの距離 ( ハンドル先端の高さ )
※引き : センタースタンド両足の前に定規を当て、そこから上記地面接触点までの距離


 こちらが以前の「ヨーロピアン3型」。
 高さ : 106㎝、引き : 33㎝。
 こちらが今回の「150アップ2型」。
 高さ : 105.5㎝、引き : 24.5㎝。


ハンドル自体の引きは「+7㎝」、実際の引きは「+8.5㎝」。
ハンドルの傾きは「やや立っている」。
立ち上がり角度は同じ70度だから150アップ2型の方がグリップが上がっていることになる。

ヨーロピアン3型と150アップ2型は高さが同じ。
そしてヨーロピアン3型は150アップ2型より寝かせているので、グリップ高は低くなるはず。
しかし、測定値はヨーロピアン3型の方が高い。
これは測定ミスでしょう。


 こちらが以前のヨーロピアン3型の「引き」。  「+8.5㎝」ではこれだけ違います。


ハンドルブレースはストックのRMXハンドルに付いていた「30㎝のもの」を取り付。
※ハリケーン推奨では28㎝のMサイズ。

  粋な「ヨーロピアンクルーザー」のFJが「白バイ」になってしまいしました。

 見た目がここまで違うのなら乗車感覚は「はっきりと違う」はずです。



b.インプレッション--フルロック旋回ができました


上体が起きたのがハッキリ判ります。
今までより前輪が遠くに感じます。
「これで曲がれるのかな?」

走ってみると「ハンドルが無重力状態」
ハンドルを押したり、引いたり、ぶら下がったりのない状態。
あたかも、ハンドルを離しているような感じ。
自分の体型とライディングポジションに「ハンドルの引き・高さ・巾」が適合しているのでしょう。


そして、驚いたのが小旋回とUターン。

ハンドルが「スッ」と落ちます(切れます)。

ハンドルの引きの増加で状態が起き、ハンドルが無重力状態になってセルフステアが効くようになったのでしょう。


おかげで、「アイドリングでのフルロック旋回」ができるようになりました。
この「倒れそうで倒れない」が病み付きになりそうです。


Uターン・小旋回を練習する前に「なぜフルロック旋回を練習する必要があるのか?」と疑問に感じていました。
これは「バランスを磨くため」だったのです。
「倒れそうで倒れない」を体得するためだったのです。

「倒れそうで倒れない」ができると重量バイクの取り扱いが「格段に楽」になります。
立ちコケ寸前で止めることができるので立ちコケの恐怖がなくなります。
そして、怖がらずにバイクを傾けることができます。

「取り扱いさえ楽になれば」重量バイクは面白い乗り物になります。

今は「フラフラするRMX」よりFJに面白みを感じています。

今のところクランクケース前スライダーの下に取り付けた補強パイプは地面と接触していません。


なお、ライテク書に紹介されている「初心者でもできる安全で確実なUターン」として
「ハンドルを切ったまま両足をついて、半クラッチ・クラッチOFF で進む」というのがありますが、これは初心者にはできません。(私はまだできません。)
これができなくてもフルロック小旋回やUターンができます。
まずは「セルフステアで小さく回る」ことだけを練習するのをお勧めします。


なぜかギヤオイル減少でウォーニングランプ点灯。
いままでにはなかったこと。
低速・アイドリング多用のせい?
本日、ギヤオイルを500㏄追加 ( 全容量3000㏄・昨年夏前に交換 )。
一抹の不安。


練習場がサオリーナに戻りました。

オートバイは「どこでも嫌われ者」。

新しく見つけた近くの県営施設、「車がまったく駐車していない」駐車場で、巡回していた施設員に「そんな危ないことはしないでください。」と注意されました。

ジムカーナーの練習をしているのじゃあるまいし…。



つづく



次へ    前へ     番外編目次にもどる    番外編top   万引きGメン実戦教本