●始めて人を雇う場合の手続き1-労働保険加入手続

労働保険加入



4.退職した時の手続き

退職した労働者は雇用保険の給付手続きをします。
そのために必要なのが離職票1と離職票2。
雇用者はこれを退職した者に交付しなければなりません。

この離職票1・2を得るためには次の書類が必要です。
・雇用保険被保険者資格喪失届
・雇用保険被保険者離職証明書
どちらも、退職の日の翌日から起算して10日以内に提出しなければなりません。
雇用保険法7条・雇用保険法施行規則7条,罰則/雇用保険法83条

a.雇用保険被保険者資格喪失届

●用紙
雇用保険被保険者資格取得届の後に交付される書面(カード)の裏面がそれです。

●記載
必要事項を記載して提出すればOKです。

●交付されるもの
・雇用保険被保険者離職票1/資格喪失確認通知書(被保険者通知用)
・雇用保険被保険者資格喪失確認通知書(事業主通知用)

離職票1の方を退職者に送付します。
ハローワークの方で退職者に送付する分として離職票2と一緒にホチキス留めをしてくれます。

b.雇用保険被保険者離職証明書

●用紙
複写式のためダウンロードできません。
ハローワークでもらいます。書き方も説明してくれます。

●記載事項
退職者の住所,氏名,被保険者番号、退職理由。
事業者の事業所番号,所在地,名称,事業主名,支払った賃金など。

●交付されるもの
複写1頁目が事業主控え、2頁目がハローワーク用、3頁目が離職票2。
この3頁目(離職票2)が退職者に送付するものとなります。

●添付資料
記載内容を証明するために次のものが必要です。
・退職者の賃金台帳と労働者名簿
・退職者の出勤簿 or タイムカード
・退職願い
全てコピーでOK。確認した後返却されます。

●注意事項

・注意1.支払った給与は「雇用保険加入日~退職日」までの給与

前職を退職する前に後有給休暇をまとめて取り、その途中で働き始めることがあります。
そのような労働者の雇用保険被保険者資格取得届をするとハローワークの方で雇用保険を切り換えてくれます。

この場合、前職の退職日は有給休暇の最後の日。
前職の雇用保険被保険者資格喪失はその日、新しい雇用保険被保険者資格取得はその翌日です。

支払った給与は「新しい雇用保険被保険者資格取得日~退職日」に支払ったものです。
実際に支払った給与ではありません。

資格取得日は資格喪失届の右上に印字されています。
この期日以降の支払額を記載します。

・注意2.その期間に「支払った給与・支払う給与」を書く

賃金締め日が月末、賃金支払日が翌5日なら、12/31退職なら12月分の賃金はまだ支払われていません。
源泉徴収票ならこの賃金は含めません。
しかし、離職票2は失業給付額算定の基準になるのでこの未払い分も含めます。

・注意3.退職者の記名欄

雇用保険被保険者資格喪失届には離職者が記名する欄があります。

2頁目の⑮ / 「この証明書の記載内容は相違ないことを認めます」欄
2頁目の⑯ / 「離職者本人の判断(〇で囲む)」欄

この欄は本来退職した者が記名するべきですが、事業主や事務担当者が記名してもOKとされています。
わざわざ、退職者に用紙を送って記名してもらう必要はありません。

事業主や事務担当者が記名する場合は
・職名
・記名
押印は不要ですが、次に説明するように捨て印が必要なのでの場所に押印するために印鑑を持参してください。

・注意4.2ページ目欄外に捨て印を押す

上で「事業主や事務担当者が記名する場合に押印不要」ですが、
2頁目の左欄外に「捨て印」を要求されます。

理由を聞くと
「以前は、退職者記名欄に事業主や事務担当者が記名する場合に押印が必要だった。
しかし、自書記名の場合は押印不要になったので捨て印だけ押してもらっている」

捨て印は押印が不明な場合に対処するためのものだから、
「押印不要なのに捨て印が必要」というのはおかしなことです。
まあ、「押印文化の名残」なのでしょう。

選任のための法律知識・

電動自転車 ( 原動機付き自転車 )
「モーターだけで走れる」もの、「24㎞/h以上でモーターが止まらない」ものは原動機付き自転車です。 → こちら
公道では「登録,ナンバー,免許など」が必要。登録できないものもあります。販売店に確認必要。



タイトルとURLをコピーしました