RMX-SJ13

RMX-SJ13

●トランスミッション組立手順(重要)

・ここではトランスミッションを組み立てる順番を説明します。・順番としてはベアリングとオイルシールを交換したあとの作業ですが、クランクケースの分解と関連するので先に説明します。ベアリングとオイルシール交換は次に説明します。・「全バラ...
RMX-SJ13

●クランクケースのベアリングとオイルシール交換手順(重要)

・ここではクランクケース内ノべメアリングとオイルシールを交換します。・オイルシールは純正部品を使わなければなりませんが、ベアリングは純正部品とまったく同じものガ安く入手できます。・ベアリングの圧入には自作工具を使います。工具作成時...
RMX-SJ13

●クランクシャフトに残ったベアリングを外す

RMXのエンジン③のクランクケースOHでクランクケースを外したら、クランクシャフトのベアリングが左右ともクランクシャフトに残ってしまいました。ここでは、クランクシャフトに残ったベアリングを外します。ベアリングは68㎜Φですが、50...
RMX-SJ13

●クランクケースオイルシールの打ち込み量と取付方向(重要)

結論から言えば、①オイルシールの打ち込み量は「クランクケース外端とツライチ」②オイルシールの方向は「クランクシャフト右だけが外側が凹面で内側が平坦面」。それ以外は外側が平坦面で内側が凹面。それを、各部品の寸法から構造的に説明しまし...
RMX-SJ13

●排気バルブガバナの仕組み と ベアリング取付方向

排気バルブガバナにはスラストニードルベアリングという片面だけのベアリングがはまっています。同様のベアリングはクラッチレリーズにもはまっています。このベアリングはどちら向きに組んだらよいのでしょう。 結論から言うと、ガ...
RMX-SJ13

●シフトカムドリブンギヤ、キックスタータ、クラッチの組立

クランクケースのトランスミッションを組んで、左右のクランクケースを接合したら、クランクケース右室の組み上げです。シフトカムドリブンギヤ、キックスタータ、クラッチハウジングを組みます。ここでは、その際の細かい注意を書きます。結構迷っ...
RMX-SJ13

●OH状況 エンジン➂ / 「アレ」が原因で内部は大惨事!

今回、分解したクランクケースは三個、尾鷲峠でエンジントラブルを起こした 混合仕様の RMX①・N型のエンジン(エンジン①)。RMX①の換装用に入手した分離給油のRMX②・R型ののエンジン(エンジン②)スペアーエンジンとして入手した...
RMX-SJ13

●OH状況 エンジン➁ / 命取り寸前でした!

ここでは、エンジン②の内部状況と組立状況を説明します。その後にOHした三台のエンジンの状況もリンクしておきます。 元気でも「命取りの要因」は潜んでいるものです。エンジン②は「命取り寸前」の状態でした。 「中古のRMX ...
RMX-SJ13

●ウォーターポンプ,メカニカルシールの点検

組み上げたエンジン③の「ウォーターポンプの水抜き穴 ( オイル抜き穴 ) からギヤオイル漏れる」ことの対策です。ここではウォーターポンプ各部品の構成と働き、取り外しと取り付け方法を説明します。メンテ後ギヤオイル漏れはなくなりました...
RMX-SJ13

●シリンダースタッドボルト穴のリコイル

エンジン③のシリンダーのスタッドボルト穴のへリサート/リコイルを行いました。ここでは、必要な道具、タップの種類、インサートコイルのサイズ、リコイル作業の実際を説明します。作業は簡単ですが、タップを真っ直ぐに立てることが必要になりま...
タイトルとURLをコピーしました