●キャノンMG3530のインク吸収体交換

キャノンmg3530インク吸収体交換



3.パッドの寸法

後述の「2701~2750page」印刷のMG3530のインク吸収体を外してパッドを採寸しました。

ホルダーに入っているパッドは12個。
eはdと同じで入れる方向が違うだけ。
gはfの半分の長さで巾は同じ。

パッドが収まるホルダーの寸法を測定すると、

dが収まるのは26×35に4個、26×17.5に2個、26×17.5に2個。
このことから、
d=タテ×ヨコ=26×(35÷4)=26×8.75≒25×9

eが収まるの場所は9×35
e=タテ×ヨコ=9×35

dとeは同じなので(実物比較)、
d=タテ×ヨコ×高さ=25×9×35
e=タテ×ヨコ×高さ=9×35×25(※実物のeはfを二つ折りにしたもの)

gとfの巾は25(実寸)
gの収まる場所は4.5×35
このことから
g=タテ×ヨコ×高さ=4.5×35×25

fの収まる場所は4.5×69.1≒4.5×70
f=タテ×ヨコ×高さ=4.5×70×25

各パッドの寸法をまとめると、

※eとdは折り畳んでホルダーに収められます。

結局必要なパッド(フェルト)は、
・25×35×9 が9個(d×8+e)
・25×35×4.5が1個(g)
・25×70×4.5が1個(f)


ホルダーの下に敷いてあるパッドは実寸で

aはbの上に重なります。

選任のための法律知識・

JTB SHOPPING特集一覧
ご機嫌うかがい,お礼,プレゼント。自分も回りも喜んで、少しでも経済が回れば。



タイトルとURLをコピーしました