●キャノンMG3530のインク吸収体交換

キャノンmg3530インク吸収体交換



4.パッドの材料

必要なのは「厚さが9 ㎜と4.5㎜のフェルト」

●エプソン用の汎用インク吸収体(フェルト)

・180 ㎜×130 ㎜で厚さが10 ㎜。
・さすがにインクをよく吸収しそうな軟らかさ。
・三枚入って1480円。 → こちら
・エプソン各機種のパッド寸法の資料付き。

これを9 ㎜厚のdとeに使います。

●靴の中敷き

・万足くん
・1足(二枚)で100円程度。
・少し固いが「まあインクを吸い込むでしょう」レベル。
・表側(足の当たる面)はやや軟らかく、裏側(靴底革)はやや固い。
・厚さ5.5 ㎜。

これを4.5 ㎜厚のgとf、5 ㎜厚のa,b,cに使います。
また、厚さ10 ㎜のdの中に混ぜて合計厚さを調整します。

●キズガード

・80 ㎜×80 ㎜で厚さが4 ㎜。
・二枚入って100円程度。
・しっかりと固いので「これではインクを吸収しないだろう」。

●百均のフェルト

・180 ㎜×250 ㎜で厚さが3 ㎜。(2 ㎜のものもあります)
・3 ㎜と2 ㎜を重ねれば厚さ5 ㎜として使える。
・軟らかさは万足くんの靴底側程度。
・万足くんを使うのでこちらの出番はなし。

5.切り出し

フェルトの上にボールペンで線を引いてカット。

10 ㎜厚の方はハサミが滑ってケガキ線通りにば切れません。
少し大きい分には圧縮できるのでそれほど気にしない。

6.取り付け

●ホルダー

dの合計厚さを調整するために
厚さ5.5 ㎜の万足くんで作ったパッド(灰色)が混ぜてあります。

dとgがツライチに、fとeがツライチになります。

●ホルダー底

cは簡単に、bは少し苦労してセットできますが、bの上に重ねるaを入れるのに苦労します。
aとbはインク排出パイブが途中で外れたときの吸収体でしょうから
セット位置をそれほど気にする必要はないでしょう。
あれこれやっているうちに収まりつした。

●ホルダーのセット

ホルダーの中のパッド(フェルト)が馴染んでないのでホルダーが浮き上がります。
外側の爪を引っかけたあと、
印の合わせ切欠きの部分を「パチン」と音がするまで下に押して取り付け完了。


ネット専門の自転車総合通販サイト cyma電動・アシスト自転車
Daytoma DE01X,  Daytoma DE01S,  Daytoma DE01,  Daytoma DE02,  Daytoma DE03
benelli miniFold 16,  benelli miniFold 16 classic,  benelli ZERO N2.0 FAT,  benelli TAGETE CROSS
YAMAHA YPJ-C,  YAMAHA YPJ-R,  YAMAHA PAS CITY-X,  BRIDGESTONE TB1E,  その他いろいろ
「人力のみ、モーターのみで走れる」もの、「24㎞/h以上でモーターが止まらない」ものは
自転車ではなく原動機付き自転車です。必ず確認。 → こちら



タイトルとURLをコピーしました