RMXとFJと自動巻き




このページは代表者の個人的なページです。

代表が自分の趣味の情報記録・メモとして書いています。
同じ趣味を持つ方の参考になればと公開しています。

記事内容についてのご質問・ご要望メールについては、「気が向いたとき以外」お答えしません。
Q&Aについても同様です。

また、住所・氏名・連絡先を明らかにしないメールについては迷惑メールとして処理します。

以上の点をあらかじめご了解ください。

★Q&A新設(2016.01.27)




1.時計

2011.03.02  時計が増殖しています

2011.03.06 XENLON を修理しました

2012.01.05  BERGEON - FINAL TEST の構造と修理

2012.01.27  XENLON スイッチ交換 - omron B3F1020 と B3F1022

2012.09.07 初めての歩度調整

2012.09.13 TECHNOS 自動巻きの歩度調整

2012.09.15  CITIZEN  SEVEN STAR  V2 の歩度調整

2012.09.27  RADO Starriner 500  の歩度調整  

2012.10.01  TRESSA の歩度調整 と 測定姿勢に関する考察    

2012.10.11  ソーラー時計の電池交換 と デジタル時計のリセット

・SEIKO ランドレック 8F56 のカレンダー修正方法 ( 参考 ) も掲載

2012.11.16  ソーラー・FROG MAN ・ GW 200 の二次電池交換  

・CASIO ・G-SHOCK電池取外し方法
・ムーブ取り付け時の注意点

2012.11.23  ORIENT ・ キネティック の キャパシタ ( 二次電池 ) 交換 

・キネティックにこめられたSEIKOのこだわり
・キャパシタ交換の実際

2017.05.05  ベルジョン・Final Test に似た中華ワインディングマシーンの検証  

・4年半ぶりの更新です。
・最近、腕時計を20本処分して少しだけ自動巻きのことが気になりだしました。
・今回は 「 Amazonで9800円のワィンディングマシーンがYahooオークションで4万1千5百円で落札された 」 話です。
・もちろん、私が儲けたわけではありません。

2017.05.19  初めてのムーブ交換 

・ 現代版 SEIKO5 の 7S26 と 7S36 のムーブ交換をしました。
・裏蓋を開けたことのある人なら簡単にできます。
・時計の調子が悪くなったら、オーバーホールよりムーブ交換。
 大人気のオレンジモンスターもムーブ交換で生き返りました。



2.バイク

     

・RMX-SJ13A

2011.02.26  久しぶりにオートバイのエンジンをかけました。

2011.05.28 RMXその後-1

2011.07.01  RMXこの後-公道復活作戦開始

2011.07.09 RMX公道復帰のために-その①

2011.07.14 RMX公道復帰のために-その②

2011.07.20 RMX公道復帰のために-その③

2011.07.25 RMX公道復帰のために-その④  RMX走る

2011.08.05 RMX公道復帰のために-その⑤  完了

2011.08.12  RMXのダートデビューに向けて-その①

2011.08.17  RMXのダートデビューに向けて-その②

2011.09.18  RMXに一個100円の中古部品を三個取り付ける

2011.12.10  RMX 初めての峠

2011.12.21  RMX 高回転不調対策  ①電子部品の抵抗値測定

2011.12.26  RMX 高回転不調対策  ②メインジェットの変更

2012.01.01  RMX キャブレター調整入門  ①プラグ状態判定法

2012.01.04  RMX キャブレター調整入門  ②プラグ状態判定法追加 ・ エァスクリュー調整

2012.01.18  RMX キャブレター調整入門  ③再度のスロー調整 と スポーク交換も

2012.02.18  RMX が “ なで肩 ” に - 素人がやるホイールのセンター出し

2012.02.20   “ RMX + IRC-GP 210 ” 峠でウォーミングアップ

2012.03.08   RMX エンジントラブル検証・エンジン内部状況

2013.01.04  エンジン移植用 RMX 入手てんまつ

2013.02.16  RMX この頃 - 新品ピストンを組む

2013.03.02 RMX 最後の試行 - クランクケース②を組む  

2013.03.19  分離給油・RMX 発進  

2014.05.01  スロージェット取外しにエキストラクターを使ってみたが…  

2014.05.25   SJ13 中古エンジン検証 ・ 前編 /スタッドボルトの交換    

2014.05.31  SJ13 中古エンジン検証 ・ 後編 / エンジン始動  

SJ13 クランクケースの分解と組み立て(小目次)  

・2014.07.12  クランクケースの分割(練習)
・2014.07.06  トランスミッションの組立(練習)
・2014.07.17 オイルシールとベアリングの交換(練習)
・2014.08.17  クランクシャフトに残ったベアリングを引き抜く
・2014.08.31 オイルシールの打込み量と取付方向
・2014.09.07 排気バルブガバナとアクチュエータの仕組みと動き-排気バルブガバナのスラストニードルベアリングの取付方向
・2014.09.15 クラッチ、シフトカムギヤ、キックスタータ組み付け時の注意 他
・2014.09.23 分解・組み立てをした二つのクランクケースの状況
・2014.11.29 シリンダースタッドボルト穴のリコイル
・2014.12.06 ウォーターポンプの分解,オイルシール交換,メカニカルシールの働き

205.05.17 もう一台のSJ13 その①  
・不思議なご縁でもう一台。

2015.05.20  もう一台のSJ13 その② エンジン・クランクケース分解 

・エンジンロックの原因判明

2015.05.22  もう一台のSJ13 その③ 各部の点検と必要部品のチェック 

・ジェネレーターと左クランクケースはストック品と交換。

2015.05.30  もう一台のSJ13 その④ エンジン始動と新たな問題点  

・さてさてエンジン始動です。しかし…。

2015.06.14  RMX4 その⑤  ラジェター詰まり点検,メカニカルシールの点検  

・メカニカルシールの点検は上端面だけではありません。
・まず、インペラのシールを交換してみましょう。

2015.06.20  RMX4 その⑥   タンク内錆取り 

・中性のケミカル剤を使いました。
・事前洗浄と事後洗浄が大切です。高圧洗浄機必須。

2015.06.22  RMX4 その⑦  ガソリンコックのシール類探し  

・SJ13の純正で準備されているのは、あまり交換の必要がない外部シールだけ。
・内部のレンコンとコックOリングを探しました。
・結果は? あまり期待しないでくださいね。

2015.10.18  RMX2 高回転~全開へのもたつき解消  

・MJ/195,JN段数/最上段,PJ(SJ)/30,AS/2.0 で高回転から全開にするともたつく。
・さあどうする?
・なんと、「PJを一つ下げる」でした。

2015.11.23   ホイールベアリング交換  

・必要なベアリングの型番と仕様
・「隙間」は「作る」のではなく「できる」。
・スペーサの役割と圧入量

2015.12.20   3年と10カ月振りの尾鷲・熊野峠  

・前回のエンジントラブル・リタイヤのリベンジ?
・「FJばかりに乗ってSJを走らせてなかったので…。」と言い訳しつつトラウマ解消の目的も。

2016.01.17  6500円のジャンクエンジン入手  

・これだからYahooオークションは止められない。

2016.01.30  千円のリヤキャリア装着  

・フェンダーやシートの上の積み荷を安定させ、ネットフックを掛けるところを確保するためのリヤキャリアです。
・フェンダー直付けですから強度は充分ではありませんが、上の目的を充分果たします。
・何といっても千円です。

2016.02.29  6500円エンジン復活  

かかった費用は消耗品の1.2万円。
問題なく始動しました。

2016.03.22  二度目の“かし丸君” 

・かしめ量はメガネが固くなったらOK。
・数字を上げるならピン外径が5.75mmΦ。

2016.04.07 クランクケースの組立手順総集編  

・次回のために作りました。

2016.04.08  ジャダースプリングを入れてノーマルに  

・ やはりこれがあると楽です。
・ もう信号スタートで半クラッチに気を使う必要はありません。

2016.04.13  排気バルブの定期点検していますか?  

・ 調子が悪くなくても定期検診、これは当たり前です。
・ もう少しでシリンダー破損でした。

2016.04.19   TM30-分離給油ニップルの修復  

・ 市販の3.0㎜Φパイプを取り付けました。
・ 費用は200円。2.9㎜Φドリルと2.95㎜Φリーマが必要です。

2016.04.29  TM30分離給油ニップルの修復 その②-外付けチェックバルブの選定・取り付け  

・ 問題は作動圧
・ お勧めはスズキ・ヤマハの2stスクーター用チェックバルブ・1000円。


2016.04.29  6500円エンジンのテスト終了  
 

・ クラッチ以外問題なし。
・ しかし、周囲の事情で故障者リストに入りました。


2017.01.05  28000円のSJ13 エンジンの検証 

・2017年の運試しにSJ13エンジンを入手しました。
・「2338㎞走行」という触れ込みです。
・果たしてその価値は? 

2017.01.13  正選手RMX②の排気バルブ点検 

・使用10カ月で走行2000㎞未満でチョット早いけれど点検しました。
・バルブカラーの磨耗・変形が少し進んでいました。
・ピストンリングのコンプレッション試案
・突然のデジカメ故障、巨大コンデジLUMIX-DCM-FZ50と運転免許証サイズのCANON-IXY-210IS

2017.03.13  エンジン⑤-3 完成  

・ 6千5百円のエンジンに不足していた部品を2万8千円のエンジンから移植して、完全エンジンを一台作りました。
・プライマリードリブンギヤの爪の段差修正もしました。

2017.06.14  シュラウド・サイドカバー・フェンダー塗装  

・ 転倒することが当たり前ではないアスファルトRMX。シュラウドなどを塗装して見栄えをよくしました。

2017.09.27 RMX② と RMX③ のリヤショック交換  

・ リヤショック上部とリヤショック下部取り付け部のリンクに付いているオイルシールの状態を必ずチェックしましょう。
 この部分は定期的にメンテナンスする項目です。
 念のためにリヤショック取り外し手順も書いておきました。

その他




※自分でもよく参照する項目

ワイヤリング

クランクケースベアリング交換必要部品

トランスミッション・クランクケースの組立

29E00と29E01と29E02

相関・設定



      
・FJ1200-4CC

2011.03.23  FJカウル修復・取付完了

2011.05.08 FJその後_1

2011.05.24 FJその後2-キャブレター同調

2011.08.24 FJ ユーザー車検に向けて  その①

2011.08.31 FJ ユーザー車検に向けて  その②  あともう少し

2011.09.02 FJ ユーザー車検に向けて  その③  エア抜きに半日

2011.09.08 FJ ユーザー車検終了

2011.09.25  FJ フロントフォーク・オイルシール交換  その①  準備

2011.09.29  FJ フロントフォーク・オイルシール交換  その② 終了-自作専用工具改良も

2011.10.03  FJ 1200 整備初級編  オイルエレメント交換・エァクリーナー点検

2011.10.03  FJ 1200 整備初級編  リヤショック調整・バッテリーケース下のゴムマット寸法

2011.10.08  FJ に“驚くほど高い”チェーンスライダーを取り付ける

2011.10.15  FJ 1200 整備初級編  いつまでたっても上達しないエァ抜き-フロントブレーキオイル交換

2011.10.19  FJ 1200 整備初級編-「油圧クラッチ・プッシュレバーcomp シール交換」と「気泡吸い出し法によるエァ抜き

2011.11.07  FJ 1200 整備初級編-チェーン“そのまま交換”  その 1

2011.11.12  FJ 1200 整備初級編-とても簡単だった“プッシュロッドのオイルシール交換”

2011.11.16  FJ 1200 整備初級編-チェーンそのまま交換  その②-組み付け・ゴムマット作成と新寸法表

2011.12.15  FJ と革ジャケットの関係

2012.11.06 再度の左フロントフォークオイルシール交換  ・  フロントフォークオイルシール交換手順最新版 ( 印刷用 )  

2013.08.24 カウル取り外し手順をもう一度

・サービスマニュアル通りの手順です。

2013.09.05 FJ二回目のユーザー車検終了  

・完全マニュアルと自負しています。
・2015.09.04追記  三回目のユーザー車検
・2017.09.07追記  四回目のユーザー車検と平成27年改正対応二輪車定期点検整備記録簿

2014.01.14 FJ 燃料ポンプコントロールリレーの交換  

・燃料ポンプコントロールリレーの導通チェック。
・二つの新品コントロールリレーが「導通なし」。
・マニュアルの間違いか? 製品の欠陥か?
・結果は、「マニュアルが間間違っていました。」
・ヤマハは現在マニュアル改訂中。新しいチェック方法を先行公開。

2014.03.01 FJキャブレター清掃・組み付け/その 1 - 安い市販Oリングを使う  

ミクニ純正Oリングをお勧めします。一個63円です。
『もっと安いOリングを使いたい!』 こう思う方だけ読んでください。
MonotaRO で入手したOリングを使いました。

2014.03.08  FJ キャブレター清掃・組み付け/その 2 - 初心者でもよく分かるキャブレター同調  

・簡易油面測定での目安
・同調ネジの仕組みと働き。これを知れば初心者でも同調作業で迷わない。
・キャブレター取り付け時の留意点 

2015.09.25  FJの快適化  ABM アップハンドルキットの詳細と取り付け注意点  

・ABMハンドルキットを仕様で取り付けるとステムナットは45%しか噛み合わない。
・トップブリッジを削れば噛み合いが70%にアップ。
・FJ年配が「取り回しが悪い」と思ったらバーハンドル化をお勧め。

2015.10.10  今までに一番苦労したフロントプレーキのエア抜き-「レバースカスカ」からの脱出方法   

・「ひたすら我慢のレバー操作」は間違いです。
・これを3~4回やればレバー圧は50%。あとは「レバー縛りの一晩放置」
・キャリパのフルードを抜いた場合のベスト方法です。

2016.07.01  FJ快適化 

・ライテク雑誌とDVD
 コケまくりましょう。
・ハンドル交換
 オールパンチングの南海LLを入手。

2016.09.07  スターターモーターの点検とバッテリー交換  

・スターターモーターの点検と交換

・古河FTZ14-BSと電解液注入作業

2016.10.04  燃料センサーの交換と抵抗値測定 

・燃料センサーの交換
・燃料センサーの抵抗値の測定

2017.10.01  燃料ポンプのチェックと応急処置  

 燃料ポンプが突然ダウンしたら、ここをチェック。

2017.11.07  4CCのフルパワー化  

・ 国内仕様(4CC)と海外仕様(3CV,3XW)の違い。
・ フルパワー化のための変更点。
・ マフラー塗装、代用マフラーバンド
・ キャブレターオーバーホール、オーバーフローパイプの長さ、インテークマニホールド取り付け、ヒートガード取り付けの注意点
・ キャブレター取り付け手順を少し変更
・ イグナイターの取り付け、ヘッドライト触らないでメーターを取り外す。
・ 同調、インプレッション

2017.11.15  耐熱塗料の空焼き硬化の方法と「マフラーに耐熱塗装が必要か」の疑問 

耐熱塗料の空焼き硬化の方法
・ ホットヒートガン、電気ストーブ、石油ストーブ効果なし。
・ IHだけが効果あり。ただし…。
・ マフラー部に耐熱塗装は不要

       

・NSR-MC21

2011.04.19 NSRその後

2011.05.30 NSRその後-2-① RCバルブ コントロール ケーブルの調整

2011.06.04 NSRその後-2-②  キャブレター清掃

2011.06.06 NSRその後-2-③ パイピングはマニュアル通りにやりましょう。

・2013.12.11内容を追加

2013.12.11 パワージェット吸い込みパイプの修復  

・キャブレター内の真鍮パイプの修復・交換です。
・正確な穴をあけるために 1/100㎜単位のハンドリーマを使いましたが…。

2015.10.03  NSRの小ぎれい化  

・メンテナンススタンドを買う前に知っておきましょう。
・かし丸君のプレート圧入量とかしめ量
・カウル割れの簡単修復
・メーター取り付け突起の修復




3.その他

2011.03.08  認定申請に行ってきました

2011.05.22 親指シフトの説明

2011.06.22  地デジ対策

2013.10.12 普通自動車の名義変更  

・自動車の名義変更手続きです。
・書類記載例はほぼ完全です。
・2014.06.16 「 ナンバー変更が無い場合 」 について加筆しました。

2014.07.27  Yahooオークションに格安bBを出品しました。

※掲載終了


top